探求三昧 - 地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・予測関連Web/ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・防災などを探求するWeb・ブログ

探求三昧 by 百瀬直也

【地震】パプアニューギニアでM7.7の地震~フッガービーツ氏と長野県の直子さんが予知していた


f:id:nmomose:20190515090651j:plain

【海外大地震発生情報】
日本時間2019年5月14日21時58分、パプアニューギニアでM7.7の地震が発生した。
この地震をオランダのフッガービーツ氏と長野県の直子さんが予測していたので紹介する。

パプアニューギニアM7.7

地震の詳細は下記の通り。

Magnitude
M7.7

Time
2019-05-14 12:58:26 UTC
2019-05-14 22:58:26 +10:00 at epicenter

Location
4.211°S 152.481°E

Depth
10.00 km (6.21 mi)


https://www.instagram.com/p/BxccvOMhxW6/
【地震】日本時間2019/05/14 21:58、パプアニューギニアでM7.5(またはM7.6)の地震発生!オランダのフッガービーツ氏が14日頃にM7もあり得ると予測していた。この人すごすぎる。#地震 #地震予知 #地震予測 #LINE


震源は、パプアアニューギニアの東方、ビスマルク諸島のニューアイルランド島の沖。
同島の南西部の陸から5kmほどしか離れていない。
近くに町などがあれば被害が懸念されるところだ。

f:id:nmomose:20190515091607j:plain

なお、地震の規模はUSGSでは当初M7.7だったのをM7.5に訂正したようだ。
気象庁発表では、M7.7となっている。
日本への津波の恐れはないという。

フッガービーツ氏の予測

オランダの地震予知研究家フランク・フッガービーツ氏がこの地震を予測していたことは、下記の5/14の記事で書いた。

それによると、月と火星・木製・海王星の深刻な配置ができていて、5/14前後に大きければM7規模の地震も可能性としてあり得るとのことだった。
規模的には、そのまま的中した。

長野県の直子さんの予測

いつも海外、特に南太平洋あたりの地震を体感でキャッチすると、直後に実際に大きな地震が起きることが非常に多い。


直子さんが予測していたことは、下記の5/13の記事で書いていた。

5/11のFBグループへの投稿で、こう書いていた。

ガラス割れる音キャッチしました。
インドネシアの周辺からニュージーランドの辺まで気をつけてくださいね。あと台湾も気をつけてくださいね。


インドネシアからニュージーランドまでということで、パプアニューギニアも範囲に含まれていた。
直子さんは台湾の他に追加で、東北も気になると書いていた。

太平洋プレート境界付近が注意

今回の地震は、下記のマップでわかるように、太平洋プレートの境界付近で起きたものだった。

f:id:nmomose:20190515092912j:plain

そのため、直近では日本付近でも太平洋プレート境界沿いの東日本の太平洋側あたりで注意が必要だ。
長期的には、フィリピン海プレート上も注意が必要なのは変わらない。


Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email