探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也の地震予知・防災・スピリチュアルなど探求Web/ブログ

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・防災・精神世界等を探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




【予知夢】秋田県の明菜さんの夢「城がある場所で直下地震」と「宮崎大地震」の追加情報


f:id:nmomose:20190702164314j:plain

予知夢をよく視る秋田県の明菜さんの「城がある場所で直下地震」と、「宮崎県(?)で大地震」について読者の方々から、ここではないかという情報がまた集まってきたので、紹介する。


秋田県の明菜さん

秋田県の明菜さん(仮名)については、つい2か月前に初めて紹介した女性だ。
東日本大震災で、ご主人(になる筈だった男性)や子供を亡くしたという不幸で壮絶な体験をした後で、亡き家族が地震や事故が起きることを教えてくれるようになったという。
そのことは、下記の記事で書いている。

その後に、北朝鮮がミサイルを発射するという夢を視て、それも下記の記事で書いたように現実になった。

この記事では、その明菜さんが視た2つの夢について、読者の方々から寄せられた情報を紹介する。

「宮崎大地震」?

まずは、5/17の記事で紹介した、宮崎県(?)で大地震が起きるという夢について。
この夢では、ヤシの木が道端に並んでる場所で津波に襲われるというもの。
その夢の内容を以下に再度紹介する。

5月10日(金) 4:45受信
話は戻りますが、昨日、今日見た夢がリアルです。
【中略】
次に、地震です。内陸で地震が来て山が崩れて車が巻き込まれます。何故かその車の中に私がいます。
そして、連動?なのか直ぐに海洋地震で津波もきます。前回の夢では秋田県、青森県でしたが今見る夢はヤシの木が道端に並んでる場所です。直線道路で海側です。桜の木もあります。場所が何処なのか分かりませんが…。津波が来てます。
何故かまた私が津波にのまれて流されて苦しく起きました。起きた時まるで今さっき海水が鼻に入ったの?って位に辛かったです。
ヤシの木が道端にある場所が秋田県、青森県にあるのでしょうか?それとも違う県何でしょうか?
気になります。
ただ、この頃の夢が今までに無いほどリアルな夢なのでお伝えしました。
何事もなく、ただの夢で終わると良いですが。

その後、この場所は宮崎県のフェニックスロードではないかということになった。
その間の事情は、下記の記事で書いている。


Dさんからの情報「青島」

この明菜さんの夢に対して、新たに情報をいただいた。
仮にDさんとするが、5/23に下記のメールを受信した。

ブログの大阪ねぎたん@守護神さんが見た夢の場所、なんとなく宮崎の青島辺りじゃないかと、個人的には思うのですが。
リゾート地で白い建物(ホテルなど)たくさんあった印象があります。
GWに宮崎に行って一番印象に残ったからかもですが。
そこから道の駅フェニックスへ行く道はヤシの木いっぱい植えてあるし、
Googleマップで『宮崎 ヤシの木 桜 名所』で検索すると、青島辺りが出てきたので。

まず、青島は小さな島で、そこ自体にはフェニックスが並ぶ道路はない。
道の駅フェニックスの前の通り「ひむか神話街道」のストリートビューを見ると、以前に明菜さんが、ああこういうところですと言われた写真に近い。

f:id:nmomose:20190702174922j:plain


青島の対岸あたりには、たしかに白いホテル「青島グランドホテル」などがある。
前述の道の駅は、青島から3kmほど南へ行ったところだ。

だが、最初に戻ってしまうが、宮崎説には、ひとつ疑問が残る。
明菜さんの夢には「桜」が出てきて、日南フェニックスロードには、フェニックスも桜の木もあるようなところは果たしてあるだろうかという疑問だ。
正直、ミスマッチというか、あまりありそうにない。

このへんは、今後更に調べていきたい。

明菜さんの夢「城がある場所で直下地震」

次に、下記の6/27の記事で紹介した、「城がある場所で直下地震」の夢に関する情報を。

6/24に視たというこの夢の内容を、以下に再度紹介する。

後、もう一つ、お城がある場所に直下の地震が来る夢も見てます。あまりに高くないお城です。
鳥みたいな銅像?が近くにある場所です。場所が何処かは分かりませんが…。
先程の千葉の地震の後もまだ千葉が気になります。
何事もありませんように…。
どうか、気をつけて下さい。

上記で「千葉」というのは分けて考えるべきかもしれず、必ずしも千葉ではないかもしれないという前提で考えている。

この6/27の記事を読んで、下記6/29の記事で書いたように、3人の人から、その城とはここではないかという情報が寄せらた。

上記の3人の情報をまとめると、城はこのことではないかというのは、以下の3か所になる。

・Aさん:高知城と高知大神宮(高知県)
・Bさん:広島城と平和記念公園(広島市)
・Cさん:弘前城と「たか丸くん」の石像(青森県)

明菜さんのコメント

上記の意見に対して、明菜さんは以下のような感想をもった。

6/30朝に受信
早速ですが、百瀬さんには素晴らしい読者の方がいるなぁ~って思いました。
情報くれた方には感謝です。
有難うございました。
私が見たお城の情報確認しました。
高知県の方が教えてくれた神社のが似てます。
夢では林がありました。少し歩いて鳥の銅像?みたいのがありました。
お城も見た高さと似てました。
高知県なのでしょうか?
情報をくれた方々の皆様有難うございました。

ということで、Aさんが提供されsた高知城と高知大神宮が夢の光景に似ているという。
6/29の記事では、慌てすぎていて、高知大神宮の鳥の石像というものの写真を忘れた。

下記の写真が高知城で、こじんまりしている。

f:id:nmomose:20140928114538j:plain

また、隣接した高知大神宮には、境内に鶏の石像があり、これのことではないかと思う。

f:id:nmomose:20190702181344j:plain

もっとも、後で紹介する2人の読者さんの情報の方が近いということになるかもしれず、明菜さんはこの記事を読んでくれると思うので、あとで意見を聞きたいところだ。

城の近くの直下地震の補足

上記の明菜さんのコメントは、以下のように続く。

毎日夢に次から次と画面が出てきます…。夏だと思いますが、水害被害で苦労してる方も見えました。普段水害に慣れてない地域みたいでしたが…。まだはっきりは見えてません。
私が思う事があります。地震やミサイルの時は前もって夢で教えてもらって、山形沖地震や千葉等の直ぐに起こりそうな時は頭の中に直感で山形とか千葉って入ってきました。
そんな時は何故かいつものサイトに気になる地域を投稿してました。
いきなり頭に地名が入るって感じです。
たまたまでしょうか?
これからは気になる地域があったらお知らせします。

「水害」とあるのは、大地震に伴う津波だろうか。
だが、直下型地震だと、その可能性は低くなる。

Eさんからの吉田城の情報

次に、明菜さんの城の近くで起きる直下地震の夢に関する、新たに届いた2人の方のコメントを紹介する。
まず、下記のメールの送り主はEさんとする。

6月30日(日) 受信
低い土地の城に、鳥の像で気になることがありました。

豊橋には、吉田城というお城がありまして、低い土地にこじんまりしたお城が建っています

その周りは公園になっているのですが、その隣に豊橋公会堂という、西洋風の建物があります。歴史のある建物で、
そこのてっぺんに鷲のようなオブジェがいくつも据え付けてあるのです。
しかも、その鷲のオブジェは、代替わりして、古いものは公園の近くに降ろして飾ってあるようなんです。

気になりましたので、ご連絡させていただきました。

伊勢湾トライアングルの一角の豊橋です。とても気になります

吉田城は、愛知県豊橋市今橋町にある。
豊橋公会堂にあるという鷲の像は、下記の写真のことのようで、以前は屋根の上にあったものが、今は地上に下されたのだろうか?

f:id:nmomose:20190702182424j:plain

豊橋といえば、例の「伊勢湾トライアングル」で重要な位置を占めるところで、以前からずっと気になっていた。
伊勢湾トライアングルとは、「災害の夢ブログ」でお馴染みスズさんと、「michelleのブログ」の大分県のミシェルさん、そして私が揃って「伊勢湾」が気になっているという不気味なシンクロが起きていて、大地震・大津波が懸念されるところだ。

特に、ミシェルさんと私が別個に地震予測ダウジング(ミシェルさんは手のひら使用)を行い、二人とも伊勢湾沿いの三角形を形作る地点がヒットしたという不気味なシンクロが起きている。

その不気味さは、下記の二人のダウジングポイントのシンクロを見ればわかるだろう。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nmomose/20181030/20181030210739.jpg

「伊勢湾トライアングル」について、より詳細を知りたい方は、下記の昨年10月30日の記事を読んでみてください。

Fさんからの仙台城の情報

次に、北海道のFさんとするが、下記のメールをもらった。

6/30受信
6/27の記事で紹介した、秋田県の明菜さん(仮名)が視た、「城がある場所で直下地震」の夢に関して、ふと頭に思い浮かんだ鳥の銅像がありますので、メール致しました。
場所は、宮城県仙台市の仙台城址公園内にあります、昭忠塔(碑)です。
以前、仙台に住んでいた時に見た(29年前)記憶があり、百瀬さんのブログを見た後に、昭忠塔を調べてみました。
昭忠塔の上部には、立派なとび(鳶)が存在していましたが、東日本大地震でとびが落下し壊れました。その後、昭忠塔の前に再建されたようです。

その昭忠塔の前に建つ昭忠碑の写真を載せておく。

f:id:nmomose:20190702183702j:plain


以上、前回紹介した3人を含む5人の方々からの情報で、どれが正解か、または最も近いかは、明菜さんの判断を仰ぐことにしたい。
おそらく、夢の内容をまだ覚えていれば、鳥の像が判断の決め手になるかもしれない。

それから、Eさんからのメールの続きも載せておく。

私も耳鳴りが続いているタイプです。
(片頭痛持ちでもあります。)
とてもうるさい耳鳴りがしばらく続く時は、4~5ヶ月後に大きい地震が来るようです。
東日本地震・胆振東部地震共、4~5ヶ月前からとてもうるさい耳鳴りに悩み、耳鼻科を受診したり、家族に耳鳴りのことを話していました。
今年の春~5月も、とてもうるさい耳鳴りが続いたので、7・8月頃からは気をつけたいです。
(常に耳鳴りが続いているので、耳鼻科受診中…)

あと、地震に関係する夢も見ます。
秋田にいた時に、大きな地震が起こる夢を今年の春先から最近まで3度程みています。(震源地は秋田ではありませんが)
夢の内容をお伝えすると、少し長くなりそうなので、割愛いたしますが、その中には、関西地方なのか、海沿いの高速道路か交通量がある国道と新幹線?が、津波に流されるテレビ映像もみました。(今年の3月22日にみた夢です。)

同日に追伸
もうご存知のことかもしれませんが、仙台にも「利府ー長町断層帯」という(気になる)断層帯がありますので、一応お伝えしておきます。

以上は明菜さんの夢とは関係なくなるが、4~5カ月も前から体感するという人は滅多にいなく、というか私は初めて聞いた。
これが本当ならば、通常の電磁波などでは説明が付きにくいか、または常人以上に地震前兆に対して敏感な「感度」をもった人なのかもしれない。

新たな「大震災」の予感?

以下に、前述の明菜さんの6/30のメールの続きを載せておく。
これは新たな予感(夢ではなさそう)で、大地震なのか災害か事件か、どういう出来事が起きるのか、よくわからないという。

最後に、これも直感ですが、福井?福岡?福島?福が付く地域が頭の中に入ってきます。
地震なのか、災害なのか分かりませんが昨日から気になります。
お祓いに行ってきた時に神社の方が私の周りに沢山の人が見えるって話されてました。本当かは分かりませんが…。あの時私は本当に悲しく何故誰もこんなに大変な地震を推測もできなかったのだろう?って怒りと悲しみに耐えれませんでした。国も予測が無理なの?って強く思い、なら自分で探してみようって強く思いあれから色々な現象を調べ始めました。そんな思いが、亡くなった方が後押ししてくれてるって言われました。
だからお祓いも供養もしても私から離れないって話されてました…。
3件の神社行きましたが何処に行っても同じ返答でした。
これからも私にできる限りの事は続けたいと思います。

いちおう「地震」と出てくるので、地震もその一部なのか、または全体が大震災に関する夢なのだろうか。
また、その後に受信した2通の明菜さんからのメールも紹介しておく。

7/2午後に受信
昨夜の夢で、また時間が無いって言ってました…。私もこの頃嫌な予感がしますし、肩に首、腰まで痛いです。
昨日は休みで、知り合いから紹介してもらったお寺にもお祓いしに行って来ましたが、やはり同じ事言われました。
今日は、三陸の友達が気になり連絡したけど大丈夫でしたが三陸が気になりました。
お城分かったら連絡させて頂きます。

7/2午後に2回目の受信
声が沢山して時間が無いって話されてました。
地震なのか、災害なのか分かりませんが、命に関わるみたいでした…。
助けてって声も聞こえました。何か大変な事が起るのかもしれません…。
とりあえず、神社とお寺の方に祈りを欠かさずやって下さいって言われたのでやってます。
どうか、誰1人悲しむ方、なくなる方が出ませんように…。

「時間が無い」ということで、かなり切羽詰まった事態のようだ。
また、三陸が気になるということも、一つのヒントかもしれない。

明菜さんの場合は、例の「7月」に起きるという情報はないが、もしかすると今月にそれが起きるのだろうか。

なんだか本当に、7月は色々あって大変だ。
今日は、一刻も早く伝えた方が良いという情報があり、あとでもう1本記事を書きます。
…と言いたいところだが、この記事を書くのに半日がかりで、余力が残っていれば、書きます。


いずれの投稿も写真が複数枚あり。



最後は動画。画像クリックで再生。


Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email