探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也の地震予知・防災・スピリチュアルなど探求Web/ブログ

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・防災・精神世界等を探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




【地震予測】ミシェルさんの寄稿:月の位置による大地震の予測法~西マサヤさんとDandyさんの手法


f:id:nmomose:20190417212020j:plain


大分県のミシェルさんから、地震予測の手法について寄稿してもらったが、これは西マサヤさんとDandyさんというTwitterなどで知られる二人の地震予知について紹介したもので、主に「月の位置」による大地震発生の予測について書かれている。
提供されたデータを含む内容を吟味しつつ、自分のコメントなどを加えて紹介したい。


【目次】

 

ミシェルさんからの寄稿

以下に紹介する内容は、3月下旬に大分県のミシェルさんから送られた文章を私が多少編集したもの。
私が3/20~4/3にタイの家内の実家へ帰省している間のことで、そのために内容の解析や編集が遅くなってしまった。


そもそも、なぜミシェルさんがこのような内容を書いてくれたのかというと、TwitterのTL(タイムライン)でやりとりしているDandyさんと西マサヤさんとの対話で、地震予測に関しておもしろい発見があり、自分がブログで書くよりも、百瀬さんの方が詳しく解説してくれると思って、送ってきたという。


まず、以下は3/31に送られた内容。
なお、私が誤字脱字の修正、校正、改行の追加などを行っている。

はじめに

北海道胆振地方地震は調査委員会の報告では2018年9月6日 03 時 07 分に北海道胆振(いぶり)地方中東部の深さ約 35km でM6.7(暫定値)の地震が発生した。
この地震により胆振地方で最大震度7を観測し、 被害を伴った。
この地震の発震機構は東北東-西南西方向に圧力軸を持つ逆断層型で、 地殻内で発生した地震であるという事ですので、現存する活断層が、ずれて発生したものではなく陸下のプレート内部の地殻が破壊されて起きた地震と評価しました。


これは調査委員会が把握する断層とは想定外のプレート内の地殻が破壊されて起きたと言えるので、政府が公表する、確率を割り出す事が出来る活断層とは違い、日本全国のどこでも発生の可能性があり、いつどこでの把握が出来ない地震となる。
つまり、北海道胆振地方地震は全国で明日でも発生する確率が高いという事になり、私達は南海トラフ大地震以上に地域に密着しているプレート内での地殻破壊型地震も考えて、震度7の大難を震度6の小難にする備えが必要だと思っています。


今回は専門家でもない私が考えて書稿するのも烏滸がましいのですが、地震宏観現象にもっとも詳しい百瀬さんに監査的に見ていただいてもらいたく寄稿させていただきました。
記事の内容は南海トラフ地震級をデータと夢ヴィジョンを考察して寄稿する予定でしたが、思いのほか長文になった為、まずはデータで情報を提供している方を代表で取材させていただき、百瀬さんに寄稿させていただきます。

Dandyさんと西マサヤさんとのやりとり

私は体感やビジョン以外は地震のデータ等には詳しくなく、Twitterを開いた時にたまにTLで流れてくるデータを目にするのですけれども、今年の1月頃いつも通りTwitterを開くと沢山のTLからある2人のやりとりが目に入りました。
1人はDandyさんで、ばけたんツイートでよく知られる方も多いと思うし、Dandyさん所有のばけたん点滅ツイートを合図に、『OKヴィクトリカ発震注意』のやりとりが軽快でよく見かける人もいると思いますが、地震研究者としては私がブログを開設する以前からTwitterをされていて的中させた地震がある。


2013年4月13日、兵庫県淡路島でM6.3最大震度6弱の直下型地震が発生し、阪神、淡路島震災以来の震度6弱以上の激しい揺れを観測した地震が起きた時、Dandyさんは1週間前の4月6日に「昨夜のロシア深発M6とパプアM7を線で引いてみよう。次はその線上で起きますわ」とツイートして地震を的中させた人で百瀬さんのハピズムやブログ記事で何度か紹介されている。


【百瀬注】ハピズム:2013/04/16にハピズムに掲載された下記の百瀬の記事のこと。

 

太陽フレアと地震

Dandyさんは最近では3月2日根室半島南東沖M6.2最大震度4の地震をばけたんで探知成功して情報提供しています。
そのDandyさんとTwitterでやりとりしてる方は、西マサヤ太陽フレアインパクト地震予測さんで、西さんは『私の肩書ですけど、地震予測ボランティアです。4月からNPO法人のECOと防災関係の推進員と講師。本本業は牛飼い』と、元海上自衛隊員で現在は本業とともに介護福祉士と連絡ありました。


いつも見ているのは太陽フレアでフレア観察は、昨年12月から始め、今のレベルになり、さらに研究を続けて地震の時間を当てられるようになりつつあるとおっしゃってました。


そして3月1日夜のTwitterでは北海道根室沖のM6地震において、完全予測を初めて行い的中されています。
いつも見てるのは太陽フレアで、2日から4日くらいで到達します。


【参考】太陽フレアグラフの表示

太陽フレアの種類

フレアの種類には、以下のものがある。


I型:高速のフレアで3段階でM7クラス
I\型:中速フレア。Cクラスでスロースリップを引き起こす。
へ型:低速フレア。
人型:中速フレア。
II型:M5


日本国内の大地震の条件:
フレアI型:太陽風400Km/S以上
3日以内に、フレアのA、B、C、M、X、の内の3段クラスの爆発がある事。
月の歳差が2以上と専門的にフレアについては知らないと、わからない数値が出たりしますが、
日本国内、26年間震度6以上の地震の56地震の前兆解析


下記のExcel表は、前兆を解析した結果となる。


【参考】Google Drive上に置かれた地震データ(Excel表)


◎西 マサヤ太陽フレアインパクト地震予測さんのTwitter
https://mobile.Twitter.com/jp3dxz
 

月が北半球に入る時に大地震が起きる傾向

Dandyさんは、月が北半球に入る時に過去の震災級が起きている事に注目し、例外も3回あり、その点についても後述で図を作ってくれている。
赤道は0°なので、赤道から-17° の位置で例外で震災級が3回あったと説明してくれました。


地球--------------
   南半球           )-17°
                       月


上記は簡単に説明したものですが、下記はDandyさんが作ってくれた模式図です。
解りやすく赤緯と震災・発震について模式図を作ってくれました。


月が赤道を通過して南北半球に移動通過するのを確認するには、下記のastroartsのサイトから確認できます。


【参考】AstroArts 天文カレンダー


◎DandyさんのTwitter
https://twitter.com/qDandyp

月の高度

私がTwitterでDandyさんと西マサヤさんのやり取りで、月の高度が気になる事、そのあとに月が北半球に入る時は過去の例で震災が起きている事を述べています。
冬は、太陽高度が低く、月と方向重なる事が多く、春は太陽と月が90度辺りで、1日の潮の満ち引きが2回来るので、大地震の原因の一つだと思います。
太陽は27日で周りますから、後10日もすればまた黒点が周り、地震が起きやすくなる可能性があると西さんが答えていましたが、


これは百瀬さんが言う、南海トラフ地震は過去12回発生した内6回は寒候期の11月〜12月に集中している事と一致しているので、私なりにはストンと入った言葉でした。

南海トラフ巨大地震

南海トラフ大地震は黒潮の大蛇行期間中には起きないという事を百瀬さんは過去の地震からデータを考察して、自身のブログとTOCANAで報告されています。
現在黒潮の大蛇行は2017年から始まり、今年3月現在で1年6ヶ月とまだまだ収束する気配か感じられませんが、収束後数ヶ月内でM7クラスの地震が発生するする事を過去のデータから報告しています。


という事は、南海トラフ大地震は暫くこないという事で胸を撫で下ろしても、前述のように陸下プレート内の地殻破壊は日本全国いつどこで起きても不思議でないと北海道胆振地方地震からも教訓として考え日頃の備えは大事だと思います。


私も3年前に北海道十勝沖地震らしいビジョンを視た後に、ダウジングにより十勝函館付近が気になり、北海道地方の過去の地震を調べてみると、網走沖も含めて周辺の地震が大小関係なく発生して活動が活発になると、胆振、択捉、千鳥付近の断層に影響を及ぼすことを知り、3年前の2016年9月のブログ記事にはいずれ北海道南部〜東部は震災が起きる事を報告しました。
しかしそれは活断層からの私観で実際は日本全国どこでも可能性のある地震でした。


こうした理由もあり、Dandyさんや西さんや他のデータを報告して下さる方々、百瀬さんの最新地震予知前兆を参考にするのも大事だと思います。

月が北半球にある時に「大震災」が起きやすい

今回色々説明して下さいましたDandyさん、西マサヤさんは、震災級は月が北半球にある時に起きやすく例外も3回ある事の理由もわかり、大きな地震には、コロナ質量放出(CME)が絡んでいて、それを見つけられば、大地震は怖くありませんと教えてくださいました。


また、備えについて東日本大震災を経験された方から、宮城沖地震は必ず来ると言われていましたので、備えをしていたそうですが、まさか311のような地震が来るとは思わなかったそうですが、備えていましたので安心感が違っていたといいます。
食料は1週間といわず、1カ月分の準備が良いと思いますと、手痛く厳しい感はありますが、体験したからこそ言えると思いますので、震度7の大難を震度6の小難にする備えは家族内の環境も考え今後の地震にたいしての備えを早期にすべきだと思います。

3/31に受信した追記

西さんから体感、月緯度、スーパームーンとの絡みで追加がありました。下に添付します。
体感の方は、、感じる理由がわからないのが最終的には、フレアと地磁気のグラフ見て納得されるかたが多いです。磁力を感じてるのはうすうすわかってましたが、やっと地震予知から予測になりつつあると思います。


冬は、新月が歳差が3、春は上弦の月と下弦の月で歳差2が影響が大きいようです。
(画像添付します)


f:id:nmomose:20190417221615j:plain


【百瀬注】上記の図の参照元は下記ページと思われる。


水平力に、力が働くと、プレートに力がかかりやすいとの考えなのです。
プレートの沈み込み角度は浅いですから。太陽高度は冬が低いので、月との合成引力は、大きくなると思います。それが、冬から春にかけて、条件が重なるで、そして例え1%の影響でも無視はできないスーパームーンとの絡みもあります。
1つの影響でも1%が10で10%それを数値化できるかが、信頼度を上げるコツだと思います。

百瀬のコメント

以上のミシェルさんの寄稿を読んだが、残念ながらまだ十分に吟味・検討する余裕がない。
そういう中で、気づいたことのみを書くと、以下のようになる。


太陽フレアと大地震発生の相関関係は、トリガーとなり得るものの一つとしてあり得ると思う。大きな太陽フレアがあるときに必ずしも大地震が発生するとは限らない。


「歳差」→「歳差の偶力(ぐうりょく)」と思われる。


歳差偶力の観点は興味深く、今後さらに調べたい。
まとめると下記のようになり、偶力の値が2以上(2か3)の場合は、それ以下の場合よりも大きな地震が起きやすいということのようだ。

春:上弦・下弦=2 > 満月・新月=0
夏:新月=3 > 満月・上弦・下弦=1
秋:上弦・下弦 > 満月・新月=0
冬:新月=3 > 満月・上弦・下弦=1


◎ミシェルさん提供のExcelにコメントなどを追記した版↓

 

南海トラフ巨大地震について

私がこれまで調べた限りでは、日本で過去の大地震で季節による発生時期の偏りがあるのは、南海トラフ巨大地震のみ。
それで、なぜだろうかと考えた結果として、「黒潮」が一つの答えだと気づいた。
今後は、親潮も探究の対象としたい。


南海トラフ巨大地震に限らず、現在発生中のエルニーニョ期間中及び終息後1年くらいは、大地震が多く起きる傾向があるようだ。


ブログで何度も書いているが、南海トラフ巨大地震発生の可能性が高くなるのは、現在発生中の黒潮大蛇行が終わり、かつまだエルニーニョ現象が続いているか又は終息の1年以内くらい。
(その後に起きなくなるわけではなく、あくまでも傾向)。

おわりに

Dandyさんと西マサヤさんの研究は、さらに探究する価値があると思う。
西さんとは、最近Facebookで友達になったが、このような研究の成果をブログなどでまとまった形で世に出せば良いと勧めたら、まだ研究途上なのでそれはやらないと答えられた。


一人の人間ができることは限りがあり、また能力の分野は人によって異なる。
「直観」と「理論」を得意とする人々が力を合わせることによって、一人の人間では限界があるアウトプットが出てくるかもしれないと、今回のミシェルさんの試みを見て思った。


私はそのどちらも中途半端かもしれないが、過去25年間のソフトウエア開発の経験から培ってきたデータ解析能力が現在の研究作業に役に立っている。
このように、自分の得意分野を持ち寄って複数の人々が研究すれば、さらに大きな発見が待ち受けているかもしれない。


【参考】
◎カレンダー 視位置計算(太陽/月) 月の赤緯などを自動計算
 https://www.mk-mode.com/rails/cal_tool/apos_sun_moon

フッガービーツ氏の最新予測

今日は長くなってしまったが、これだけは後日にというわけにはいかない。
オランダのフッガービーツ氏の最新予測が今日発表された。


4/16の月と他の惑星の2通りの配置からして、4/16~4/19に大きな地震が起こり得て、場合によってはM7.5超となり、酷ければM8超となるかもしれないとのこと。
これは2018/1/20~23の時と似ているそうだ。
現時点(4/17 22:30)では、まだそれほど大規模な地震は起きていない。

今日の前兆現象

ちび子の運動量は、少なかった。


https://www.instagram.com/p/BwVffi-h45A/
【ハムスター】4/17朝、カウンター値:320。 @kokanranger 報告 #hamster #地震予知 #ハムスター地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター


また体感としては、昨日に続き非常に強い耳鳴りが続いている。



https://www.instagram.com/p/BwVZT9Yhh9w/
【愛弥美】2年前の今日。このくらい肥えてる方がかわいいかな。オーバーオールも可愛いからまた着させよう。2 years ago. Overall jeans are cute.#愛弥美 #オーバーオール #overall #overalljeans


https://www.instagram.com/p/BwVi_RdBKWv/
【クイーン来日!】今日は「クイーンの日」1975年に初来日して、大盛況だったので世界がクイーンを知った。その日に重大発表。1月にクイーン+アダム・ランバートが来日公演を行う。ボーカルは米国のゲイでイケメンの歌手・俳優。ライブでは途中でフレディのヴォーカルに代わったりするのかな?Queen and Adam Lambert will come to Japan in next January for live.#クイーン #クイーン来日 #フレディマーキュリー #ボヘミアンラプソディー #queen #queenandadamlambert


クイーンのファンで、来日公演へ行く価値があるかどうかは、この動画を見てから決める?




Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email