探求三昧 - 地震前兆・超常現象研究家・百瀬直也の地震予知・精神世界など探求Web/ブログ

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・防災・精神世界等を探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




【地震予知】元日前後は地震と噴火に注意~カムチャツカ・シベルチ山とバリ島アグン山で火山噴火


f:id:nmomose:20181231212507j:plain


元日前後は地震と噴火に注意…と思った矢先に、カムチャツカ半島のシベルチ山とバリ島のアグン山が噴火したが、元日前後も過去に噴火が多発する惑星集合が起きる。
また今日は米国アラスカ州でM6.1の地震もあったが、これから新春にかけての地震・噴火を予測することにしたい。

【目次】

 

シベルチ山が噴火

昨日12月30日、ロシアのカムチャツカ半島東部にあるシベルチ山で、爆発的噴火が相次いだ。
そして噴煙の高さが火口上空1万メートルを超えた。


山名はSheveluchと書くから、シヴェルチの方が発音が近いだろう。
位置は、下記マップの通り。


f:id:nmomose:20181231215754j:plain


カムチャツカ半島といえば、下記マップで示すように、12/21に近くでM7.3の地震があったばかりだった。
同じ太平洋プレート境界上での出来事であるだけに、両者が関係ないことはないだろう。
環太平洋、特に太平洋プレートが活発になっている現れの一つではないか。


f:id:nmomose:20181231221512j:plain
 

バリ島アグン山が噴火

また、昨日30日4時9分(インドネシア中部時間)には、バリ島カランアセム県のアグン山が噴火した。
高さ5500mの噴煙が上がり、周辺地域に降灰があった。


私は1994年からのべ1年半、ジャワ島東部のマディユンという町でSEとして働いていて、帰国後も含めてバリ島へは何度も行ったことがある。
向こうで音楽を習っていたこともあった。

絶対的な信仰の山

また聖地巡礼として、グヌン・アグン(Gunung Agung)つまりアグン山の中腹にあるバリヒンドゥーの総本山であるプゥラ・ブサキ(ブサキ寺院)へ訪れて祈ったことも何度かある。


ブサキはバリの最高の信仰の山であり、バリの人たちにとっては絶対的存在だ。
その山が噴火するということは、意味がないわけはないと向こうの人々は思っているだろう。


1963年に大噴火した時には、「神の怒り」としか思えない不思議で恐ろしい逸話があった。
今はそのことを書いている余裕はないが、下記の昨年の記事で紹介している。



グヌン・アグンもまたリング・オブ・ファイア上に位置するが、この噴火もやはり環太平洋の活動の一つとして捉えるべきだろう。
 

米国アラスカ州M6.1の地震

上記のマップに記しているが、日本時間で今日昼頃に米国アラスカ州の半島にあるコールド湾沖でM6.1の地震が発生した。
前述のシヴェルチ山とアグン山もほぼ同様だが、地震発生時の天体配置は、下記のように全天体が片側180度くらいの範囲に集合していた。


f:id:nmomose:20181231223909j:plain
 

フッガービーツ氏の地震予知

12/30付けでオランダの地震予知研究家フランク・フッガービーツ氏が地震予測を発表していた。
それによると、今日はM6クラスの地震が起きるかもしれないと。
そして月の位置などからして、1/1頃までは要注意だという。


そして、火山噴火のことは言っていないが、前述の2つの火山噴火とアラスカ州M6.1の地震があった。
私の頭痛体感などでも1/1あたりまで要注意だと思っているが、これはまた別の話で、こちらはせいぜい関東近辺での範囲だ。

惑星集合の時に地震が多かったのか?

フッガービーツ氏が指摘していたように、今月上旬からすでに惑星集合ができつつあった。
ちょうど10の天体がすべて片側に集合した12/4以降の数を、昨年の同期間と比べると、下記の通りとなる。

◎M6.0以上の地震の数
2017年12月4日~30日:94
2018年12月4日~30日:160


結構顕著な相違があるので、自分でも驚いた。
ただし、これは他に地震が多くなる要因があるかもしれないので、そう単純に判断してもいけないかもしれないが。


また、この期間に下記のような火山噴火も起きていた。
12/18には、口永良部島の爆発的噴火。
この時は、天王星以外が90度位の狭い範囲内に集合していた。


また、12/22にインドネシアのアナック・クラカタウ島で噴火と山体崩壊が起きて、津波も起きて数百名の犠牲者が出た。
これは、ちょうどフィッガービーツ氏が21日~25日頃が大地震に注意と警告していた期間中であり、私も23日前後と指摘していた。


正直いって、これほどの被害が出る大津波が起きるとは想定していなかったが。
だが、惑星集合については、「これでおしまい」というわけには行かない。

元日から2週間ほど要注意

元日1/1から1/6新月~1/14に月が集合から外れる頃までは、地震と噴火に注意が必要だ。
下記が元日の天体配置となる。


f:id:nmomose:20181231225648j:plain


その後、1/21には「スーパーブラッドムーン」が起きる。
そして、この時には太陽-月-天王星が「Tスクエア」を作る。
これは、下記のホロスコープのように、2つの天体の180度のアスペクトに加えて、もう1つの天体が2つと90度のアスペクトを作り、T字型になるので、この呼称がある。


f:id:nmomose:20181231230138j:plain

1/22にグランドトライン

だが、その時よりも1/22にグランドトラインができる時の方が、大地震と火山噴火に注意が必要かもしれない。
下記のように、木星と金星がコンジャンクション(合=同じ位置)になり、月・火星とグランドトラインができる。


f:id:nmomose:20181231230357j:plain


私はフィッガービーツ氏ほどの天体配置による地震予測の知識と経験がないので、天体配置だけでは「どこで」ということは言えない。
カイトではなくグランドトラインだけなので、それほど大きな地震ではないかもしれず、また大きな地震は起きずに終わるかもしれない。

福島県沖でM4.8の地震

…と書いているうちに、元日まであと1時間を切った時に、横目で見ていた紅白歌合戦のテロップで地震ニュースが出た。
11時10分頃に福島県沖でM4.8、最大震度3の地震が発生した。


f:id:nmomose:20181231232111j:plain

発生時刻:2018年12月31日 23時10分頃
震源地:福島県沖
最大震度:震度3
位置 緯度:北緯 37.3度
東経:141.6度
震源:マグニチュード M4.8
深さ:約40km

 

まだ地震があるか?

さきほど12/31 21:20頃、右耳で10秒間ぐらい耳圧があった。
これは、もしかすると福島県沖M4.8に対応するものかもしれない。
あるいは、もっと近場で揺れるのかもしれないが。


また、今日はばけたんがピカピカ点滅しているけれど、忙しくて記録する暇がなかった。


12/29の記事で、下記の通り予測した。

12/30(日)~1/2(金)
関東内陸
ごく近場:M2~M4クラス
その他の関東内陸:M5~M6クラス
関東沖:M6~


さきほどの福島県沖は、「その他の関東内陸」のケースだったのか。
だが、12/27から続いていた酷い頭痛が、この地震だけの前兆だったとは思えない。


やはり1/1~1/3あたりに関東あたりで対応する地震があるか、あるいは磁気嵐のせいで強い地震はなかったということになるかもしれない。
そのへんの判断が難しいところだ。

YouTube

あ、今メールを見たら、ちょっと嬉しいことがあった。
YouTubeで、チャンネル登録者数が1000人を超えたと通知が来た。


今年は5月に弟が亡くなったが、来年はちょっと運が開けて来るか?


チャンネル登録された方々、ご協力ありがとうございます。
来年はブログだけでなく、ちょっとYouTubeの方も試行的に力を入れてみたいと思います。


では、今年はこのへんで終わります。
下記のInstagram投稿の通り、弟の喪中につき、新年のご挨拶は遠慮させていただきます。


今年1年、読みに来てくださった方々、ありがとうございました。
来年も、一人でも命を助けられるように、地震予知や健康関連の情報を提供するために、活動したいと思います。


みなさん、良いお年をお迎えください。


https://www.instagram.com/p/BsCFq0hFxvd/
#釈迦の霊泉 #がん #認知症 #精神病 #砂糖の害 #砂糖は麻薬 #砂糖依存症 #低血糖症 #低血糖症は万病の元 #健康 #病気


https://www.instagram.com/p/BsB72iBFlXn/
【大晦日】みなさま、良いお年をお過ごしください。弟の喪中につき新年のご挨拶は控えさせていただきます。Twitter、LINEはタイムラインを見る暇が全くなく、FBはたまに見ます。

Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email