探求三昧 - 地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・予測関連Web/ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・防災などを探求するWeb・ブログ

【地震予知】東海は注意?~ミシェルさんの夢と「伊勢湾トライアングル」の新情報~ラグーナテンボスが地震で破壊?

f:id:nmomose:20190313220339j:plain


南海トラフ巨大地震に絡む「伊勢湾トライアングル」の大地震・津波の件で、ミシェルさんが「ラグーナテンボス」が大地震で破壊される夢を視たが、それについて新たな情報が入ったので紹介する。

【目次】

 

「伊勢湾トライアングル」

毎回こういうことから説明するのも面倒だが、このブログは検索から迷い込んでくる人が多いので、仕方ない。
Twitterやブログで体感や夢ビジョンで地震予測するので有名な大分県のミシェルさんと、地震予知夢やヴィジョンが現実になることもある私が、5年前に「赤い鳥居」のビジョンを視た。
その後に、二人別々にマップダウジングで地震予測をしたところ、同じい伊勢湾のあたりがヒットして、そこを結ぶと三角形になることから、「伊勢湾トライアル」と呼ぶようになった。


ここまでは、二人とも相手がそういうことをやっていたことを知らず、不気味にオカルト的なシンクロだった。


伊勢湾周辺には活断層が多く、また北の方へ行った岐阜県あたりまでは、国内最大の内陸直下地震となった濃尾地震(M8.0)が起きていたり、最近も岐阜県で地震が起きていた。
また今年の元旦に、私は東海地方で大地震が起きるヴィジョンを視ていた。

ミシェルさんの夢

そしてさらに、今月に入ってミシェルさんが、これまで視た夢を教えてくれた。
その3/7に教えてもらった夢を、以下に再度示す。
(改行は百瀬)

たまに変な夢を何度か見る。
ある日の昼頃電車に乗る。
到着した場所は大正や昭和ロマン漂う時代の忘れ物のような建物の駅で、駅員さんから12時46分の電車には間に合うようにと言われる。
既に12時過ぎに到着しておかしな事言うもんだと若い人groupの人達と首を傾げながら、外に出ると、オランダ風な建物と風景が目に飛び込んできた。
棚田のように建物が密集してて、左側の山から駅を出た感じ、谷には川が、流れ右側にはオランダの建物が目立つ。


一件一件戸を叩きながら、早く急いで下さいと言ってまわる私は脚元に散乱する板切れのような看板に目をやるとンボスと書いてある千切れた看板がある。
ハウステンボス?山があり、谷があり、山で挟んでるすこし先にはマリーナが見えた。これまた福岡のマリゾンのようだった。
何度か観た佐世保のハウステンボスとは違った印象がある。


三度の似たような夢を、つなぎ合わせた記事だけども伝えておきます。
愛知にもハウステンボスに似たような場所があるらしいし、お袋が過ごした台湾花蓮にもあるらしい。変な夢ばかり…。
一件一件必死に急いで下さいと言って焦っていた私がやけに印象に残る揺れだった。


「ンボス」と書かれた、破壊された看板の描写が不気味で、ミシェルさんが何度か訪れた長崎ハウステンボスとは明らかに違う光景だったという。

ラグーナテンボス

その後にミシェルさんは、友人から愛知県にラグーナテンボスというテーマパークがあると教えてもらった。
そこで、この大地震は、現実に起こるならば、場所はラグーナテンボスである可能性が高くなってきた。


ラグーナテンボスの場所は、伊勢湾トライアングルの東の一角に近い。
(三角形の内側の緑色の家のアイコン)
その周囲では、過去に4回ほど、内陸の大地震が起きていて、その一つが三河地震だった。
それらの位置関係は下記のマップの通り。
赤いラインは活断層を示しているが、描かれているものがすべてではなく、他にも活断層はある。


f:id:nmomose:20190307224049j:plain
 

「山」もあった

ラグーナテンボスには、ミシェルさんが夢で視たような「オランダ風な建物」は下記の写真のようにあるが、もっと牧歌的な小さな建物かもしれない。
また、「風車」は検索したが、ないかもしれない。


ただ、私が疑問に思ったのは、「棚田のように建物が密集してて、左側の山から駅を出た感じ、谷には川が、流れ右側にはオランダの建物が目立つ」といった描写に合ったところは、ないのではないかと。
海沿いのパークだから、山はないのではないかと、勝手に思って前回の記事を書いてしまった。

ラグーナテンボスにも「山」があった

だが、愛知県の読者からメールで情報が入った。
それによると、ラグーナテンボスへ徒歩で向かう場合に、最寄り駅となる東海道線の三河大塚駅では、列車がトンネルを通って、出たところで、「山」と言えるかわからないが「小高い丘」はあるという。


下記のGoogleの衛星写真で見ても、東海道線の北側には丘陵的な緑地帯が広がっているのがわかる。


f:id:nmomose:20190313230302j:plain


また、ラグーナテンボスの北側から北の方を見ると、下記のGoogleストリートビュー写真のように、山並みが広がっている。


f:id:nmomose:20190313231333j:plain


このように他人が色々言っても、ミシェルさんがどう思うかが重要だろう。
後日、印象を聞いてみることにしたい。


いかにもオランダ風な建物や風車がないのが弱いところだが、他にハウステンボスとここ以外に「ンボス」が付く名前など日本に無いのではないか。
情報を提供してくれた方によると、愛知県には犬山市にリトルワールドという世界各国のパビリオンがある常設テーマパークや、明治村という明治時代の貴重な建築物を移植した体験型博物館もあるという。


明治村だったか、過去に社員旅行か愛知万博のときだったか忘れたが、行ったことがあるかもしれない。
「ンボス」のこだわりから離れれば、そういうところも候補に入れられるかもしれない。


今日はかなりピンポイントな記事となったが、このへんで終わりにしたい。

今日の前兆現象・地震予知情報

ちび子の運動量だけ。


https://www.instagram.com/p/Bu7gR6xgpwQ/
【ハムスター】3/13朝、カウンター値:811。耳鳴りが強いままで、まだ揺れない? @kokanranger 報告 #hamster #地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター #地震予知


揺れる揺れる詐欺と言われるかもしれないが、今日も右耳で強い耳鳴りが続いているのに、関東はやけに静かだ。
今回は地震前兆とは別要因なのかもしれない。


ただ、電磁波測定器の渡辺さんによると、いま日本はどこで揺れてもおかしくないくらい電磁波が強くなっているという。


ヒプノセラピスト・マリアさんのブログで、高松、徳島、滋賀の地震を当てた小学生が、3/14に地震が来る夢を視たと。
念のため、情報として。


今日の紀伊水道M5.2、最大震度4の地震のことや地震予測的なことも書きたがったが、時間切れになった。


https://www.instagram.com/p/Bu7ae8AAqDV/
【花粉症対策】溝口徹著『アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる!』(青春出版社)。花粉症やアトピーなどアレルギーに悩む人も、糖質つまり砂糖や白いご飯やパンを徹底して制限すれば解決する。アレルギーは糖質過剰が原因だから!私も昨年は花粉症があったけれど、今は甘いものやご飯を極力減らして今年はまったく発症しない。奥さんはそれをやらないから苦しんでいる。頭を使いましょう!If you suffer from allergies - Kafunsho or atopy, you can fix it by limiting the sugars and carbohydrates, because allergies are caused by excessive intake of carbohydrates!#花粉症 #花粉症対策 #花粉症予防 #アレルギー #アレルギー食 #アトピー #糖質制限 #溝口徹 #allergy #heyfever #atopy #carbohydrates #sugarcontrol


アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる! (青春新書INTELLIGENCE)

アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる! (青春新書INTELLIGENCE)


https://www.instagram.com/p/Bu8k3kUA0E8/
【花粉症】溝口徹著『花粉症は1週間で治る!』Amazonでベストセラー1位。喘息と花粉症で苦しむサルちゃんのために買おうと思う。先ほど同医師の2013 年刊の『アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる!』を紹介したが、こちらは花粉症に特化して、最新の研究成果に基づく。糖質制限と、ヘム鉄やビタミンDなどの補給が決め手のようだ。#LINE2 #溝口徹 #花粉症 #花粉症対策 #アレルギー #喘息 #アトピー


花粉症は1週間で治る!

花粉症は1週間で治る!


https://www.instagram.com/p/Bu7W-kxA5Ej/
【愛弥美】左は私の1歳の頃だが、ずっと妹の写真だと思っていた。右はあやが3歳の時。サルちゃんに見せたら「そっくり。女の子みたい」とウケていた。The left photo is when I was 1 year old. Right is when Ayami was 3.#愛弥美


【動画】仕事場を公開。埋め込むとちょっと問題なので、リンクだけ。
⇒ここをクリックで動画再生


Don't stop me nowって、誰も止めてない?

Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email