探求三昧 - 地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・予測関連Web/ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・防災などを探求するWeb・ブログ

探求三昧 by 百瀬直也

【TOCANA】北海道地震「7つの前兆と予知」~磁石落下、ハムスター等…3/21前後のスーパームーンも注意!


f:id:nmomose:20190224201242j:plain


今日TOCANAに掲載された私の記事は、2月21日に発生した北海道の地震を予測していた人々と前兆現象を紹介したもの。
また、地震は2/20のスーパームーンの翌日に起きたものだったが、次回3/21のスーパームーンも要注意であると警告している。

【目次】

 

「7つの前兆と予知」?

1月21日21時22分に北海道・胆振中東部でM5.8、最大震度6弱の地震が発生して、その関連の記事としてネタ出しして、速攻で執筆を依頼されて書き上げたもの。
「7つの前兆と予知」というのは私が原稿で付けたタイトルではなく、何をどう数えたのか不明だが、恐らく以下の7つではないかと思う。

  1. フッガービーツ氏の予測
  2. Love Me Do氏の予測
  3. 百瀬の予測(天体配置)
  4. スーパームーン
  5. 磁石落下装置
  6. ハムスター異常行動
  7. 百瀬の頭痛体感

 

TOCANAの記事

考えてみると、2月はこの記事が初めてだった。
何だかんだと多忙で、ネタ出しする余裕がなかったのと、某氏へのインタビュー記事が3回連載ものになって、その準備・インタビュー・聞き起こし・執筆に時間を取られたためだ。
もしかすると、今月はこの1本で終わるかも?


今日の記事は、金曜日中に書き上げてくれれば週末に出せると編集部に言われて、こういう情報は鮮度が重要ということで、速攻で書き上げた。
題して『北海道地震「7つの前兆と予知」とは!? 磁石の落下、ハムスターの異常… 次は3月21日前後のスーパームーンに注意!』。


興味がある方は、下記のTOCANAの記事を読んでみてください。
その後に、例によって書き足りなかったことなどの補足を加えます。



 

Love Me Do氏の予測

まず、Love Me Do氏の予測だが、少ない情報から判断すると、かなり「もっている人」という印象がある。
自身のブログ「黄金のリンゴ」の「18日の運勢」と題した記事で、「2月18日~2月23日辺りは、地震や噴火や竜巻や土砂災害や雪など、何らかの災害にも注意の日です」と書いていた。


私は占星術の主張するところをすべて受け入れているわけではないが、占星術を含めた「占い」とは、要するに「霊感」が最後の決めてとなって、当たる・当たらないが決まるものだと思っている。

フッガービーツ氏

この人、オランダのフランク・フッガービーツ氏は、占星術的理論によって地震予測を行うそうだが、いままで数ヶ月間見てきた結果として思うのは、「すごい」としか言いようがないこと。
「どこで」という絞り込みがないのが残念だが、それでも世界のどこかで大地震が起きそうな時には、ピンポイントの期間で予測し、実際に大地震が起きることが多い。


ただ、その予測方法はあまり言いたくないのか、湾曲的な表現で書かれる。


2月7日に自身のウェブサイト「DITRIANUM」で、「17~21日は極めて重大で、M7~8超の潜在力があり、特に19~21日は最も決定的な時期です」と警告していた。
胆振中東部でM5.8の地震があった時に、大きな地震だったがM7まで行かずに良かったと思った。
だが、予測範囲を超えたが22日にエクアドルでM7.5の地震が発生し、まさにM7クラスが現実となった。

百瀬の予測(天体配置から)

次に、私事になるが、このブログで警告してきたように、2/20のスーパームーンの日に特に大きな地震は起きず、以降はいつが要注意かを考えてみた。
そして、やはり天体配置で「調停アスペクト」と「Tスクエア」が混在する21日だろうと結論づけた。


スーパームーン当日の2/20の記事で、こう書いていた。

今月中の天体配置を調べると、特に注意が必要なのは明日2/21のように思われる。
明日12時頃の天体配置を以下に示す。


f:id:nmomose:20190220225627j:plain


これを見ると、合になった2~3個の天体が、「調停アスペクト」(180度・120度・60度の組み合わせによる直角三角形)と「Tスクエア」(180度と90度)を作っている。
これは非常に印象的でインパクトがあり、今月中では、この時が最も要注意かもしれない。


まさにその日に、胆振中東部でM5.8の地震が発生し、翌日にはエクアドルでM7.5の地震も起きた。
これまでの天体配置と地震の発生の関係の研究では、なぜか占星術で「調和アスペクト」(120度、60度など)と「不調和アスペクト」(180度、90度など)が組み合わさったときに、大きな地震が起きやすい(トリガーとなりやすい)のではないかという感触をもっている。

スーパームーン

以上書いたことですでに説明済みかもしれないが、フッガービーツ氏もLove Me Do氏も、言葉では出していないかもしれないが、占星術を基本としているということで、スーパームーンというのが前提にあっての予測だったのかもしれない。
そしてもちろん私も、2/20のスーパームーンが前提にあって、その前後を調べたところ、2/21が最も警戒すべき日と結論を出したのだ。


いつも書いているように、スーパームーンだからといって必ず大きな地震が起きるわけではない。
今にも大きな地震が起きるような歪なりがあって、そこへ最後の一押しとしてトリガーとなるということ。
それは、一部の地震学者もメディアに対してコメントしている通りだ。


今回は1/21、2/20、3/21と3回続くスーパームーン満月ということで、その意味ではやはり3/21も注意が必要だろう。


以上のようなことは、北海道とエクアドルと、たまたま大きな地震が続いただけで、天体配置とは関係ないのではないかと思う人もいるかもしれない。
私もそれに反論するわけではなく、その可能性も常に考えている。
だが、全く可能性がないと思っていれば研究は続けないだろうが。

磁石落下装置

これについては特に補足することはないが、今日も夕方に帰宅した後で、磁石落下装置が何度かずれ落ちていた。
だが、PCラックに振動を与えたためかもしれず、上に戻すと何とかとどまっているレベルだ。
なので、完全落下とまで言えないかもしれない。


これは皆さんも簡単に家で作れるものなので、試しにやってみてください。
私が使っているようなPCラックの柱や、スチール製の家具などがあれば、そこに束ねた紙を百均で買えるマグネットで止めるだけのものです。


【写真】昨年9月の落下時のもの。


コツとしては、1枚ずつ紙を増やしていって、するすると滑り落ちるようになったら、紙を1枚2枚と減らしていって、なんとか留まるポイントを探すこと。
もっとも、実際に地震前兆があって磁力が弱まっている時には、これをやらない方が良いかもしれない。
…といっても、その判断は中々難しいだろう。

ハムスターの運動量

これも補足すべきことは少ないが、今朝のちび子の運動量は、以下の通り。


https://www.instagram.com/p/BuPqi1sldku/
【ハムスター】2/24朝、カウンター値:729。指に食べ物の匂いがついているとかじられる。ハムスターの知能ってそんなもん 。 @kokanranger 報告 #hamster #地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター #地震予知


蛇足になるが、ハムスターに噛まれて血が出たりすると病気になる場合もあるので、注意が必要だ。
幸いにして、うちのちび子は噛んでも甘噛みなので、血が出たことはなかった。
噛まれたり過度の接触は危険というのはイヌやネコなど他のペットにしても同様で、気をつけた方が良いだろう。


昨日が274回、一昨日が27回と少ない状態が続いているが、いろいろ環境が変わった部分があって、少ないのは地震前兆の有無以外に理由があるのかもしれない。

百瀬の頭痛体感

トカナで書いたように、2月17日の午後からひどい頭痛があり、コーヒーや頭痛薬でも完全には収まらなかった。
「頭痛ーる」では特に警告が出ていなかったので、低気圧接近要因はないために、地震前兆だろうと判断できた。
それで、「2/20~21あたりに地震が起きるかもしれない」と予測していた。


もっとも、いつも書いているように、頭痛体感でも関東内陸でM3~M4クラス、茨城や千葉など沖合でM4~M5クラスという場合が多く、そんなに心配する必要がないことが大半だ。


体感に対応して地震が起きる震源までの距離については、ずっと慎重になってきた。
昨年あたり、東北のM5~M6クラスでも体感することがあるようだと、やっと認めるようになった。


だが、今回の胆振中東部のM5.8の地震についても、いままで北海道でM5クラスで体感があるとは考えていなかったが、あるのかもしれないと思い始めた。
ネット上の体感する人々を観察していると、やはり思い込みではないかと思うことが多い。
もう少し科学的な側面から、電磁波なりの前兆を起こす力と距離の関係を考えてくれないかなと。

3月21日前後の要注意日~「カイト」型

以降に書くことは、このブログではまだ書いていなかったと思う。
今日のTOCANAの記事で、特に次回のスーパームーンも要注意だということを強調してほしいとの編集部からの依頼で書いた。


この記事を執筆するにあたり、3月21日の前後の天体配置を調べたところ、前日3月20日に「カイト」という特殊なアスペクト(角度)になることがわかった。
この日が最も警戒すべき時だろうと思う。


3/20~3/21未明頃までに、下記の図のような天体配置となる。


f:id:nmomose:20190224215232j:plain


上記の図で、月-土星・冥王星-火星がグランドトライン(120度の組み合わせによる正三角形)を作り、更に月と海王星・水星・太陽がオポジション(180度)となって「カイト」つまり洋凧のような形となる。
これは過去の世界で起きたM8超の巨大地震の時によく見られるパターンだ。


更に、TOCANAで書き忘れたが、月-海王星・水星・太陽に木星とのスクエア(90度)が絡んで、「Tスクエア」もできるので、何重にも要注意な天体配置だろうと思う。


以上は、もちろん、また間近になったらこのブログで警告するが、覚えておいていただきたい。

七曜高耶さんも予知夢を見ていた

これは2/22のTOCANAの原稿執筆に間に合わずに書けなかったが、昨日2/23の記事で書いたように、七曜高耶さんはこの地震の予知夢を見ていたと思われる。


この人は、自分的には日本有数の予知能力者、特に予知夢で秀でた人だと思っていて、もっと知られても良いのではないかと思っている。
それを実現するために、何らかの形で行動に出るつもりだ。


※現在(2/24 22:20)、かなり強いセミ鳴きの耳鳴りが続いていて、明日あたり関東近辺で地震がありそうです。


【参考】


https://www.instagram.com/p/BuQPopFFWxC/
多摩六都科学館なう。年間パスポートを買ってるから年に数回行かないと損。Tama Rokuto Science Center now.#多摩六都科学館 #愛弥美


https://www.instagram.com/p/BuQQgUaliPH/
【多摩六都科学館】子供たちを遊ばせている間も仕事をすることがある。ボーッと生きていたら執筆・ブログ・研究・家族サービスとマルチにやるのは無理。#多摩六都科学館 #マルチタスク人生


https://www.instagram.com/p/BuQt1LpFgez/
先日買ったワンショルダーのカメラバッグ、CANON X7ダブルズームセット、Kindle HD 8、ASUS 11.6インチノートPC等を入れるとズッシリ来るが何とかタイ旅行で使えそう。一つの買い物するにもメッチャこだわりがあって、この辺も発達障害グレーゾーン的かなと。でもこだわりが強いからこそ物書きや研究家をやっていられるのかも。#カメラバッグ #canoneoskissx7 #発達障害 #発達障害グレーゾーン #ASD


https://www.instagram.com/p/BuQvcThlyRM/
【多摩六都科学館】ここは多摩北部の西東京市、小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市が共同で運営し、ギネス記録のプラネタリウムもあり、子供たちが遊びながら自然などを学べて1日中楽しめるが、あまり知られていないのが残念。西武新宿線・花小金井駅の他、田無、ひばりヶ丘、吉祥寺などからもバスがある。At Tamarokuto Science Center.#多摩六都科学館 #サイエンスエッグ #科学館

Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email