探求三昧 - 地震前兆・超常現象研究家・百瀬直也の地震予知・精神世界など探求Web/ブログ

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・防災・精神世界等を探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




【予知夢】明菜さんの夢で10月に水害?+プエルトリコでM6.0~エルニーニョの影響で地震噴火が多発?


f:id:nmomose:20190924220432j:plain

秋田県の明菜さんが、入院中にいまだにガレキや墓が視える災害の夢をよく視るというが、どのような災害が起きるのかを推測する。
また今日はプエルトリコでM6.0の地震が起きたが、このところ中南米で地震や火山噴火が相次いでいるため、エルニーニョ現象の終息後にも大災害が起きる可能性も検討する。


明菜さんも「9月・10月」が気になっていた

まず、秋田県の明菜さん(仮名)からのメールを紹介する。
東日本大震災の津波で婚約者の彼氏と子供を亡くしてから、亡き家族から未来に起きる災害などを夢で知らせてくれるようになった女性だ。

今日、明菜さんからから届いたメールを紹介する。
だが、その前に…

昨日の記事で、今年10月に災害か何か大きな出来事が起きると夢で視たり予感があったりする人が4人いると書いたが、秋田県の明菜さんを忘れていて、これで5人となった。

そのことを見ていく前に、明菜さんは既に8月に、9月・10月が気になる旨をメールで書いていたので、再度紹介する。

昨日の記事を書いた後で、そのことを思い出した。

最後に夢で9、10って数字が見えました。初めて数字が見えました。9月、10月でしょうか?それとも9日、10日?でしょうか?また何か見えたら報告します。

[

メールをもらった8月16日は9日・10日を過ぎていたので、日にちではないだろう。
だとすれば、やはり「9月、10月」ということか。

明菜さんの最近の壮絶な夢

以下が、今日もらったメールの内容だ。

9/24 10:59受信

お久しぶりです。
私は1回退院したんですが、腰がまた痛くなり病院に戻ってきました…。
ここまで腰が痛くなるのは東日本大震災以来だから正直不安です…。
数日前にはdocomoの通信障害があったり…テレビの受信障害があったりしてます。
夢も…。とても悲惨な状況の夢がまた見え始めてきました…。
ガレキや自衛隊、消防、警察等沢山見えてます…。千葉の台風の後なのでまたどこかで災害があるのでしょうか?
外で料理してる方など見えてます。
お墓の夢も見えてるのでまた亡くなる方がでるのでしょうか?
娘や他の多くの方が何か必死に話しかけてます。
海と緑の山に林が見えてます。山には少し赤みが見えます。紅葉でしょうか?

前にもお伝えした9、10月が気になります。
9月は台風被害だったから次は10月に何か災害が起こるのでしょうか?
今回の長引く腰痛が関係ないといいですが…。
原因が謎って事が凄く気になります。
今朝にやっと点滴から解放されたのでまたメールします。
百瀬さんも無理はしないで手術に向けて体力整えて下さいね。

実は台風被害の夢だった?

明菜さんは以前から、私が胃(実際は大腸)を押さえている夢を見ていて、その後に私の大腸のポリープ(と癌)が見つかった。
そういう女性なので、単に3.11以降に予知夢を視るようになったのではなく、おそらく持って生まれた優れた霊感があるのだろう。

以前に書いたように、明菜さんが毎日のように視させられた「津波」の夢の一部または多くは、結局は台風15号による千葉県などの停電を含めた甚大な被害のことだったのではないだろうか。
本人になんども確かめたように、明菜さんが「津波」だと思っていたのは、実際は台風や水害などによる被害の可能性もあるということだ。

だが、その後の現在でも何らかの災害により大きな被害が出る夢を視続けているということは、やはり今後の9月~10月にかけて起きるのではないか。

「10月に何かが起こる」→5人目!

昨日の記事ではうっかり忘れていて、「10月に地震か何か大きなことが起こる」と思っている人は4人だと書いていた。
明菜さんの「9、10」のことを忘れてしまっていた。

昨日書いた4人というのは…

茨城県の郁代さん:「10月にすべてが決まる」と夢で言われた。
愛知県の綾音さん:10月に(愛知県または東海地方で?)大地震が起きる夢を視た。
神奈川県の神那(かんな)さん:10月は危ないと思っている。
ヒプノセラピストマリアさん:9月上旬~10月のカレンダーが暗くて見えず、特に「10月が 危ない」と感じている。

の女性たちだ。

それに、明菜さんが加わって5人になったことになる。

これだけシンクロしているからには、10月は厳重注意だ。
この5人とも、「どこで」起きるかという指定があるわけではない。
しいて言うならば、綾音さんは愛知県の人だから、そこで大地震が起きる可能性がある。

プエルトリコでM6.0の地震

今日未明(UTC)、中米プエルトリコの本島の北沖でM6.0の地震が発生した。

また、中米アルゼンチン沖のトリニダードトバゴ島で、泥火山が爆発した。
住宅街の泥火山で、爆発が起きた。

f:id:nmomose:20190924231604j:plain


プエルトリコのこのあたりでは、過去にどのような大地震が起きていたか、調べてみた。
すると、20~30kmほど南方で、1918年にM7.1、1943年にM7.7の地震が起きていた。

1943年のM7.7の方が起きたタイミングが、ヤバいと思った。
昭和の南海トラフ巨大地震のうち、昭和東南海地震(1943/12/07)が起きる前年だからだ。

そして、1941春~1942春と続いたエルニーニョ現象が終息した翌年だった。
私の研究では、エルニーニョ現象の発生中から終息の翌年あたりまで、大地震が多く起きる時期なのだ。

f:id:nmomose:20190924232404j:plain

エルニーニョ終息後に火山噴火が多発?

こうして見ると、環太平洋(リング・オブ・ファイア)で地震や火山噴火が頻発しているようだ。
このうち、中米~南米にかけて起きた火山噴火を以下に並べてみる。

2019/06/05:中米グアテマラ、フエゴ山、噴火
2019/07:エルニーニョ終息
2019/08/06:ペルー、サバンカヤ山、噴火
2019/08/14:メキシコ、ポポカテペトル山、爆発
2019/09/10:チリ、ビジャリカ山、噴火
2019/09/21:トリニダード・トバコの民家が立ち並ぶ住宅街で地割れが起こり、泥火山が爆発した。
2019/09/22:カムチャツカ、シベルチ山が爆発、噴煙5000m


エルニーニョが終息した直後から、中米から南米で噴火が頻発しているようだ。
最後はカムチャツカの大火山で、ここが噴火したということは、今度は環太平洋の西側に回ってくるのかもしれない。
そして、プレートでいうと、今日地震が起きたプエルトリコは北米プレート境界上にあるため、北米プレート上の東日本およびその太平洋沖あたりの地震に注意が必要だ。

エルニーニョ現象と火山活動

ここで、あらためて、エルニーニョ現象とは何か。
赤道付近の南米沖の東太平洋で,クリスマスの頃,赤道に向かって流れるフンボルト海流が弱まり,海面温度が上昇する。
東太平洋の広い範囲で海水温の上昇が6ヵ月~1年ほど続く現象を、エルニーニョ(南方振動)と呼ぶ。

じつは、熱帯の大規模火山噴火がエルニーニョ現象を誘発するという説がある。
それによると、最初の噴火から1年前後たってからエルニーニョ現象が始まることが多いという。

加えて、私の研究によると、前述のようにエルニーニョ現象の発生中から終息の翌年あたりまで、地震や火山噴火が多く起きるようだ。
それは、下記のリストのように、南海トラフ巨大地震も例外ではない。

凡例:【エ】=エルニーニョ、【ラ】=ラニーニャ、【大蛇行】=黒潮大蛇行

【エ】1852~1853年
【大蛇行】1854年(開始・終了月不明)
【南海】1854年12月23日:安政東海地震(東海道沖の巨大地震) - M8.4
【南海】1854年12月24日:安政南海地震(南海道沖の巨大地震) - M8.4
----
【大蛇行】1934年3月1日~1944年前半(約11年間)
【エ】1941春~1942春
【ラ】1942春~1943秋
【南海】1944年12月7日 昭和東南海地震 M7.9(Mw8.2)
【エ】1946年春~1947年春
【南海】1946年12月21日 昭和南海地震 M8.0(Mw8.4)、犠牲者・行方不明者1,443人


このように、南海トラフ巨大地震は、エルニーニョ現象(またはラニーニャ現象)と黒潮大蛇行の終息後に起きる傾向にある。
これは、南海トラフ巨大地震に限っては、地震の発生に「海水温」が大きく関わっているから、このような傾向になるのではないか。

9/30のスーパームーン前後は注意

8/30はスーパームーンだったが、次の新月の9/30もスーパームーンとなる。
そろそろ、その影響下に入っても良い頃だ。

そうなると、昨日と今日の記事で紹介してきた「10月に注意」というのは、大地震も含まれそうだと思えてくる。

スーパームーンの影響ということに関しては、10月の第1週あたりまでは気を付けた方が良いだろう。

私のヴィジョン

次に、昨夜私が寝入りばなに視たヴィジョンを。

https://www.instagram.com/p/B2xD5uDBESz/
【ヴィジョン】2019/09/24 1:40、寝ようして微睡んでいた時に、家の中から外へ水を汲み出す人々の姿が見えた。台風か大雨か?10月には大地震か何かが起きるようで、その時か?#ヴィジョン #ビジョン

かなり壮絶な映像だった。
自分の家という雰囲気は無かった。
ニュースか何かで見ている映像なのかもしれない。

とにかく、あり得ることとしては、台風か何かで大きな水害による被害が出ること。
「10月に何が起きるか?」ばかり気にしているので、そういう夢を視たのだろうか。

このヴィジョンが現実になるとしても、10月に限ってはいないが、今の流れだと、そう考えたくなる。

今日の前兆現象

まず、ちび子の運動量は、今日も少ない。

https://www.instagram.com/p/B2xekr7BQ_W/
【ハムスター】9/24朝、カウンター値:13。 @kokanranger 報告 #hamster #地震予知 #ハムスター地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター


毎日書いているこの部分は、ここ数日は暇を持て余している。
書くことがあまりないからだ。

それは、現在の関東地方を含めた国内の有感地震の少なさに同期している。

昨日23日はまったく有感地震がなく、今日はやっと14時31分に奄美大島近海でM3.6の小規模な地震があった。
だが関東は、5日以上も地震が起きていない。

その後に必ず強めの地震が起きるわけでもなく、千葉か茨城でM3クラスだったりすることもある。
だが、この記事で書いた流れがあるので、念のため地震にも注意したい。



https://www.instagram.com/p/B2yIbbzBMHl/
【書籍】『防犯・防災 ひとり暮らしのあんしんBOOK』(だいわ文庫)、セコム・女性の安全委員会、大和書房。盗難・ストーカー・SNSトラブル・大地震など、一人暮らし女子の「困った」を助ける本。防災の研究上こういう本を参照することも。#防災 #一人暮らし女子 #地震

防犯・防災ひとり暮らしのあんしんBOOK (だいわ文庫)

防犯・防災ひとり暮らしのあんしんBOOK (だいわ文庫)


https://www.instagram.com/p/B2yJxXpBDk_/
【書籍】『がんで死ぬ県、死なない県 なぜ格差が生まれるのか』(NHK出版新書)、松田智大、NHK出版。北海道の肺がん、福岡県の肝がん。長野県は羅患率は高いが亡くなる率は最低。青森県や大阪府は他県に比べてがんで亡くなりやすい。気候や食生活の違いで羅患しやすい癌が異なる。#がん #癌 #がんで死ぬ県死なない県

がんで死ぬ県、死なない県 なぜ格差が生まれるのか (NHK出版新書)

がんで死ぬ県、死なない県 なぜ格差が生まれるのか (NHK出版新書)


https://www.instagram.com/p/B2xlrZvhEzp/
【遥梛】今朝、2年前の愛弥美のInstagram写真を遥梛に見せたら、右側にいる本人と見比べて、何度か首を左と右と180度回していた。どうも「お姉ちゃん」だとわかっているようだ。生後3ヵ月にして。Haruna understands who is her sister.#はるな #遥梛


メチャウケ。


お目目直しに。




Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email