探求三昧 - 地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・予測関連Web/ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・防災などを探求するWeb・ブログ

【地震予知】七曜高耶さん、ミシェルさん、リシルさんなど「体感」で地震を予知することを考える

f:id:nmomose:20190128205231j:plain


災害などの夢予知で知られる七曜高耶さんから体感に関する質問が来たので、それに答える形で、体感で地震予知することに関して考えてみたい。
また、ミシェルさんが体感の報告があるのと、リシルさんから私の個人的なことに関してズバリ言われたことあるので、それも検証する。

【目次】

 

千葉県北西部 M3.2、震度1

まず、昨夜のブログを書いていて、ゆらゆら揺れた感じがあって、無感地震かもしれないと書いたが、やはり有感地震だった。
大したことはない地震だが、1月27日23時01分に、千葉県北西部でM3.2、最大震度1だった。


同じ昨日1月27日16時27分に、栃木県南部でM3.1、最大震度1の地震があったが、私の頭痛体感の一つだったのか。
それでも、これだけでは終わらなそうで、それは最後に書くことに。

ミシェルさん

大分県のミシェルさんは、今日1/28 12:24の「M6前後と強震系オルゴールが鳴る耳鳴り反応」と題した記事を書いていて、その前日には「M6前後体感反応あり」とTwitterでツイートしている。


今のところ、内外とも対応する地震は起きていないようだ。


ミシェルさんも、本人から聞いたところでは、リシルさん同様に、あんまり他人の体感ブログなどを見ないそうだ。
私もそうだけど、やっぱり他の人の体感を知ったりすると、それに影響されてしまうというのかな、思い込んでしまうというか、そういうのがある時もある。

「体感」という呼び方

そもそも、「体感」という呼び方は、「おかしいんちゃう?」と思う人もいるだろう。
私も最初はそうだったが、だんだん慣れてきたというか、慣らされてきて、今はおかしいとは思わなくなった。
普通、地震で「体感」という場合、それは「さっきの地震の体感は震度2ぐらいたったけど、実際は震度1だった」といった場合に使われる。


それが、地震前兆を体で感じて予知・予測することを、いつかしら誰が最初かわからないが、そう呼ぶようになった。
もしかすると、耳鳴りで地震を予測する掲示板があって、あの頃に自然発生的に使われるようになったのかもしれない。
それが、このブログを始めた2004年には既にあった。

頭痛体感と発達障害

耳鳴りと地震の関係がありそうだとわかって、その次は頭痛も前兆ではないかと思い始めた。


私は最近、うちの子供たちが発達障害である可能性を疑いつつある。
龍矢がADHD、愛弥美がASD(自閉症スペクトラム)かもしれないと。
もっとも、幼稚園の先生にもサルちゃんにも、このアイデアは支持されていない。


そのことを調べているうちに、自分も愛弥美と同類ではないかと思い始めた。
発達障害のうちでも、知能に問題がない場合は「機能性発達障害」と呼ぶが、私は分類するならば「高機能発達障害」?
あくまでもグレーゾーンかもしれないが、私の歳ではそういうことが大きな問題にならなかったせいか、学校などで一度も指摘されたことがなかったが。


いきなり何を書き出すんだと思われるだろうが、自閉症スペクトラムなどの人の特徴として、普通の人たちが気づかない非常に仔細なものごとに気づく才能(?)がある。
じつは、体感する人の中にも、そういう人が少なくないのではないかと、
もっと言ってしまうと、発達障害の多くは糖質過多に起因する低血糖症が先にあって、そうなる…などと言うと益々大混乱するだろうから、今日は触れないでおく。


私など、若い頃からそうだったが、他の人たちが気づかないことを指摘して、「気のせいでしょ?」と笑い飛ばされるのがイヤで仕方なかった。
子どもたちの発達障害の疑いについても、「他の人たちはなんで気づかないんだろう!」という想いでいっぱいになる。


機能性発達障害の中には、古今東西の天才偉人など、ある分野で大成功した人々も少なくない。
私も、そういう人々には及ばないが、多少なりともそういう要素があるからこそ、ものを書いたり、今やっているような特殊な分野の研究ができるというのは、あるかもしれない。


若い頃から自分を「敏感体質」と呼んでいたが、いろんなことに気づいてしまう。
それが、「生きづらさ」の原因の一つだった。
自分が気づいたこと、わかったことを他者と共有できない悲しさによって、個に閉じこもっていった。
だが、そういうネガティブな面が今はポシティブな要因になっているのだから、スピ的観点からいって、人生には「無駄」は一切ないのだなと思えてくる。

七曜高耶さんの体感

ここからが今日のメインの部分で、体感初心者wの七曜高耶さんのブログの紹介を。
七曜さんが、2019/01/19 15:44の「苦手な体感ですが、」と題した記事で、こう書いていた。

どちらかと言うと遠地は受け取りませんが、只の体調不良でなければ震度5以上
の地震があるかも。

近場だと九州南西、四国の中央構造線沿い。

遠地だと北東方面。


1月26日14時16分の熊本県熊本地方M4、最大震度5弱と、同日17時23分の岩手県沖M5.7、最大震度4の地震が起きた。
七曜さんが「苦手な体感」などと書くと、夢でいろんなことを当てる人だからこそ、体感は「苦手」だと思うんだろうなと微笑ましくなる。


自分が思うに、やはり普段から地震が本当に少ないところに住んでいるから、なかなか「学習」できないとか、そういうのはあるのではないか。
こういうことは、やはりたくさん経験を積んでナンボという部分が大きいので。
もっとも、逆に東京や茨城に住んでいると、メッチャ「経験」を経るが故に混乱するというのもあって、なかなか難しいものがある。

七曜高耶さんの疑問

上記の1/19の記事に関連して、七曜さんから私に、こういう質問が来た。

他の体感者の場合どの位で起きるものなのでしょうか?:

とりあえず、感じた両方で地震が起きました。


いつも思うことだけど、「体感」だけでは相対的な規模はわかっても、「どのへんで起きる」までわかるのは電磁波などでは難しい。
「相対的な規模」で理解してくれる人は少ないだろうから、補足する。


たとえば、東京都小平市に住む私が頭痛体感から「強めの地震が起きるかも」と思った場合に、たとえば茨城県沖ならばM5くらいだが、茨城県南部など内陸だとM4クラス、埼玉県南部などより近場ではM3クラスで収まるかもしれない。
別の可能性としては、茨城県沖あたりでM3クラスが2回起きるとか。
体感する人が、場所までわかるというのは、霊感などや又は思い込みの場合が多いのだろうと思う。


このように単純には行かないので、七曜さんの「他の体感者の場合どの位で起きるものなのでしょうか?」という質問に対する答え方は難しい。

体感から地震発生までのタイムラグ

通常は、頭痛か耳鳴りかの体感の種類によって、地震発生までの遅延は異なるだろう。
たとえば私の場合、頭痛体感であれば、「3~4日ルール」と呼んでいるように、頭痛が起きてからそのくらいの日数で起きることが殆どだ。


これに対して、ある時にSNS経由などで聞いたところ、ほとんどの人たちは頭痛が起きてから「1日~3日」で地震があるという。
このことを書いたところ、「百瀬さんは他の人たちよりも早く体感するのでは?」と言われたことがある。
たしかに、そうなのかもしれない。


「3~4日ルール」というのは、あくまでも自分だけのルールであって、他の人たちはやはり経験を積んでいき、できればExcelなどで記録していき、初めて見えてくるものがあるだろう。


面白いのは、かつてTwitterやブログで活躍していたミッヒーさんが体感すると、その翌日ぐらいに私が頭痛が始まることが多かった。
それで、自分がいつ頭痛が始まるかわかったりして。
そういえば、サルちゃんも私より1日前に頭痛を訴えることが多いが、これはたまたまかどうか、まだわからない。


また、私の耳鳴りでは、「閉塞(耳圧)→ピー(またはポー)音の耳鳴り」というパターンがあると、だいたい翌日~翌々日に関東近辺で強めの地震が起きることが多い。
体感する人は、他の色々な体の部位で体感する人もいるが、私の場合は頭痛と耳鳴り以外は、自分で体験がないので、何日ほどしてから地震があるのかは、わからない。

体感と距離

自分がどのくらい遠くの地震まで「体感」するかということは、非常に慎重になっている。
たとえば宮城県とか岩手県あたりのM5~M6の地震では、最近やっと体感することもあるかなと思い始めてきた。
ネット上を見ると、あまりにも気軽に考えすぎている人たちが多くて、これでは「体感」ということ全体に対する信頼性が薄くなってきてしまうのではないかと危惧するのだ。


また、研究家を名乗っていて且つライターでもあるので、自分の社会的影響力も考えて、軽はずみなことは言えないというのもある。
10年以上前くらいに自分がブログで書いていたものを読み返すと、赤面するようなことを書いていたと思うものもある。
あまりにも経験不足だったなと。


「遠くの親戚より近くの他人」というが、地震については「遠くの大地震より近くの小地震」と言えるかもしれない。
まず、あなたが住む近場で起きる地震から先に考えなさいと。

体感とシックスセンス

体感する人の中で、シックスセンスというか霊感というか、そういう超常的能力を持っていない人の方が少数派ではないかと思えてくる。
これは、そういう超感覚と電磁波に対する感受性というのは、リンクしているということではないか。


よく、体のこの部分が痛むと茨城沖とか、すごく詳細にわたってルールがある人がいる。
そういう場合は、気のせいなのか思い込みなのか、あるいは本当に体感しているのであれば、それはほぼ絶対に科学のまな板には乗らない世界だろう。
やはり、シックスセンス的な観点から見なければならない。


七曜さんの疑問への答えとしては、普通体感してから何日ぐらいで地震が起きるかについては、万人に適応する法則のようなものは無いということだ。
体感だけでなく様々な地震前兆に言えるのは、地震の規模や震源までの距離によって、発震までのタイムラグや規模は大きく変わるので、一概には全く言えない。
なので、たとえ時間がかかっても、自分の「体で覚える」しかないのではないか。

TOCANA記事再掲

ここからは、地震とは全く関係ない話題になるので、関心がない方はスルーしてください。
今日TOCANAに掲載された『杉原千畝もびっくり、ユダヤ人と天皇家の“ヤバすぎる秘密”とは!? 日本のルーツはイスラエル「日ユ同祖論」は皇族も研究していた!』と題した記事がある。


これは、2016年11月に掲載された記事の再掲で、今日見て自分でもビックリした。
いわゆる古代イスラエルの民と古代日本の繋がりについて書いたもので、関心がある方は下記の記事を読んでみてください。



このような再掲記事を含めると、これでTOCANAで300本目ぐらいの私の記事になる。
トカナの前身のハピズムを含めると、もうちょっと多くなる。
6年弱の間に、よくもまあこんなに書いたなという感じだ。

リシルさんにズバリ当てられた?

一昨日あたりにちょっと話題にしたが、LINEでリシルさんとやりとりしていて、いきなりこう来た。


1/24

百瀬さん男性の霊さんがついてます


どうも、LINEのプロフィール写真を見て、視えたようだ。
昨年秋にも、私の胃の不調(実際は腹部の帯状疱疹だった)をズバリ当てられたりしてことがあったが、この人はいきなり来る。

武士の霊?

そして、昨日1/27にはLINEでこういう補足が来た。

【リシルさん】武士の霊がついてるよ‼
伊達家に関わりがあるよ!
ご先祖様に伊達家に関わりがある人いない?


【百瀬】そうなんだ!霊感ある人に、前世が武士だとか性格がサムライ的とか言われるよ。実際に父方の先祖が長野県諏訪の名もない武家だったから、やっぱりという感じ。母の先祖は仙台近くで、伊達政宗といえば仙台だから、母方と何かしら関係あるのかも。鋭いね。


今まで、まわりの霊感がある人たちも含めて、「武士の霊がついている」とか、「前世が…」とか、よく言われたものだった。
40年以上霊的な世界を探求・研究してきて、霊能者とかシャーマンとか、いろんな人達に会ってきた。
そして、ある信頼できる人にも、武士の過去生を指摘された。
また、私のことをよく知っている人たちは、たとえ霊感がなくても、サムライ的なものを感じるなどと言われる。


そういうことは、故あってほとんど公の場では書かないことにしている。
というのも、研究者として自分が「実験台」になることがあるので。


仙台といえば、昔ある霊能者に自分の過去生との絡みで、何かしら言われたことがあるが、思い出せない。
それとは別だったか、伊達政宗との関連も言われたことがあるが、これも思い出せない。
伊達政宗のことなどは、これまでブログでもどこでも公の場で書いたことがないので、ギクッとしたのだ。
それはあるかもしれないと。


そのリシルさんが、今日のブログによると、2月4日にご主人の焼肉屋がリニューアルオープンするという。
昨年9月に隣の店のもらい火でやられて大変だったけれど、
われわれ家族で行くけれど、もしリシルさんを応援しに食べに行きたいと言う人がいたら、ミニオフ会的なことも検討します。



 

今日の私の体感

まず、ちび子の運動量は下記の通り。


https://www.instagram.com/p/BtKHq4oF8MF/
【ハムスター】1/28朝、カウンター値:1719。 @kokanranger 報告 #hamster # 地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター #地震予知 #スーパームーン


また、体感は、今日の昼頃に下記のような耳鳴りなどがあった。



また、現時点(1/28 22:45)も、耳鳴りがメッチャ強く続いている。
来そうで来ないという時は大きめが揺れる傾向があるので、注意したい。


私も愛用してます↓


私がAmazonでカスタマーレビューを書いた商品の一覧はこちら。
役に立ったと思う人は「参考になった」をポチッとしてくださいね。
Amazon:百瀬直也のプロフィール


https://www.instagram.com/p/BtKKt0zl71H/
人間の心が食べ物に大きく影響されることは中々わかってもらえない。大坂なおみ選手は、甘いものだけでなく炭水化物も摂らないとか。キレたり落ち込みやすいのは低血糖症のためで、血糖値と精神状態の乱降下は同期する。ずっと1位でいるためには糖質制限の続行が必須だと思う。#大坂なおみ #低血糖症 #糖質制限


https://www.instagram.com/p/BtJZ3Eql5Us/
人は楽しみのためでなく、悩むためでもなく、学びのために、この地球に生まれ落ちてくる。(個人的見解) #人生の目的 #人生の意味 #スピリチュアル #エセではないスピリチュアル #生まれてくる意味 #この世は学校 #この世は学習の場

Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email