探求三昧 - 地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・予測関連Web/ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・防災などを探求するWeb・ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




【前兆】リシルさんが南海トラフで震度4~5の体感+熊本地震から3年~前兆現象はあったか?


f:id:nmomose:20190414230605j:plain


リシルさんが緊急で、南海トラフで震度4~5の地震が起きると予測している。
また、熊本地震から3年たったが、あの時に前兆現象はあっただろうか。
また、どういうことに気を付けていれば被害をより小規模に抑えられただろうかということを考えてみたい。


【目次】

 

熊本地震3周年

3年前の今日、2016年4月14日に、熊本地震の前震が発生し、2日後には本震があり、合計2万5千人以上の犠牲者が出る被害地震となってしまった。


2016年4月14日21時26分に、M6.5、最大震度7の前震。
2016年4月16日1時25分に、M7.3、最大震度7の本震。


冒頭のアイキャッチ画像は、地震発生後の熊本県の宇土市役所の写真。
市役所は、本震の震源から10km弱くらいのところにあった。


これを見て、デザインは良いけれど、こういう地震にもろい建物を作ってはいけないなと感じた。
築年数は、それほど経過していないように見える。


これと似た感じで、わざと地震で損壊したようなデザインのビルもあるが、パッと見はそういう感じ。
特に、被害地震が起きれば被災者をサポートしなければならない市役所であれば猶更で、病院や学校と同様に耐震設計をしっかりしないといけない。

前兆現象は?

熊本地震の前兆現象だが、残念ながら九州の人々は関東などに比べて、民間で地震の研究をしている人や地震に関心を持っている人が圧倒的に少ない。
そのため、前兆現象的な情報が中々集まらない。
さすがに熊本地震を経験して、そういう人々が増えてきてはいるだろう。


そんな中で、熊本地震以前からネット上で体感や夢ビジョンなど様々な情報を提供してくれていた大分県のミシェルさんは、非常に貴重な存在だ。
ミシェルさんのことは、あとで紹介する。


そういうわけで、「大きな前兆地震は無かった」と言い切るには躊躇する部分があって、実際は「大きな前兆現象を研究・報告してくれる人が少なかった」と言った方が良いかもしれない。

諏訪で頭痛体感があった?

熊本地震の直前に、われわれ家族は諏訪にいた。
3年前に行われていた6年に1度の御柱祭・下社山出し祭のためだ。


その時のブログ記事を読み返すと、その時に諏訪で「体感」していたようだ。
前震の3日前の2016/04/11に書いた記事で、4/9(土)午後に諏訪を旅していた時に、軽い頭痛が続いていて、コーヒーを飲んで紛らしていたと書いていた。



その記事を書いた日である4月11日 2時9分に、長野県南部でM2.4、最大震度1の地震が起きた。
こんな取るに足らない規模の地震について書いたのは、4/9の頭痛が体感だった可能性を考えたからだ。


だが、もしかすると熊本地震の前兆だったのかもしれない。
判断が微妙なところだ。
東京から熊本までは800kmほどあるが、長野からだと多少は近くなるが、それでも遠いので慎重になる。

大阪でコイが暴れていた

上記の記事で書いていたが、4/9 13:00頃から、大阪で大量の鯉が暴れていたという。
これも微妙なところだが、500kmくらいの距離でM6.5とM7.3の前兆の可能性は、あり得るだろう。


とにかく九州の人たちがこういう報告をしてくれないので、このような遠方で起きた前兆かもしれない現象を検討しなければならないのだ。
だが、それを批判するつもりはなく、それだけ大地震が少ないのだから、無理もないだろう。


阪神・淡路大震災にしても熊本地震にしても、西日本では関東や東北に比べると呑気に構えている人が多そうなので、いったん大地震を体験したならば、それを機に防災などを心がけていただきたいものだ。

電子機器の異常

その他の宏観異常現象かもしれないこととしては、2016/04/10の記事で書いた電子機器の異常がある。



その後に起きた本震は、まさかの大地震だった。
下記のように、ここ東京都小平市も震度1の揺れとなったのだ。


f:id:nmomose:20160416015158j:plain
 

ミシェルさんは体感していたか?

次に、大分県のミシェルさんは、熊本地震の発生前に、どんな体感があったのだろうか。
2週間くらい前にさかのぼっていくと、2016-04-02 06:12の「体感」という記事で、下記のような記述がある。

昨日から現在の体感ですが、強いものは感じません。ただ昨夜に背中まで響く火山系体感が3回ありました。阿蘇山近くの地震や桜島噴火と九州火山系が騒がしいです。


ということで、「阿蘇山近くの地震」を予測していた。
また4/12の7:34には、Twitterでこうツイートしていた。

夢ビジョン
夜、寝室で震度4~5の揺れ。 地元の可能性。


前震の前日4/13には、こうある。

昨日夜中耳鳴り強い感じでしたが、今朝も継続中です。早朝の奄美付近の地震とは別に、九州南部~沖縄方面まだ強い規模あると思います。

ダウンしていた

そして前震当日4/14未明0:38には、こうツイートしていた。

こんにちは、ダウン状態で仕事しています。眼の霞がひどく九州南部~沖縄方面が強くなったりですのでこちら方面の海外か国内かあるいは、別の海外なのかな。


というように、何らかの体感があったようだ。
というか、前日に「ダウン」するほどの強い体感があったということのようだ。


更に、4/14 23:06のツイートでは、「熊本県熊本地方M6・4 余震体感多いです」と書いていた。
これが、実は余震ではなく、本震だったのだが、これも体感していたようだ。


このように、ミシェルさんは九州だけでなく西日本、更に東日本や海外の地震にも体感や夢ビジョンで教えてくれることもあり、貴重な存在だろう。

リシルさんの体感

この記事を締める間際に気が付いた。
リシルさんが今日2019-04-14 09:37の「南海トラフ」と題した記事で、下記のように書いている。

震度4~5の揺れに御注意下さい❗
ameblo.jp


相変わらずの1行ブログだが、もちろん「南海トラフ巨大地震が起きる」と言っているわけではない。
震度4か5程度で終わるはずはない。


その付近で、その程度の規模の地震が起きそうだということだ。
リシルさんは、起きる場所を当てるのはあまり自信がないと日ごろから言っているので、実際は南海トラフ以外の震源を想定しておかなければならない。
その場合でも、(東京からの)方角はおおむね合っていたということがあるので、やはり西日本の方が注意した方が良いだろう。

今日の前兆現象

まず、ちび子の運動量だが、すごく少なくなった。


https://www.instagram.com/p/BwN7BL3BiWZ/
【ハムスター】4/14朝、カウンター値:194。 @kokanranger 報告 #hamster #地震予知 #ハムスター地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター


また、私の頭痛体感は以下の通り。
まず4/13夜の投稿。


https://www.instagram.com/p/BwMuXFOhrmi/
【体感】4/13今日は昼頃だったか軽い頭痛が始まり夜まで続いていたが、頭痛薬を飲むほどではなかった。頭痛ーるアプリでは夜から「注意」期間に入る。#地震予知 #地震前兆 #体感 #頭痛ーる #LINE


そして先ほどの投稿。


https://www.instagram.com/p/BwPQ7ClBzW4/
【体感】4/14今日は朝から昨日からの頭痛が続き、昼食後に2回ほどコーヒーで散らしたが、まだ完全に収まらず。サルちゃんも昨夜から頭痛で眠れなかったそう。気圧要因が強く、恐らく地震が起きても小規模か関東より遠いのかも。#地震予知 #地震前兆 #地震予測 #LINE


というように、大きな規模ではないかもしれないが、場合によっては「夫婦シンクロ体感」かもしれない。
リシルさんの体感のように、西日本で揺れるならば、こちらの体感が弱いことは納得がいくだろう。


複数画像の投稿。


https://www.instagram.com/p/BwO87UdhynB/
サルちゃんがチェンマイの夜市で買った、「黒猫のストラップをつけた黒猫のiPhoneケース」を持って。あーややこしい。うちの奥さんの精神年齢がわかりそうな…。😁Saru with the black-cat-wearing-black-cat-strap iPhone case.#iphoneケース #かわいいiphoneケース #ネコ #iPhonecase #kawaii #cat #cuteiphonecase


https://www.instagram.com/p/BwPBJ6cB0zi/
【所沢航空発祥記念館】映画「愛をのせた熱気球 大空を彩どるとき フランス」を見て感動。白血病で死を宣告された7歳の少年が熱気球に乗ったことで明るくなり希望を持ち、6年後の大会で元気になっていた。心が変われば癒しが生じることは抽象的な観念ではない。熱気球に乗ることで心が自由になる。かつてハンググライダーをやっていてよくわかる。空を肌で感じたことがある人しか知らない世界観の激変。#熱気球 #所沢航空発祥記念館 #白血球 #癒し #LINE2

Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email