探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知関連Web・ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するWeb・ブログ

スポンサード リンク

【予知夢】リシルさん「なんかおかしい」津波警報?古谷さんの夢「海に黒い液体」+強烈体感で地震に注意

f:id:nmomose:20190202185158j:plain


リシルさんが「なんかおかしい」津波警報が出るかもと言っていて、また大阪の古谷さんは海に黒い液体が浮かぶ夢を見ているので、それらを紹介する。

【目次】

 

リシルさんより警告

リシルさんは、今日は3本も地震関連のブログ記事を書いている。
それらは、ひとつながりのようだ。

群馬方面?

まず、今日2/02 13:02の「群馬方面?」と題した記事では、こうある。

震度4~5の揺れに御注意下さいね‼

 

今日の18時すぎ?

続いて、13:20には「午後6時すぎが注意かな」と題した記事で、こう書いている。

震度4~5の地震が18時過ぎに起きそうな感じがするよ‼今日ね‼

 

「なんかおかしい」

そして、最後の15:52には「なんかおかしい」と題した記事が。

体感が強まってます。

なんだろう‼なんか変な感じがするの!

かなり大きい揺れになる気がするよ‼

津波警報が発令するかも‼

西や北に引っ張られる体感と心臓の体感と強力。


続いて、犠牲者が出る可能性もあるが、震源が中々掴めないとも書いている。
後で私の体感を書くが、やはり強い体感があり、同期しているかもしれない。

古谷佳子さんも津波の夢?

今日、大阪・天満橋yoshiko整体オフィスの古谷佳子(ふるたによしこ)さんからFB経由で報告があった。
「海に黒い液体が浮かんでいる夢」を見たという。

自分が整備された海の海岸沿いにいて、津波対策されている感じだった。
朝方、海岸沿いを歩いていて、寒さに震えていた。
海に、真っ黒な液体が浮かんでいた(覆い尽くしてはいなかった)。


これを読んで、パッと思いついたのは、「南海トラフ巨大地震」だ。
「なんでこれが?」と思われるかもしれない。

『南海地震は予知できる』

以前に…というか何度も、ものすごく重要な本として、『南海地震は予知できる 地震が残した証拠品』(中村不二夫著、高知新聞企業)を紹介してきた。
高知市仁井田の海里マリン病院で、送迎バスの運転手として働く中村不二夫さん(70代後半)が書いた本だ。
これがなぜ重要かというと、昭和南海地震の体験者の古老から聞き取った前兆現象をまとめた本だからだ。


この本、私があまり重要だと書くものだからか(?)、古書がかなり値上がりしてしまった。
まあ、絶版の古書で、それだけの価値はあるから仕方がない。

南海地震は予知できる―地震が残した証拠品

南海地震は予知できる―地震が残した証拠品

昭和南海地震の津波到達時間

終戦の翌年の1946年年12月21日4:19すぎに、昭和南海地震(M8.0)が発生した。
9分間も続いた揺れの直後に、高さ4~5mの津波が襲った。


南海トラフに沿って長さ250kmにわたって海底が隆起し、津波が襲った。
波高1m以上の範囲は、房総半島から九州までに及び、ハワイやアメリカ西海岸まで遠地津波が達した。
最高潮位は和歌山県の串本町で6.57m、三重県賀田村で3.59m、徳島県浅川村で4.88m、土佐湾内で5.2mを記録した。


問題の到達時刻は、串本町で地震から約10分後(2.5m~5.5m)、三重県賀田湾で約20分後、伊豆半島南端と徳島では約40分だったという。
本州最南端の串本町は、それだけ南海トラフ巨大地震の津波のリスクが高い。
お年寄りはもちろん、健常者でも避難の余裕がないではないか。

南海トラフ巨大地震の前兆現象はこれだ!

この本で、中村氏が収集した昭和南海地震の前兆現象として、下記のようなものが挙げられている。

異常干潮:地震前日の夕方5時頃から大きく潮が引いていた。
井戸水が枯れた:高知市の民家では、2~3日前から釣瓶で汲めないくらいに井戸が枯れた。
海水汚濁:高知県宇佐町沖合いでは操業していたサバ漁船が、船の流れを安定させるための漁具に、ドロドロしたヘドロのような汚物が付着し、海藻が腐ったような異臭がした。
地震前の暖気:地震の数日前から、12月にしては異常に暑かった。
スルメイカの大漁:その年はスルメイカがよく獲れた。

 

上記のうち、「ヘドロ」というところで、古谷さんの夢からこの本を連想したのだ。
厳密にいうと、ヘドロは「液体」とは違う。
だが、夢というものは多少現実とは異なる部分があるものだ。


あるいは、大地震(津波)の前兆現象ではなく、別の解釈が妥当かもしれないが、思いついたままに書いておく。

南海トラフ巨大地震の発生時期

問題の、「南海トラフ巨大地震はいつ起きるか?」については、私が言い続けているように、黒潮の大蛇行の発生期間には過去に起きていない(黒潮の大蛇行がわかっている時代には)。
そして、現在は大蛇行が続いていて、下記サイトを見ると、1年5か月たっても終息の気配を見せていない。



これは、私がそう言っているだけで、「絶対」の指標ではないということは、覚えておいてください。
ただ、他の大地震とは異なり、南海トラフ巨大地震に限っては、時期的(季節的)な偏りがあり、過去の日付がわかっている地震は、すべて7月~2月に起きている。
そのため、このまま大蛇行が続いてくれれば、少なくとも今年6月末までは起きる可能性が低いことになる。


…というと、「今年後半に起きる」と早とちり人が出てくるかもしれないので、補足を。
現時点での条件では、今年後半に発生する「条件が揃う」という意味で、「起きるだろう」という意味ではない。



 

フッガービーツ氏の前回の検証

次に、オランダのフランク・フッガービーツ氏の前回の地震予測の検証を。
1/30の記事で、下記のように書いた。

1/30~2/1の地震予知情報として、1/29~30に重大な天体配置があり、1/30~2/1に大地震発生のトリガーとなるかもしれないという。
規模は、中規模からM6クラスあるいはM7クラスもあり得るとのこと。


結果として、今日2/2 5:14(日本時間)にメキシコ南部のグアテマラとの国境近くの内陸で、M6.6の地震が起きた。
たしかに、M6クラスの地震があった。
オランダ時間ではまだ2/1だったかもしれないが、この日までの予測ということで、その期間は過ぎたことになる。


f:id:nmomose:20190202213513j:plain
 

私の頭痛・耳鳴り体感

今日は、下記の通り夕方から頭痛体感があった。


https://www.instagram.com/p/BtX_nD3F5RD/
【体感】2/2夕方から頭痛が始まりセミ鳴きの耳鳴りも非常に強い。明日の朝から警戒レベルだが早すぎるのか微妙。リシルさん他二人から津波を思わせる情報が入ったので今夜これから書くブログを見てください。#地震予知 #地震前兆 #地震予言 #体感 #津波 #地震予知夢


その後、夕食後に頭痛薬を飲んでも、まだ完全に収まらないかもしれない。
だが、現時点(21:45)で、セミ鳴きの強い耳鳴りは続いている。
「狂いそうなほど」の一歩手前だが、明日あたりかな、関東近辺で強く揺れるかもしれない。
これが、もし前述のリシルさんの体感と同期するものならば、もっと深刻だろう。

新月トリガー

3日後の2/5(火)の新月前後は要注意だ。
すでに、新月トリガーで揺れる期間に入っているだろう。


今回の新月は特にスーパームーンではないものの、1/21と2/20の2回のスーパームーン(もっと言えば3/21の満月も)に挟まれた時期なので、経験上こういう時は普通の新月以上に地震に要注意です。

今年の地震災害

今年は、例年になく防災対策を十分にしてくださいね。
本当に何が起きるかわからない年になりそうなので。


私は地震前兆と予言など両方を研究しているだけあって、地震関連の研究も信頼性を疑われることもあるかもしれない。
でも、去る者は追わず来る者は拒まず。
誰にどう思われようと、自分がやましいことをしていない限り一向に構わないという人間なので。


私は常に、自分が考えていることを人に信じてもらおうとは思っていない。
人間に「絶対」はありえず、それは自分が考えていることも同様だ。
なので、南海トラフ巨大地震は今は起きないだろうというのも、あまり信用しすぎないようにしてください。


あくまでも、「そのような傾向がある」ぐらいに考えた方が良いかもしれない。
私は、心配性とは全く逆で、心配しなさすぎ?
サルちゃん(タイ人の妻)の方が、よっぽど心配性だ。
血液型による性格が多少なりともあると思う人は、A型(サル)とB型(私)と知って、「大丈夫かな?」と思うかもしれない。;;


何を書こうとしていたのか?そう、心配しすぎても始まらないということ。
心配というのは、あくまでも自分の考えだが、エネルギーの無駄遣いであって、あまりにも災害を心配しすぎる人には、そのエネルギーをもっと防災準備などに費やした方が良いのではないかと思えてくる。

津波のようなダムの決壊

これは基本的に以上で書いた内容とは異なるが、「津波」で連想する最新の出来事なので、動画とともに紹介する。
1/25にブラジルの鉱山で、ダムの決壊が発生した。
そして、これまでに110人が犠牲となった。


その動画を見たが、凄まじい光景だ。
山の麓が突然陥没し、大量の土砂などが平地に向かって流れ出していく。
濁流はゆっくりと下流へ広がっていき、車などを呑み込んでいく。


下にYouTube動画を埋め込むが、あまりにも壮絶なので、閲覧注意で自己責任で見てください。



あまり勾配がなく平地に見えるが、それでも土砂というのは液体であるかのように流れていくものだと、恐ろしくなる。
決壊の原因は、まだ判明していないようだ。


ダムというのは必要悪というか、自然を破壊し生態系を壊し生き物を減少させ、リスクも大きい。
そして、今回のブラジルのように大災害につながることもある。
これが絶対必要なものではなく、政治家の利権などが目的だったら、天はどうするだろうか?
…と、余計なことも考えてしまった。

津波の恐ろしさ

津波に話を戻すと、人類が経験する災害の中でも最も恐ろしい部類に属するものだろう。
特に、昨年12月のスンダ海峡津波のように、避難の猶予を与えないものに関しては、特にそうだ。
そして、南海トラフ巨大地震でも、地域によっては同様の事態が発生する。


心配性でなくても心配になって、ちょっとググってみた。
すると、5年前のこういうニュースが目に止まった。
2014年3月28日、和歌山県串本町で、海岸沿いの海抜3mほどの所にあった2つの保育所が統合して、海抜62mの高台に移転されたという。
それは当たり前だ。
海辺のご老人の施設とか、小さい子供の施設とか、真っ先に移転すべきでしょう。


津波が発生すれば、平均浸水深が約5.7mになると想定されて、町役場などがある中心部は海抜3mほどしかないため、これまでに消防署や病院が移されたという。

私がダウジングを行うとなぜか…

私が地震予測ダウジングを行うと、その大半は南海トラフ巨大地震の想定震源域あるいは甚大な被害が出るだろうところが出る。
2005年に始めたばかりの頃は、南海トラフの位置も知らなかったのに。
下記のマップのように、串本町のあたりも出たことがある。


f:id:nmomose:20190202223416j:plain


南海トラフ巨大地震で津波の被害が想定されている地域では、もう備蓄食とか、そういうことを言っているレベルではない。
とにかく命が助かること、サバイバルすることに全力を捧げることだろう。


【参考】

 

今日のちび子の運動量

https://www.instagram.com/p/BtXG6LsF7By/
【ハムスター】2/2朝、カウンター値:1321。たまたま後ろのテレビで同じことやってるライオンがいて笑える。 @kokanranger 報告 #hamster # 地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター #地震予知 #キリン #ライオン


私も愛用してます↓


私がAmazonでカスタマーレビューを書いた商品の一覧はこちら。
役に立ったと思う人は「参考になった」をポチッとしてくださいね。
Amazon:百瀬直也のプロフィール


https://www.instagram.com/p/BtX2cQwlbTW/
【ちび子】住居の大改造。わかるかな?2階建てケージを分割して2階をずっと上に。問題は回し車を回してくれるか。広くなって、散歩なしでもストレスにならないか?Reforming Chibiko's home.#ハムスター #ジャンガリアンハムスター #ハムスターの家 #hamster


https://www.instagram.com/p/BtXDFGxlMqq/
【愛弥美】4年前の今日。お人形を背負ったお人形さん。後ろ頭の保護になる。Today's 4 years ago. A Doll bearing a doll.#人形 #生き人形 #着ぐるみ #doll #livingdoll

Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email