探求三昧 - 地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・予測関連Web/ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・防災などを探求するWeb・ブログ

探求三昧 by 百瀬直也

【地震前兆】阪神・淡路大震災の前に4割の猫が異常行動~イヌやネコなど動物の地震予知能力


f:id:nmomose:20190204182142j:plain


ある調査では、阪神・淡路大震災の時、犬は26.2%、猫は39.5%が地震の前に異常行動をとったというが、地震予知動物はイヌ・ネコに限らないということを示したい。

【目次】

 

『女性セブン』の記事

今日の記事は、先ほど見かけた『女性セブン』2019年2月14日号に掲載されたものをネタにする。
男性向け週刊誌よりも、こういう女性誌の方がこの手の話題に関心をもつ人が多いかもしれない。
この記事は、『阪神大震災時に4割の猫が異常行動、野良猫は感知能力高い』と題している。



1995年の阪神・淡路大震災(M7.3)の際に、犬は26.2%、猫は39.5%が、地震の前にいつもと違う異常行動をとったという。
これは、兵庫県内の獣医師と日本愛玩動物協会が行った調査の結果の値だ。
そこで、猫たちには地震を感知する能力があるのか?猫の持つ不思議なパワーに迫るという趣旨の記事。


ここまで読んで、取材対象は、もしかしてあの人かなと思ったら、やっぱりそうだった。
東京農業大学教授の太田光明教授だ。
以前から、イヌやネコなどの動物たちが地震の前に見せる異常行動を研究されている。
「動物の地震前兆なんて」と、ほとんどの科学者がバカにして目を向けない中で、非常に貴重な存在だ。

阪神・淡路大震災の時のイヌ・ネコ前兆

阪神・淡路大震災の際の前兆現象を参照する時には、これ1冊あれば十分という「バイブル」を見る。
もちろん『前兆証言1519!』のことだ。


マスコミなどに呼びかけて前兆報告をまとめた大著「前兆証言1519!」では、分類された1,711事例のうち、「獣類」が324ケースで、全体の19%となっている。
そのうち、イヌは35%で約113件、ネコは25%で約81件となり、合わせると獣類の約60%にあたる194件ほどが犬猫に関する報告だった。


もっとも、これらの報告は、まったく加工・取捨選択されていない「生データ」なので、取扱注意となる。
つまり、本当の地震前兆現象だったかどうかは、読む者の判断に委ねられているということ。
このような前提条件は、自分的には好ましいものだと思うが、前述の大前提を知らないで読むと、トンデモナイことになる。

『前兆証言1519!』

大体人間の多くは、大地震の後で「何か前兆現象のようなものがありませんでしたか?」などと聞かれると、「そういえば…」と、少々怪しいようなことでも回答してしまう。
というか、その多くは、それが怪しいものかどうかの「答え」を知らない。


それでも、これらの生データは貴重な証言だ。
大型本(A4くらい)と普及版(単行本)があるが、普及版の方が古書に3倍くらいの値がついていて、Amazonで残り3冊しかない。
そもそもこのような歴史的に貴重な本が絶版になっていることが非常に残念なことだが、それが本というものの運命だろう。


普及版の古書は残り3冊で、法外な価格がついている1冊以外は、この記事が出たら売れてしまうかも。
大型本は、ブックオフなどで安い値段がついているのと同じ原理で(つまり邪魔だから)ずっと安く、十数冊残っている。


前兆証言1519!―阪神淡路大震災1995年1月17日午前5時46分

前兆証言1519!―阪神淡路大震災1995年1月17日午前5時46分

 

犬と猫とどちらが敏感?

ここでやっと本題に入れるが、イヌやネコを飼っている人は、地震の前に見せる異常な行動に気づいた人も多いだろう。


前述の調査では、ネコでは2.5匹に1匹、イヌは4匹に1匹が何らかの異常行動を示したという。
だが、「前兆証言」では、イヌは35%で約113件、ネコは25%と、逆転する。
もっとも、これは生データであって、本当の前兆現象だけを抽出すればどうなるかわからない。


なぜネコの方が多いのかというと、可能性としては、ネコの方が家の中にいることが多く、飼い主が異常に気づきやすいということが一つにはあるのではないか。
大雑把にいうと、動物全体の中で体が大きい動物よりも小動物の方が電磁波などの前兆現象に敏感であると言えるかもしれず、その意味でもやはりネコかもしれない。


太田氏は、「地震前に見せる動物の行動として、犬の場合、吠えることが多い。これは飼い主に異変を知らせていると考えられます。一方、猫の場合は、外へ逃げようと家の中を走り回る子が多いんです」と語る。
これは、私のこれまでの研究結果ともブレず、同意できる。


実際、内外の大地震を問わず、地震の前にどこかへ失踪してしまう猫が非常に多いようだ。
それができない家猫だと、仕方なく家の中を走り回るのだろう。


犬と猫と、どちらが地震前兆に敏感かどうかは、一概には言えなさそうだ。
太田氏の研究では、電磁波を感じる能力は人間を含むあらゆる動物が持っていて、特別にネコが発達しているわけではないという。

ネコが地震に敏感なわけ?

イヌやネコが地震に敏感だといっても、地震前兆を知りたいから飼おうなどという人はいないだろう。
ハムスターにしても何にしても、そのような安直な理由で飼ってほしくはないものだ。
ちなみに、ハムスターは千円か2千円で買えるが、いざ手術ともなれば、10万円ぐらいかかることもある。


太田氏は言う。
「私は猫のすぐれた聴覚と嗅覚が関係しているとにらんでいます。猫の嗅覚は人間の約100万倍以上。猫は人間にはわからないにおいの変化や、地殻、水位の変化による振動や音などを感じ取っているのではないかと考えています」


猫が地震を感知できる距離の範囲は、震源地の最大半径250km。
異変を感知する能力は、メスよりオス、血統種より雑種、飼い猫より野良猫の方が鋭いという。


野良猫の方が鋭いというのは、よくわかる。
これはイヌやネコに限らず、人間とともに暮らして野生の本能をなくしていくにつれて地震予知の本能も失われていくということも、あるのかもしれない。

地震の前には活動量が増える?

「研究室の猫たちも、毎日の活動量を計測しています。地震の前は普段の約3倍、行動量が増えたことがありました」と太田氏は語る。
ハムスターの場合、まさにこの点は同じなので興味深いところだ。


ハムスターの回し車のカウンターを見て地震予知に役立てるというのは、私の考案ではなくて以前から一部の人々が行っていることだが、この前提があるからこそ、実験する価値があるのだ。
一昨年、半信半疑で始めた実験だったが、2代のジャンガリアンハムスターの経験から、やはり地震予知能力はあるといえるだろう。


いつも書いているように、ただ漠然とハムスターを飼って観察していても、よっぽどの異常な行動でない限り、なかなか気づかない。
やはり、回し車のカウンターがないとどうしようもないが、現時点では日本でマルカンの1つのケージにしかカウンターはついていないのが残念だ。



太田氏は、愛猫に地震を感知する能力があるかどうか気になる人は、活動量を測ってみるのがおすすめだという。
でも、猫用の回し車なんて、まさかないだろうとググってみたら、あるんかい。^^;



 

イヌの異常行動

ネコと違って、イヌの場合は、自分で感じ取った異変を、一生懸命に飼い主に伝えようとする主人思いの(?)イヌが多いようだ。
もっとも、ここで全世界のネコの名誉のために書いておくと、中にはイヌのように飼い主に知らせようとする猫もいるようだ。


関東大震災の前に、食事を残すようになったとか、「前兆証言」では、イヌの食欲不振、嘔吐、下痢が多く見られたという。
これは、私を含めたヒトの体感者の多くも、吐き気などで経験することと同じだ。
ペットは、たとえ頭が痛くても言葉で言ったり、頭を押さえて「ここ痛いの」とか伝えないが、実際はどんな動物にもあるのかもしれない。


大田教授によると、これまで多くの種類のイヌで実験を行ったところ、古い犬種であるバセンジとシベリアンハスキーが特に激しく電磁波に反応したという。
また、柴犬、秋田犬、チャウチャウも、電磁波に敏感だという。


故池谷元伺大阪大学名誉教授や大田教授は、将来「先覚者」と呼ばれるようになるのではないか。

その他の動物たちの前兆

私が「防災三昧」Webで作成中の『地震前兆百科』では、イヌ・ネコなどの動物たちについて、前兆現象をまとめて紹介している。


『地震前兆百科』は、まだ未完成だが、現時点で陸上動物のコーナーでは、イヌ、ネコ、ネズミ、ハムスター、リス、モグラ、ウサギ、イタチ、イノシシ、クマ、家畜などのページができている。


『前兆証言1519!』では、ハムスターの例として悲しい事例がある。
大震災発生の3日前に、尼崎市で飼われていたハムスターが、落ち着かずにカゴの金網によじ登ってガリガリ掻きむしっていたが、翌日に息絶えていた。
神戸市では、オスメス3匹ずつ6匹を別のケージに入れて飼っていたが、1週間前からオスが暴れだし、翌日に1匹が血だらけで絶命していた。
ハムスターなどの小動物は、このような例があるから多頭飼いは大地震の前には要注意だ。


『地震前兆百科』は、下記がメインページだが、近く『防災三昧』Web/Blogは、この『探求三昧』に統合しようと計画している。



 

体感とハムスター運動量

今日のちび子の運動量は以下の通り。


https://www.instagram.com/p/BtcJJqlFi-Z/
【ハムスター】2/4朝、カウンター値:1062。減って発震スタンバイ状態? @kokanranger 報告 #hamster # 地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター #地震予知 #キリン #ライオン


昨日は4818回と急増した後だったが、今日2月04日13時45分頃に、茨城県沖でM3.4、最大震度1の地震が発生した。
これの前兆だったかというと、弱いかもしれず、まだこれから別の地震があるのかどうか微妙なところだ。


2/2に頭痛があり、2/5(火)~2/6(水)あたりに関東で地震があると思っていたが、今日も頭痛があった。
https://www.instagram.com/p/BtdINqbFIch/
【体感】2/4午後から頭痛が始まり、1回目は異様な眠気のためだがコーヒーを2回飲んで和らいだ。明日は新月トリガーで今週は地震に注意を。#地震予知 #地震前兆 #体感 #LINE


このため、上記とは別に、2/7(木)~2/8(金)あたりも地震がありそうだ。
明日2/5は新月トリガーでもあり、今週は関東だけでなく全体的に強めの地震にご注意を。


https://www.instagram.com/p/BtcVr6olFlg/
【ちび子】今朝は、床材や噛み砕いた段ボールで透明版を遮っていた。野生時代にも地下にいくつか部屋を作って一番下を寝床にしていたのでは?ここが気に入って母屋にしたいのか。Making her own home.#ハムスター #ジャンガリアンハムスター #hamster


私も愛用してます↓


私がAmazonでカスタマーレビューを書いた商品の一覧はこちら。
役に立ったと思う人は「参考になった」をポチッとしてくださいね。
Amazon:百瀬直也のプロフィール


https://www.instagram.com/p/BtcIdMel2XY/
2年前に近所のフクシマストロベリーファームでイチゴ狩り。今年はイチゴの生育状態が悪いようで、まだ営業開始していない。今週末あたりに秩父に行こうかなと思っている。2 years ago at Fukushima Strawberry Farm in Kodaira.#イチゴ狩り #フクシマストロベリーファーム #小平市 #strawberry

Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email