探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也の地震予知・防災・スピリチュアルなど探求Web/ブログ

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・防災・精神世界等を探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




【前兆】福岡市の繁華街でサル出没は地震前兆か?+秋田県の明菜さんの地震・津波などの夢の最新情報


f:id:nmomose:20190820204529j:plain

福岡の月華さんから情報で、福岡市内でサルの出没が起きているというが、それが地震前兆現象かどうかを検討する。
また、秋田県の明菜さんはいまだに大地震や津波の壮絶な夢を視ていて、その最新情報を紹介する。


秋田県の明菜さんより

まず、秋田県の明菜さんからのメールを。
東日本大震災の津波で婚約者と子供を亡くして以来、災害などの夢を毎日のように視るようになったという女性だ。

8月19日(月) 8:44 受信

おはようございます。
土日は体調不良と忙しさでバタバタしてました。

ここまで体調不良は初めてです…。夢と現実が分からなくなるほど夢がリアル過ぎて困ってます…。
いったい何なのでしょうか?
津波で私が流され苦しく起きたり…。噴火で石が頭に当たり起きたり…。家が潰れてガレキで苦しく起きたり…。山が崩れて呼吸が苦しく起きたり…。いったい何なのでしょうか?
場面は何これ?って思うほど変な場面ですし、沢山の場面が見えます。
津波が一番強く見えます。
沖縄のシーサー、コンクリートの建物の場面に波が見えました…。家が水に浸かってました。
津波?高潮?どちらかは分かりませんが家の半分まで浸かってました。
あと、何処の湖なのか分かりませんが、湖の中に赤い鳥居がある場所の山が噴火してました。

そのような夢を頻繁に視るために体調不良になっているのならば、気の毒なことだ。
亡き家族は、そういう状態になることを知ってか知らずか、次々に夢を見せる。

以前にも書いたように、自分が地震や噴火で怪我したり亡くなる夢を視ても、必ずしもそれが現実に起こるということではないだろう。
可能性として、明菜さんが住む秋田県で被害が起きる災害である可能性もあるが、まったく別のところで起きる可能性もあるのではないか。

あるいは、もちろん全く起きない可能性もあるだろう。

明菜さんが視る夢がすべて現実になるとはあまり思えなくて、もしそうだったら超大変だが、こういう夢を見せて一体何を知らせたいのだろうかという疑問が起きてくる。

やはり津波なのだろうか。
台風による大潮も別にあるのかもしれないが、最も警戒すべきは津波だろう。

愛知・関東・沖縄で津波・高潮・地震…

夢では、かなりの被害に遭ってる夢です。沢山の人が時間がもう無いって話されてます。
娘は、ママ…って泣いてるし何が起こるのでしょうか?
ヒントになるか分かりませんが、今夢で見てる場面全てお伝えします。
少し長くなるかもしれませんがすみません。

まず、ヤシの木、太いヤシの木と細い小さいヤシの木。
直線道路で海側、小高い山?丘?
リンゴ。周りが山で小さい川、赤い屋根の小屋?電波塔?
湖。赤い鳥居が湖の中にあり、周りは山。
シーサー、コンクリートの建物。
山に向う橋。渡る手前左に小屋がある。
愛知県城、林。
ディズニーランド。近くに歩道橋、白い建物?
海にテトラ。沖合いにテトラ。
お墓、沢山の人が空に上がる変な夢。
津波や直下型地震。
以上が今場面で出てくる夢です。
あと、兵庫、長野、福岡、青森、三陸、宮崎って話される人がいます。
何かは分かりませんが、毎回話に夢に出てきます…。
いったい何なのでしょうか?
私には分かりません…。
ただ、ここ毎日リアル過ぎる夢ばかりで体調不良です…。
何かまた見えたら報告します。


沖縄で津波というのも、現実に起きたら大変だ。
一口に沖縄県といっても、その島々すべてが同一の文化圏に属するとは限らない。

シーサーというのは、石垣島や武富島などの八重山諸島にもあるようだ。
ということは、台湾までの沖縄トラフ沿いのどこで起きるかを絞り込むのが難しくなってくる。
それとも、台風などによる大潮などかもしれないが。

このような夢が、日替わりで色々と来るのならまだしも、毎日のように同じような夢を次から次へと視させられるのでは、たしかに体もおかしくなるだろう。

向こうの世界と現実世界

何度も書いているが、向こうの世界(アストラル次元)で起こること、体験することが、必ずしもすべてこの世界でそのままに起きるわけではないだろう。

また、起きるとしても、向こうの世界での時間の流れ方などがこちらと異なるかもしれず、そのために向こうの存在が何月何日にこういうことが起きると言っても、必ずしもそうなるとは限らず、むしろそうならないことが多い。

それにしても、向こうから夢で伝えてくることが、なぜこれほどまで多いのだろうか。
地震、津波、大潮、ミサイル…

10代の頃から霊的世界や超常現象の探求・研究を始めて50年弱になるが、色々な経験を積んできた自分でも、正直言って、お手上げしてくなってくる。

全てそのままに起きるとは限らないとしても、現実に起きないとも限らないわけで、やはり該当するかもしれない地域では、気を付けておいた方が良いだろう。

福岡県の月華さんより

次に、福岡年の月華さんからのメールを。

2019/08/19 22:20受信

福岡の月華です。
機種変で…昨日から、また違う意味で頭が痛いです★

最近、何かとざわつく富士山…。
去年は、恐くて見れなかったのですが、今年の5月に突然!行かなきゃ!!って思って、初めての富士山に行った…っていうか、見える所まで行ったつもりなんですが…雲が~~~( ̄▽ ̄;)
早朝、遠くからうすらぼんやりと見れたくらいでした。

富士宮まで行った時、足元が揺れてるのを感じたんですよね…。
噴火とかそういうことよりも、その揺れの方が気になりました。

静岡市とかではその、足元の揺れは感じなかったんですけどね。

あの感覚がなんだったのか?

九州の人が、突然に「行かなきゃ」と思って行ってしまうというのは、生半可なことではできない。
それだけ、使われている人なのだろうか。

一昨日の記事で書いたように、富士山の噴火を予見する人が多い中で、月華さんもそうだとは。

一昨日の記事を書いた翌日に、あの記事に少し追記したが、ヒプノセラピストマリアさんによると、本当に大変な富士山の噴火(宝永大噴火またはそれ以上?)は、そう簡単には起きないだろうということだ。
それならば、近く起きるかもしれない噴火は、そこまで行かない噴火となる?
…というようなことを、マリアさんとやりとりした。

ハワイ?富士山?

そして、最近は、おかしなことが…。
1度めは、北海道の富士山って降りてきて、2回めは、ハワイに旅行に行ってるのに、富士山が目の前にあって…今日明日にでも噴火するらしいよ~って話している夢をみました。
この時の富士山は、場所がハワイなだけに?雪のない夏山でした。

今の私は、富士山よりも地震の方が心配なんですけどね…。

山の頂上まで、逃げなきゃいけないくらいの津波の夢とかも見たりしてるので恐いです。

今日のコレは書かなくっていいことかな?とは思いますが…百瀬さんは、富士山ヤバイと思われますか?

日本海側の津波もあると思われますか?


ハワイと富士山?
そう反復していて、ハッと気が付いた。
キラウエア火山と富士山が、同じ頃に活動するということ?

そう思って検索してみて、トップに出てきたのは、このブログ記事だった。^^;

2018/06/04にTOCANAで、『【緊急警告】キラウエア火山噴火は日本の巨大地震と富士山噴火の“引き金”だった! 過去データで完全判明、今すぐ備えを確認せよ!』と題した記事を書いたのだった。

上記の記事でも書いたが、過去のキラウエアの噴火から数カ月以内に起きた大災害は、以下のようなものがある。

◎明治東京地震(1894年、M7.0、3ヶ月後)
◎三陸沖(1897年、M7.7、1.5ヶ月後)
◎関東大震災(1923年、M7.9~8.2、6日後)
◎チリ地震(1960年、Mw9.5、4ヶ月後)
◎択捉島沖地震(1963年、M8.1、8日後)


もっとも、月華さんの場合はこういうことではないかもしれない。

日本海側で津波があるかどうかは、わからない。
明菜さんの夢が現実になれば、秋田県でも津波が起きるのかもしれない。

私の富士山聖地巡礼とトカゲの神使

富士山といえば、自分も今年の春休みに家族で行ったが、これは通常の聖地巡礼としてではなく、ダウジングで伺って富士山にしたわけでもない。
サルちゃんが河口湖へ行きたいというので、そうなった。

だが、河口湖へ行くことになって、ペンデュラムを持ったら、富士御室浅間神社と出て、そこは家族でお参りした。
もちろん、富士山の噴火鎮静も祈ってきた。

それでハッと思い出したが、神社でトカゲの神使(?)が現れた。

私が聖地巡礼すると、雨に降られないことと、神使が現れることが非常に多い。
それも、蛇やトカゲといった爬虫類が多いので、変に納得したりする。

https://www.instagram.com/p/Bwtd2p0BhUT/
【富士山聖地巡礼-2】境内の前に立つと、「ここには神がいそうだ」と直感した…その瞬間だった。目の前2mほどをトカゲが横切っていく。そこで全てを悟った。「神使だ!」聖地巡礼の時に頻繁に現れるのは、蛇、蜥蜴、蟹などが多い。#富士山聖地巡礼 #富士山 #浅間神社 #スピリチュアル #聖地巡礼 一発富士御室浅間神社 #神使 #神使い

たぶん、コノハナサクヤビメのお使いなのだろう。
ということは、何かしら訴えたいことがあるのだろうか。

東日本大震災の前に、福島県から千葉県までの海沿いを聖地巡礼させられて、その過程で大洗のオトタビバナヒメ様との出逢いもあった。

境内で息絶え絶えのトンボがいたりして、何かしら女神さまが悲しまれているのではないかと思った。
一時は、社殿が古くて嘆かれているのだろうかと思ったが、何度か通ううちに改修された。
あの時は嬉しかった。

だが、女神さまの悲しみは、それで終わりではなかったのかもしれない。

福岡市でサル出没が相次ぐ

次に、月華さんから今朝もらったメール。

8/20 9:59受信

福岡市中心部で猿の目撃情報が相次いでいるそうです。

鮮魚市場とかヤフオクドームとかなので、海に近い方面ですが…。

あまり聞いたことないので、とりあえず報告だけさせて頂きます。


冒頭のアイキャッチ画像は、今回のサル出没とは関係なく、福岡市の動物園のニホンザルの子供たちの写真だ。

福岡市といえば、昨年12月にサルの出没があり、このブログで紹介した。
11/24に博多駅前や天神地区を1匹のサルが駆け抜けた。
12/1には、佐賀県唐津市市原のボートレース場付近の住宅街でも1匹出没した。

この時は、地震があったとしても12/3の福岡県筑紫地方M3.1程度だった。
上記の記事では無感地震としていたが、実際は最大震度1となっていた。

ちょっと距離はあるが、ギリギリでなんとか前兆だった可能性があるだろうかというところだ。

では、今回はどうだろうか。

8/19に福岡市中央卸売市場の鮮魚市場で、サルが建物の屋上を歩いているのが目撃された。
その前にも、8/17に地行浜、8/18にヤフオクドームで目撃された。

福岡市動物園の飼育責任者は、「別の群れを探している間に、市街地に迷い込んでしまった可能性が高い」と語る。
そうであるならば地震とは関係ないかもしれないが、念のため紹介しておく。


下記マップで、昨年の出没地点を赤丸で、今月の出没地点をピンク丸で示す。

f:id:nmomose:20190820211023j:plain


それにしても、福岡市といえば大都市だが、ニホンザルが生息する土地など近くにあるのだろうか。

福岡県内では、脊振、香春町、北九州近辺にサルの群れが生息しているという。
このうち、比較的近場の脊振と香春町でも、10kmは離れている。
上記のマップで、南の方で入りきらないくらい遠い。

何のためにはるばる旅するのだろうか。
今回のように、1匹だけだと中々判断が難しく、たしかに個体の何かしらの原因による異常行動なのかもしれない。

今日の前兆現象

ちび子の運動量は、以下の通り。

https://www.instagram.com/p/B1XfOrCBbuu/
【ハムスター】8/20朝、カウンター値:256。 @kokanranger 報告 #hamster #地震予知 #ハムスター地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター

うちのラドン濃度は、一昨日ブレーカーが落ちて電源が切れて、それ以降に15ベクレルからずっと変わらなかった。
おかしいと思って、大事なことを思い出した。

電源投入後の2日間ほどは、正常な値が出ないということだった。

今日の午後に一応値が変わるようになり、19まで跳ね上がったが、これもまだ正常な値ではないかもしれない。


今夜は明日の大腸内視鏡検査のために、21時になってこれから下剤を大量に飲まなければいけない。
早めにブログを書き終えて良かった。



この投稿をInstagramで見る

【愛弥美】1年前。めちゃかわ。 Aya 1 year ago. #愛弥美

百瀬直也さん(@noya_momose)がシェアした投稿 -



【動画】画像クリックで再生。
今うちで一番の人気者。先日立ち上げたプレイヴェイト用Instagram、まだフォロワー数が100人ほどだけど、同じ動画や写真を何度も見に来てしまうという人もいる。


Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email