探求三昧 - 地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・予測関連Web/ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・防災などを探求するWeb・ブログ

探求三昧 by 百瀬直也

【地震予知】エルニーニョと南海トラフ巨大地震+黒潮の大蛇行は太平洋側の地震を抑制する?


f:id:nmomose:20190216223936j:plain

昨秋に始まったエルニーニョ現象は夏まで続くとの予想を気象庁が発表したが、一方黒潮の大蛇行は春までは続きそうで、両者が大いに関係している南海トラフ巨大地震の発生の可能性を検討する。

【目次】

 

エルニーニョ現象

まず、順序立てて説明するが、エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて、海面水温が平年より高くなる現象のこと。
通常は、その状態が1年程度続く。


今回は、昨年秋(11月)に発生したと日本が先陣を切って発生を公表したが、米国やオーストラリアは慎重だった。
だが、米海洋大気局(NOAA)は2/14にエルニーニョ注意報を出し、エルニーニョが発生したと発表した。
NOAAは、この春にかけてエルニーニョ現象が続く確率は55%と予想している。


これに対して、気象庁は12日、エルニーニョ監視速報を発表して、エルニーニョ現象が夏にかけて続く可能性が70%とした。

大地震ラッシュになりそうな要素の一つ

今年正月5日にTOCANAに掲載された私が執筆した記事では、『2019年が“巨大地震ラッシュ”になる』とぶち上げたが、べつにハッタリではなく、その根拠はいくつかある。
その一つが、エルニーニョだ。


下記のTOCANAの記事にあるように、16世紀以降に日本で起きたM8以上の巨大地震(全18回)のうち、エルニーニョ期間が9回、終息直後から翌年にかけてが6回となり、8割近くがエルニーニョ発生から終息の翌年までに起きていたという顕著な傾向が見られる。



 

黒潮の大蛇行

ただ、現在はこれまでのエルニーニョ期間同様に単純に語れない部分がある。
それは、「黒潮の大蛇行」がエルニーニョと被って発生中であることだ。


大蛇行は2017年8月に発生し、1年半続いているが、今後もかなり長期間続きそうな勢いだ。
最新の予測では、4月中旬までは続くだろうとのこと。

エルニーニョと南海トラフ巨大地震

これは昨年11月にTOCANAで書いた記事だが、16世紀以降に発生した南海トラフ巨大地震のデータを集計したところ、以下のような結果となった。

・ エルニーニョ発生中: 2回
・ エルニーニョ終息直後~翌年: 3回
・ その他: 1回
合計: 6回


このように、南海トラフ巨大地震はエルニーニョ発生中~終息の1年後くらいまでに起きることが殆どのようだ。
これは、エルニーニョ期間中に起きる海水温の変化に関係しているのかもしれない。


また、下記のTOCANAの記事で書いたように、エルニーニョの影響下で起きる巨大地震は、関東以西で起きる場合が多いことが、解析の結果としてわかった。



上記でも書いたが、地球物理学者ダニエル・A・ウォーカー氏の研究によれば、そもそもエルニーニョ発生時の海水温上昇は地殻活動に影響された結果であり、必然的に地震発生と関連してくるのではないかという。

エルニーニョ・黒潮大蛇行・南海トラフ巨大地震

では、現在エルニーニョと黒潮大蛇行が発生している期間は、南海トラフ巨大地震など日本の海溝型地震の発生にどういう影響があるだろうか。


これまでの私の研究から、次のことがいえる。

(1) エルニーニョ期間中と終息後1年ほどは、日本周辺で南海トラフ巨大地震などの巨大地震が起きやすい。
(2) 黒潮大蛇行が発生している間は、南海トラフ巨大地震の発生は抑制される。


ということは、たとえば今年の春ころに黒潮大蛇行が終息した場合、南海トラフ巨大地震は過去にはすべて7月~2月に起きているために、今年7月以降に発生の可能性が高くなることになる。

南海トラフ巨大地震以外の大地震と黒潮大蛇行

では、南海トラフ巨大地震以外の大地震はどうだろうか。


下記の図は、黒潮大蛇行時の通常の流路を示す。
凡例にあるように、色が青色になるほど海水温が低くなっていて、大蛇行で迂回しているエリアは、「冷水塊」ができている。


f:id:nmomose:20190216233947j:plain


これに対して、2017年8月以降のM4.0以上の地震の分布を以下に示す。


f:id:nmomose:20190216234605j:plain


この2つの図を照らし合わせて見ると、大蛇行発生中は「冷水塊」ができているところで地震が少ないように見える。
大蛇行発生中に、その周辺エリアは、大きな地震がの発生が抑制される…とういうことはあるだろうか。

黒潮大蛇行は地震の発生を抑制する?

黒潮大蛇行が発生中は紀伊半島沖では大きめの地震が起こらないということがあれば、それは海水温の影響があるのかもしれない。
下記のマップは黒潮大蛇行発生中の海水温を示す。


f:id:nmomose:20190217000558p:plain


こうして見てきたように、今年後半もし黒潮大蛇行が終了した時には、その後に南海トラフ巨大地震に要注意ということになる。

ちび子の運動量

今日のちび子の運動量は以下の通りで、特に増えてはいない。


https://www.instagram.com/p/Bt7H4stl-K7/
【ハムスター】2/16朝、カウンター値:1009。 @kokanranger 報告 #hamster #地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター #地震予知


週末から週明けにかけて、私の頭痛体感に対応する地震が起きるかもしれない。
また、2/20のスーパームーン前後は、特に神奈川県を中心とした地域は大きな地震に注意してください。
というのは、下記に投稿した通り、リシルさんは2/20前後に起きる地震の場所は「神奈川」だと言っているからだ。


https://www.instagram.com/p/Bt7Af-WFZW2/
【リシルさん】1/20のスーパームーン満月、昨年9/1に「霊さん」からこの日に大きな地震があると聞いた。場所を聞くと「神奈川」だと言う。彼女が霊的存在から聞いた場合は大体大きな地震が起きている。世界的にも今月末までは大地震に要注意だ。Be careful of larger earthquakes around supermoon on February 20.#スーパームーン #リシルさん #地震予知 #地震予言 #大地震 #earthquake #supermoon #earthquakeprediction #LINE


https://www.instagram.com/p/Bt7D90rlsMb/
【リシルさん】1つ前の投稿は重要なので補足。霊さんでもピンポイントで2月20日と当てるのは困難で、その前後と考えた方が良い。場所もズレることがあり、関東から東海あたりまでを注意した方が良いでしょう。フッガービーツ氏も今月中は最大注意と言っている。#地震予知 #地震予言 #スーパームーン #リシルさん #LINE


特に東海地方、たとえ今回のスーパームーンで大きな地震が起きなくても、長期的に大きな地震に注意してください。


【参考】
www.cnn.co.jp



https://www.instagram.com/p/Bt7407uls74/
【愛弥美】幼稚園の先生へ年度末にメッセージアルバムを組で送ろうと、感謝の言葉から割り当てられた文字を持って写真を撮った。先生にとっては最高の思い出になるだろう。#愛弥美 #幼稚園

Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email