探求三昧 - 地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・予測関連Web/ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・防災などを探求するWeb・ブログ

探求三昧 by 百瀬直也

【前兆】ペルーM8.0地震の3日前リュウグウノツカイが座礁+「無人チャイム」は地震前兆→関東まだ揺れそう


f:id:nmomose:20190528175358j:plain


5/26にペルーで起きたM8.0の巨大地震の前に、同じペルー北部の海岸に「地震魚」として知られるリュウグウノツカイが座礁していた。
また、ここ数日で千葉など関東で地震が相次いでいるが、我が家で「無人チャイム」が鳴るのと同期しているため、過去にさかのぼって地震の前兆現象かどうかを検証する。


ペルー北部海岸でリュウグウノツカイ座礁

まず、ペルー大地震の前兆だが、5/23にペルー北部マンコラの海辺を歩いていた人が、リュウグウノツカイが海岸に打ち上げられているのを発見した。
下記の写真が、そのリュウグウノツカイ。

f:id:nmomose:20190528180010j:plain

下記のYouTube動画では、其の他の写真も見られる。

海外でリュウグウノツカイが出現した時には、多くの場合ニュースで、「日本では大地震の前に現れると信じられている」などと紹介される。
それを言うならば、この魚を「地震魚」と呼んでいる台湾の方が良いのではないかと思うが。

f:id:nmomose:20190528192650p:plain

地震前兆だったか?

下記のGoogleEarthマップ上で、5/23にリュウグウノツカイが見つかったマンコラの位置とM8.0巨大地震の震源を示す。

f:id:nmomose:20190528181408j:plain

マンコラから震源までのおおよその距離は、800kmほど。
3日間の遅延と地震の規模M8.0を考慮すると、地震前兆現象としてあり得るケースだろう。
たとえばM6クラスだと、800kmの距離は疑問に思うかもしれない。

これまで自分が収集してきた事例を見ると、内陸の大地震でも海の生物が異常行動を起こすケースがあるということから、そう判断している。

上記マップで白い丸印は、1900年以降に起きたM7.0以上の地震の震源だ。
日本付近でも沖合だとこのくらいところもあるが、内陸でこの密度で起きているというのは大変だ。

ちなみに、冬季の日本、特に日本海でリュウグウノツカイなど深海魚が揚がった場合は、地震前兆以外の原因が非常に多いため、騒がずに慎重に考えなければならない。
そういう意味では、そろそろ地震前兆かもしれないと思わせる例が多くなってくる時期だろう。

また、ここ数日で神奈川県沖あたりでクジラの座礁が続いたが、このブログで取り上げなかったのは、他の研究や執筆で忙しかったこともあるが、黒潮大蛇行の影響もあり得るからだ。

ペルーの巨大地震の補足

ここで、5/26にペルーで巨大地震が発生したタイミングについて、少し補足する。
本サイトの「リアルタイム地震前兆データ」を常に見ている方は気づかれていると思うが、ここ最近は太陽フレアがずっと起きていない状態で、低いAレベルにとどまっていた。
26日のペルー地震は、そういう状況下で起きた巨大地震だった。

このことは、太陽活動ばかりにとらわれると全体が見えなくなるということを示しているかもしれない。
太陽フレアなどは、他にもある中の一つのトリガーに過ぎないということだ。

エルニーニョ発生?

今日のニュースで、「エルニーニョが発生した」という見出しを見て、頭の中で「???」が飛び交った。
日本の気象庁は、昨年11月に「エルニーニョ発生」を宣言していたので、「何を今さら?」と思ったのだ。

だが、国連の専門機関・世界気象機関(WMO)は昨日、「今年の夏にエルニーニョ現象が発生する確率は60〜65%」という見通しを発表した。
考えてみると、世界的には、まだ発生していないことになっていたんだな。

ちなみに、気象庁は「秋まで続く可能性は60%」と予測している。
国によって、というか今回は国連機関だが、定義がかなり異なるのかなと思ったものだった。

何度も書いているように、太平洋で海水温が高くなるエルニーニョ現象は、南海トラフ巨大地震を含む日本の大地震の発生にかかわる非常に重要な要素だ。

無人チャイムと地震

私は、このブログで「無人チャイム」と普通に書いているが、通常の家ではそう頻繁には起きないことだろう。
2016年12月に、現在使っているワイヤレスチャイムをAmazonで購入し、2階家の玄関に設置した。

ちょうど玄関チャイムが壊れて、新しいものを探しているところだった。
カスタマーレビューでは、「ノイズ」によって無人チャイムが鳴ることがあると不評を買っていて、逆に「これだ!」と思ったのだ。
「これだ!」などと言って嬉しくなるのは、地震前兆研究家と名乗って仕事をしている私ぐらいだろう。

その後、今年1月には2台目の親機を購入し、玄関で子機を押すと1階と2階で鳴るようにしている。
玄関でボタンを押すと「ピンポーン」と鳴るが、「無人チャイム」の場合はなぜか音楽が流れる。
そのため、無人チャイムが鳴っても来客と間違えて1階へ降りていく必要はない。

ただし、車や飛行機などが通過する時などに電磁波ノイズを拾って(?)鳴ることがあり、車や飛行機の音がしないかと耳を澄ませる。

過去の無人チャイムと地震発生の例

以下に、過去に無人チャイムが鳴った後で地震が起きた例をいくつかピックアップして示す。

2017/01/17:4回
→2017/01/18 17:19:茨城県沖、M4.2 、最大震度4

2018/01/27:8時台4回、10時台2回
2018/01/28:12:11 2回連続。
2018/01/29:10:20、10:38、12:05 5回、12:39、16:21 、計9回。
→2018/02/04 22:56:台湾・花蓮、M6.5 

2018/04/12 19:30:無人「ピンポーン」音2回。エリーゼのために1回。
→2018/04/12 22:37:宮城県沖、M4.8 、最大震度3
→2018/04/14 4:00:根室半島南東沖、M5.4 、最大震度5弱

2018/08/17:10時台4回、17時台2回:計6回
→2018/08/19 9:19:フィジー近海、M8.2  

2018/08/24:10時台2回、11時台2回、12時台2回、13時台1回、15時台2回:計9回
→2018/08/25 2:17:茨城県北部、M4.1、最大震度3

2018/09/26:7時台3回、8時台、9時台4回、15時台2回:計10回
→2018/09/28 18:02:スラウェシ島地震、M7.5 

2019/05/23:9時台3回、18時台:計4回
→2019/05/24 12:40:埼玉県北部、M4.2、最大震度3

2019/05/24:11時台、16時台:計2回。
→2019/05/25 15:40:千葉県南部、M5.1、最大震度5弱

2019/05/25:19時台5回
→2019/05/27 4:04:茨城県北部、M4.2、最大震度4

無人チャイムは地震前兆か?

このように何件か抽出したが、最初のうちは、あまり確信が持てずに、とりあえず記録していた。
それが、今月になって何度か関東などで地震が続き、「あるかも」と思い始めたのだ。

最近のワイヤレスチャイムを使っている家では、けっこう同様の現象が起きるのではないか?
それとも、こんな頻繁になるのは、やっぱり私が使っている機種だけ?

有線チャイムで無人チャイムが鳴る場合は、もっと無視できないケースが多いだろう。
他の家電製品にしてもそうだが、スイッチを入れていないのに勝手に入ってしまうとか。
そういう場合は、かなりヤバいというか、地震の前兆として発するパルス電磁波による誤動作の可能性がある。

いままでの感触では、私の「体感」よりも無人チャイムの方が遠方の地震の前兆に反応することがあるのではないか。
そして、無人チャイムが鳴ってから1~2日後に対応する地震が起きることが多い。

地震情報の末尾に「?」を付けた海外の大地震については、まだ相関関係に確信がもてず、参考までに挙げている。

昨日からの無人チャイム

昨日は、下記Instagram投稿にあるように、無人チャイムが多かった。

https://www.instagram.com/p/Bx8b460BLfO/
【無人チャイム】このRevexのワイヤレスチャイムはAmazonの評価でノイズで鳴るとあったので「これだ!」と購入。通常はピンポーンだが音楽が鳴る時には地震が起きる。鳴らない時は何日も鳴らないが23日から連日で埼玉や千葉の地震に対応。そして今朝は10回以上鳴って新記録。要注意。#無人チャイム #地震予知 #地震前兆 #地震予測 #LINE

昨日と今日の無人チャイムの回数は、以下の通り。

5/27:7時台9回、8時台2回、9時台3回、16時台1回、17時台2回:計17回
5/28:7時台3回、11時台6回、12時台2回、14時台2回、16時台1回:計14回

これらに対応するかのように、昨夜から千葉県で下記の通りM2~3クラスの地震が2回起きた。

2019年05月28日06時25分:千葉県北西部、M3.3、最大震度1
2019年05月27日20時40分:千葉県北東部、M2.4、最大震度1

いずれも取るに足らない小規模の地震だが、小平市から比較的近場の内陸地震なので、可能性があると判断する。
後述するように、他の前兆もあるので、関東はまだ揺れそうだ。

このワイヤレスチャイムを他の人にお勧めできるかというと、到底できない。;;
特に関東など地震が頻発する地域の人は、あまりにも頻繁に鳴るから心臓によくないかも。

もっとも、地震が起きない時には本当にずっと鳴らない。
5/20に久しぶりだと記録した前は、2週間ほど鳴っていなかった。
なので、やはり地震と関係があるのかと考えているのだ。

今日の前兆現象

まず、ちび子の運動量は、少なかった。

https://www.instagram.com/p/Bx_FHbMhCnM/
【ハムスター】5/28朝、カウンター値:428。 @kokanranger 報告 #hamster #地震予知 #ハムスター地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター

私の体感は、今日も右耳でセミ鳴きの耳鳴りが強く続いている。

またイオノグラムは、昨日の記事で沖縄あたりで揺れそうだと書いてしまったが、まだ揺れていない。
今朝も下記のように、沖縄や鹿児島で強いデータが出ているが、まだ対応する地震が起きていない…

f:id:nmomose:20190528192921p:plain

…と、ここまで書いて最新の地震情報を見ると、沖縄でやっと揺れていた。

2019年05月28日18時41分:沖縄本島近海、M2.2、最大震度1

地震が起きてホッとするというのもおかしいが、後続がなければ小規模で済んだことになる。
上記イオノグラムでは北海道も若干出ているが、今日10時30分の北海道東方沖、M4.1、最大震度1に対応する地震だろう。

イオノグラムは、派手に真っ赤になっていても今日の沖縄のように小規模で終わることもあるので、そのへんは経験を積んでいって判断するしかない。

行徳香取データ復活

行徳高校方式のFM電波観測サイトで、香取観測点のグラフが、数カ月間ずっと停止していたのが、今日やっと復活していた。
これは以前から地震予測の研究をしている人にはお馴染みで、関東近辺で地震がおきるかどうかを判断するのに重要な要素の一つとなっている。

この探求三昧Webでは、トップのメニューバーの下に「リアルタイム地震前兆データ」上のデータのいくつかを表示しているが、左から2つ目にそのグラフを表示するように変更した。
また、サイトバー上にはTECマップ(全電子数)も追加しておいた(モバイル版では記事の下の方)。

また、多くの方々に常用されている「リアルタイム地震前兆データ」のページへは、上記のメニューバー下のカードをクリックするか、またはメニューバーから辿っていける。

【追記】2019/05/28 20:40
早速関東で揺れそうなグラフとなったので、張り付けておく。

f:id:nmomose:20190528204514g:plain



https://www.instagram.com/p/Bx_RcQAhqd9/
写真は5年前の愛弥美の出生時だけど、来月生まれる子がはるなと決まった経緯は若干フライング気味で、サルちゃんが前から気に入った名前で「はるなちゃん」と呼び続けたので、ああ私はハルナなんだと思った?大きくなって名前で文句があったらママに言ってね。#赤ちゃんの命名 #命名


https://www.instagram.com/p/Bx_dTTlBnL1/
【ちび子】暑さ対策で買った秘密兵器、ユニテックスの「ハムクーラー」2300円。アルミ製で、内側の両脇に水タンクがあり、天井を覆う布に吸いとられ冷却される。今日は涼しく効果の程は様子見。#ハムスター #ジャンガリアンハムスター #ハムクーラー

Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email