探求三昧 - 地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・予測関連Web/ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・防災などを探求するWeb・ブログ

探求三昧 by 百瀬直也

【予知夢】富士山噴火の夢・ビジョン~ミシェルさんの夢~南海トラフ・首都直下地震などの連鎖


f:id:nmomose:20190427225053j:plain


昨日から河口湖に1泊旅行したが、その時のInstagram写真に大分県のミシェルさんからコメントがついて、自分も富士山噴火のビジョンと噴火の夢を視たという。
自分の分身かと思う人とまたシンクロがあったので、富士山噴火とそれに前後する大地震などの現実性を探ってみたい。



【目次】

 

「富士山噴火ヴィジョン」

まず、ミシェルさんの今日のブログ記事の前に、10日前の4/17の「富士山噴火ヴィジョン」と題した記事について書く。
ミシェルさんは以前から富士山に関する夢やダウジング結果などを何度もブログで書いている。


この日の記事によると、富士山噴火は「最後の審判」として起きるという神示をいただいているという。
何十年か前にも、富士山噴火の兆候が「向こうの世界」で出ていたのではないかと思わせる時期があった。
その時は、もしかすると「食い止められた」ということなのか。

 

「噴火の夢」

そして、今日の「噴火の夢(イラスト画像追記)」と題した記事。
すべて引用は控えるが、以下のような内容だ。


「百瀬さん」を含めた10人ほどの人々が、どこかの田舎の林間学校をやるようなところにいた。
その翌日の観光中で、ある保育園で、どこかで噴火した後の様子を描いた絵があった。
夢の中で、ミシェルさんと私がその噴火について話し合っているという設定だ。



非常に解釈が難解な夢だが、とにかくどこかの火山が大噴火するという設定だ。
ミシェルさんが描いた絵を見ると、ちょうど私が今日まで行っていた富士山近くの「忍野八海」を思い出した。
湖ほどではなく池のような光景ということで。
もし湖も許されるとすれば、今日まで湖畔に泊まっていた河口湖も含まれることになる。

ミシェルさんの富士山の夢ビジョン

ミシェルさんの過去記事を「富士山」で検索してみると、2016/11/29の記事が見つかった。
ピトリ様とのやりとりで、富士山が噴火する前に浅間山が噴火するとある。



また、2018/09/26の記事では、南海トラフ級巨大地震2018年~19年に引き金地震の可能性がある日向灘地震らしきもの(M7)が起きる可能性を示唆している。



ミシェルさんは以前から夢・ビジョン・神示・ダウジングなどで、富士山の噴火を一貫してリアルにあり得るものとして捉えていたようだ。

スズさんの夢

では、ミシェルさんと同じ頃である5年前の今頃ブログを開設した、「災害の夢ブログ」のスズさんはどうだろうか。
スズさんは、2014年春のブログ開設当初から、巨大地震や富士山噴火にまつわる夢をよく見ると書いていた。
その頃には、富士山噴火の夢をすでに3回見たと書いている。


前述のミシェルさんの10日前の「富士山噴火のビジョン」の記事によると、スズさんとミシェルさんは、富士山と阿蘇山の噴火を、「今年踏ん張り切れるかどうかですが、難しい状況」ということをやり取りしているとある(!)。


そこまで切迫しているのかという感じだが、そうなると、今回私が富士山へ行かされたのも、たまたまではないのかもしれない。
発端はサルちゃんが河口湖へ行きたいと言い出したことだったが、前夜にマップダウジングで聖地巡礼先を伺うと、出たのが富士御室浅間神社だった。


富士山噴火の守り神を祀る女神コノハナサクヤビメを御祭神としている由緒ある神社へ行かされたということは、やはりミシェルさんとシンクロしているということだろう。
以上の2人は、昨日の記事で抜けていた人として、紹介した。

松原照子さんの世見

他に、夢ではないが、世見ということで。


松原照子さんは、富士山噴火は何十年も先のこととは思えないと書いて、「312」の数字を挙げている。
最後の宝永大噴火の1707年+312=2019となる。


たとえ噴火ではないにしても、今年頃に何かしら噴火の兆候が見られるということだろうか。



 

富士山噴火とセットになる大地震など大災害

実は、過去に富士山が噴火した頃には、その前後に、南海トラフ巨大地震、関東の大地震、三陸沖地震、西日本の内陸地震といったところが10~20年の短期間で起きている。
以下に、そのパターンである災害シリーズをまとめてみる。

800年 (延暦19年)

797年8月14日:南海トラフ地震があった可能性
800年〜802年:富士山延暦大噴火
 

864年(貞観6年)6月~866年 貞観大噴火

863年7月6日(7月10日):越中・越後地震
864年:富士山貞観大噴火。阿蘇山噴火。
867年11月16日:陸奥国大地震
868年7月30日(8月3日):播磨国地震、M7台。
869年:富士山噴火
869年7月9日(7月13日):貞観地震(M8.3 - 8.6)、津波で犠牲者約千人、M9クラス説。
874年:開聞岳噴火
878年10月28日:相模・武蔵地震、M7.4。
880年11月19日(11月23日):出雲、M7。
886年6月29日(7月3日):伊豆諸島噴火。
887年8月22日(8月26日):仁和地震(南海トラフ全域説)、M8 - 8.5。

937年(承平7年)

937年:富士山噴火
938年5月17日(5月22日):京都などで地震(M7)。
946年:白頭山噴火。

1015年(長和3年)

1015年頃:富士山噴火
1026年6月10日(6月16日):万寿地震、島根県の日本海沖で巨大津波、M7.5~7.8、犠牲者千人以上。
1033年初頭:富士山噴火

1083年 (永保3年)

1083年:富士山噴火
1088年6月4日(6月10日):宮古付近で9回地震、大津波3回。
1096年12月11日(12月17日):永長地震(東海道沖または南海トラフ全域)、M8-8.5、犠牲者1万人以上。
1099年2月16日(2月22日):康和地震(南海地震?、機内?)、M6.4-8.5。

1435年または1436年初頭 (永享7年)

1433年10月28日(11月6日):相模地震、M7以上。
1435年または1436年初頭:富士山噴火

1511年(永正8年)

1510年9月11日(9月21日):摂津・河内地震、M6.5-7.0。
1511年:富士山噴火
1520年3月25日(4月4日):永正地震、M7.0-7.7、津波。

宝永大噴火 1707年

1694年:北海道駒ケ岳噴火。
1703年:元禄大地震(房総半島南東沖)M8.1
1704年:浅間山噴火。
1705年:桜島噴火。
1705年:霧島山噴火。
1707年:宝永地震(南海)、M8.4~M8.7
1707年:富士山宝永大噴火


こうしてみると、8回中4回で南海トラフ巨大地震(可能性含む)が起きていた。


…と、ここまで書いて寝落ちしそうで、メッチャ酷い眠気に襲われて頭が回らない。
というわけで、後日続きを書くことにする。



https://www.instagram.com/p/BwvFQmrhg3Q/
【河口湖】このホテル、結構古いが、全客室、食堂、大浴場から河口湖と富士山が眺められる。浴衣姿の愛弥美は中居さんたちに可愛がられてマスコット状態。Dinner and Onsen at the hotel.#河口湖 #富士山 #ホテル美富士園 #mtfuji #kawaguchiko


https://www.instagram.com/p/BwwCw_kBPvp/
【富士山聖地巡礼-2】4/27忍野八海浅間神社。ダウジングで指示されていないが独自判断。昨日に続き木花之咲耶姫命に富士山噴火鎮静を祈願。特別な聖地では祈っていて奥深く入って行く感じがする。#忍野八海浅間神社 #コノハヤサクヤヒメ #コノハヤサクヤビメ #浅間神社 #聖地巡礼

Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email