探求三昧 - 地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・予測関連Web/ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・防災などを探求するWeb・ブログ

探求三昧 by 百瀬直也

【地震予言】山形県沖地震M6.7を予知・予言していた人々~ジョセフ・ティテル・明菜さん・桜花さん


f:id:nmomose:20190619195317j:plain

18日夜に発生した山形県沖M6.7、最大震度6強の地震は、


山形県沖M6.7

6月18日22時22分頃、山形県沖を震源とするM6.8(暫定値)の地震が発生し、新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱を観測しました。
この地震により、気象庁は、同日22時24分に 山形県、新潟県上中下越、佐渡、石川県能登に津波注意報を発表。新潟で最大波0.1mの高さの津波を観測するなどしましたが、19日01時02分に、津波注意報は全て解除されました。


この地震の第1報としては、昨夜の下記の記事で書いた。

避難状況としては、犠牲者はなかったが、山形、新潟、宮城、石川各県で計26人がけがをし、800人以上が避難をした。

各地で津波警報が発令され、1mほどの津波が予測されたが、実際は最高で10cmのレベルにとどまった。


実は今日、サルちゃんが第3子を出産して、昨夜から二人とも殆ど不眠で出産に臨んだ。
そのため、一刻も早く寝たいが、この記事だけはいち早く紹介しなければならないので、手短に書くことに。

ジョセフ・ティテル氏の予言

米国のサイキック、ジョセフ・ティテル氏は毎年念頭に、その年に世界で起きる出来事の予言を発表する。
2年前の2017年の予言は、下記の「神秘三昧」の方でまとめている。

2017年に発表された予言では、日本にとって聞き捨てならない予言がある。
下記の部分だ。

「日本の上半分(北半分)は、激しく揺れるでしょう。幸いにも、これが起きる主な場所は、比較的人口が少ない山間部です。それでも歴史的な災害になり、多くの命が失われるでしょう。それは通常では(地震が)起きると予想されるような場所ではありません。

日本の北部で比較的人口が少ない山間部ということと、通常では大地震が起きそうなところではないということで、これは山形県沖の地震のことだったのだろうか。
あるいは、2018年に起きた北海道胆振東部地震も候補となるかもしれない。

2018年の別の予言

同年のティテル氏の予言には、下記のようなものもある。

飛行機が最も高いビルに突っ込み炎上する。たぶん40階建て以上。34の数字が聞こえる。34階?逝去者数?34番地?コミュニティースペース、アパートのような建物。米国?ニューヨークかロスアンゼルス?テロ事件か?今年は大規模なテロ事件が起きるかもしれない。トランプ氏の関連のビルが標的になるか。

今年2019年6月10日、米国ニューヨーク市マンハッタンで、54階建て、高さは229mの「AXAエクイタブル」ビルの屋上にヘリコプターが衝突し、パイロットが亡くなった。
そのビル屋上では火災が発生したが、直後に消火された。

飛行機とヘリコプターの違いはあるが、このような事故は1世紀に何度も起きることではない。

いずれの予言も、解釈が妥当だとすれば2017年の予言が2年後に現実になったことになる。
このことは、マイナス要因ではないだろう。
ティテル氏にしても他の人にしても、ある年に起きるとされた予言でも、実際にその年に起きるものばかりではない。

秋田の明菜さん

今朝、秋田県の明菜さん(仮名)から、久々にメールが届いた。
その内容を、そのまま紹介する。

私はあまりに夢がリアルで寝れない日々が続いて流石に供養兼ねてお祓いに行ってきたりしてました。
昨夜は長い横揺れでビックリしましたが…。
我が家はブロック塀にヒビが入っただけで大きな被害はありませんでした。
亡くなった方も居なくて安心しました。
ずっとメールしたかったけど、奥様の出産に記事とかで忙しいかなって思ってメールは控えてました。
この頃妹夫婦が住んでる山形が気になり夢にも出て来てたのでいつものサイトに山形沖が気になるって投稿して直ぐに実際に山形沖が来た時は流石に驚きました。

毎日毎日津波の夢で私が流される夢ばかりで困ってます。以前、お伝えした秋田、青森沖が来るのではないかと心配です。
昨日は、太陽の周りに虹が出たり、夕日が変だったり、鳥の大群やミミズが凄く、先月は湾にイルカが迷い込んだりしてました。全てが前兆かは分かりませんが生き物は正確に教えてくれると思いました。
昨日のが本震で終わると良いなぁ~って思います。

ちなみに一応最後に今見てる夢は、津波で沿岸の家が流され今までに日本海で経験した事が無いって報道される程の地震が秋田、青森沖に来る夢です。鳥海山?蔵王?も噴火してます。
多くの方が亡くなります。
本当にただの夢で終わるといいですが…。あまりにもリアルな夢で毎日凄いです。
一応お祓いも供養もしてもらいました。何事もありませんように…。
また何かあったら報告させて頂きます。お忙しい中すみませんでした。

後述する岡山県の桜花さんが明菜さんのことを心配していたが、無事でよかった。
前兆現象のことも書いてくれているが、個人的には、この部分のもっと詳しいことを知りたいものだ。

日本海では、大きな被害地震は滅多に起きないが、一旦起きれば大変な災害になることもある。
明菜さんが書いているように、今回以上に被害が出るような複合的な災害もあり得るが、山形県沖が起きた以上は、他のもっと深刻な災害も注意しなければならない。

桜花さん

次に、岡山県の桜花さん(仮名)からの報告を。

昨日の山形県沖の地震の予知の報告です。

(一部 @noacrearskyでツイート済み)
震度5弱を記録した秋田県由利本荘市について、昨年6月19日に ふと「由利本荘市」と浮かんでいました
あと9月等に「柏崎市」と まだ当時SNS利用しておらず
地震予知フォーラム(掲示板)に「由利本荘市周辺が気になる」と書き込んでました
同時に「千葉」と浮かんで…
千葉県、だと思います。
千葉県は、日向灘(南海トラフ)、首都圏(直下型)とともにずっとトップで気になっているエリアです。

また、山形県沖地震の後
「反対側」と浮かびました
太平洋側ですが、国内なのかチリ等中南米まで指すかのかは、まだわかりません。

過去のTwitterを探している余裕がなく、このまま載せることにする。
「由利本荘市」は、震度5弱を記録している。
掲示板でも事前に書き込んだそうだが、ピンポイントで地名を出したのは注目に値する。

百瀬の予測

17日の「ストロベリームーン」満月の日に、私が執筆したTOCANAの記事が掲載された。
その満月トリガーで、トンガ、ニュージーランド、四川省、山形県沖とM6・M7規模の地震が続いた。

そのうち、トンガM6.0、ニュージーランドM7.4と続いた時に、環太平洋時計回りの法則が適用されれば日本でも大地震が懸念される旨を警告した。
その際に、特に太平洋プレート境界沿いの東日本の太平洋側に要注意と指摘した。

だが、実際は日本海側でM6.7と、想定外のところで起きた形となった。
正直いって、あまり頭の中になかったところだった。

明菜さんが書いているように、今後の展開も気になるところだろう。

はるなちゃん

運悪く、今にも生まれそうだというところで、朝8時をすぎて、子供たちを迎えに行って朝食を食べさせなければならなかった。
1時間弱で病院に戻って見ると…

https://www.instagram.com/p/By4O_VYhwEx/
【はるな】2019年6月19日12時頃に生まれた。子供のお守りのため立ち会えなかったが、かなり苦しんだ様子。まだ面会できなくてチラッとしか見ていないが、やはり愛弥美に似ている。63歳にして父親になるとは想定外。漢字は未定。Our 3rd baby Haruna was born on 19 June, 2019. Very cute girl.#はるな #赤ちゃん #誕生直後 #baby

出産に立ち会えなかったのは本当に残念だが、デイルーム(休憩室)に子供だけを残すことはダメということで、分娩室を追い出された。

サルちゃんは、本当によく頑張った。
本人の精神的には「無事」でもなかったかもしれないけれど、母体も赤ちゃんもまったく無事だった。

19日に生まれることを言い当てた人

ところで、6月19日に生まれることを、二人の女性が言い当てた。
一人は、謎の秀でた超能力者kako-chanであり、19日に生まれると言っていた。

もう一人、ヒプノセラピストマリアさんも、「1日目」と降りてきたと言っていた。
入院してから1日後ということのようだ。

というわけで、経産婦であるサルちゃんは、順調に行けば22日(土)に退院できる。
うちはサルちゃんを中心に回っているようなもので、その本人が家にいないと大変だ。

今日は、子供たちに夕食を食べさせ、風呂に入れて寝かせてからブログの執筆に入った。
もし自分がシングルファザーだとすれば、こういうことが毎日日課となるんだな。
物書きとか、やっていられないかもしれない。


今は21時45分だが、愛弥美に絵本を読んで寝かしつけてから寝ることにする。



昨日の異様な眠気は、山形県沖の前兆だったのだろうな。

https://www.instagram.com/p/By1cVndBA57/
【体感】6/18 11:50、異様に眠く、昼食に糖質(炭水化物)を摂った後ならばわかるが、そうではない。あくまでも可能性だが遠方で地震が起きる前兆かも。#眠気 #体感 #地震予知 #地震前兆 #地震予測 #LINE

Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email