探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也の地震予知・防災・スピリチュアルなど探求Web/ブログ

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・防災・精神世界等を探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




【地震予測】南海トラフ巨大地震は2020年6月の東京オリンピック開催直前までは起きない理由


f:id:nmomose:20190928233003j:plain

黒潮大蛇行の最新の予測から、南海トラフ巨大地震の発生時期を推定するが、結論からいうと、来年の東京オリンピックの直前までは起きない可能性が非常に高い。
また南海トラフ巨大地震などの歴史に残る大地震と月齢の関係について探ってみたい。


黒潮大蛇行の最新予測

例によって参照する「黒潮親潮ウォッチ」で、9/25に黒潮大蛇行の最新予測が発表された。

黒潮大蛇行は2017年8月に始まって以来、約2年2カ月経過した。
記録が確かな1960年代後半以降では、史上3番目の長さの黒潮大蛇行になっている。

私が調べたところでは、1960年代後半より前でも、一応年月までの記録があるケースを含めると、歴代で6位の長さとなる。

1位から5位までは、以下の通りとなる。

1位:1934年3月1日~1944年前半(約11年間)
2位:1906年4月~1912年9月頃(約6年5カ月)
3位:1917年2月~1922年3月頃(約5年1カ月間)
4位:1975年8月~1980年3月(約4年7カ月間)
5位:1959年5月~1963年5月頃(約4年間)
6位:2017年8月~20xx年(2019年9月時点では2年2カ月間)

黒潮大蛇行は今年11月下旬まで続く

黒潮大蛇行の予測に戻ると、大蛇行は少なくとも11月21日までは続くという。
以上の予測に基づき、下記の南海トラフ巨大地震発生予測の固定ページを修正しておいた。

このことは、南海トラフ巨大地震の発生に大きく影響してくる。

南海トラフ巨大地震は東京オリンピック開催直前まで起こらない

1944年12月7日に昭和東南海地震(M7.9)が起きた時には、その年の前半に黒潮大蛇行が終息していた。
少なくとも半年間の空きがあったことになる。
この時には、1934年3月1日~1944年前半と、約11年間も続いた。

それ以外の南海トラフ巨大地震では、1854年12月24日に安政南海地震が起きた時の前は、1854年に大蛇行が起きていたことはわかっているが、その年の何月に始まって何月に終わったかはわかっていない。

安政以前の南海トラフ巨大地震の際には、黒潮大蛇行の存在が知られていなかったので、まったく不明だ。

このような前提からすると、たとえ10月下旬に黒潮大蛇行が終息したとしても、恐らく年内に南海トラフ巨大地震が発生する可能性は限りなくゼロに近いだろう。

過去の黒潮大蛇行は年月日がわかっているものでは、すべて7月~翌年2月に起きている。
ということは、南海トラフ巨大地震は2020年6月までは起きない可能性が非常に高くなる。

つまり、南海トラフ巨大地震が発生したために東京オリンピックが中止になるということは、可能性として低いということになる。
もっとも、その他の大地震などの災害については、この限りではないが。

このブログでは、年中「起きる起きる」とばかり言っているわけではなくて、時にはこのように「起きない」ということもある。

巨大地震の発生と月齢

次に、過去の南海トラフ巨大地震など歴史に残る大地震が発生した時の月齢を見てみたい。
また、黒潮大蛇行の発生時期との関係を見たいので、その情報も加えている。

【南海】1605年2月3日:慶長地震(南海トラフ津波地震説) - M7.9 - 8。月齢 14.8
【南海】1707年10月28日:宝永地震(南海トラフ全域) - M8.4 - 8.6。 月齢 2.5
【大蛇行】1854年(開始・終了月不明)
【南海】1854年12月23日:安政東海地震(東海道沖) - M8.4 月齢 3.2
【南海】1854年12月24日:安政南海地震(南海道沖) - M8.4 月齢 4.2
【大蛇行】1890年~1891年
【内陸】1891年10月28日 濃尾地震 - M8.0、犠牲者・行方不明者7,273人、根尾谷断層。
【大蛇行】1917年2月~1922年3月頃(約5年1カ月間) 月齢 19.7
【内陸】1923年9月1日:関東地震(関東大震災) - M7.9。 月齢 19.7
【大蛇行】1934年3月1日~1944年前半(約11年間)
【南海】1944年12月7日 昭和東南海地震 M7.9 月齢 21.2
【南海】1946年12月21日 昭和南海地震 M8.0 月齢 27.4


これを見ると、大地震発生時の月齢はまちまちだが、それでもある「傾向」が見えてくるように思える。
それは、満月・新月の数日後に起きていることが多いということだ。

だが、以前に、より多くの大地震データを用いて行った調査では、あまり顕著な傾向が得られなかった。
そのため、なんらかの条件をプラスアルファする必要があるだろう。
今後の課題としたい。

南海トラフ巨大地震以外の大地震も黒潮大蛇行の影響を受けている?

今まで、南海トラフ巨大地震は黒潮大蛇行が発生中には起きないことを、過去の事例に基づいて主張してきた。
上記の一覧を見ると、南海トラフだけではなく、濃尾地震(1891年)と関東地震(1923年)も大蛇行の終息後まもなく起きているように思えてくる。

もっとも、1890年~1891年の黒潮大蛇行は、1891年の何月に終息したかは不明なので、場合によっては大蛇行の発生中に濃尾地震が起きていたかもしれない。
それを言うならば、安政東海地震(1854年)も同様だ。

このことも、今後さらに調べてみたいことだ。
(というか、誰かやってくれないかな…)

フッガービーツ氏の最新地震予測

オランダの地震予知研究家フランク・フッガービーツ氏の最新の地震予測は以下の通り。

9/28更新の天体配置:
9/28に金星が太陽と天王星と並ぶため、今後数日間の地震活動が活発化するだろうが、どの程度化は不明。
強いて言えば10/7の天体配置から、10/7~10/10はかなり危機的な大地震の気配が見られる。

今日の前兆現象

今日のちび子の運動量は、以下の通り。

https://www.instagram.com/p/B277wbGB80z/
【ハムスター】9/28朝、カウンター値:171。 @kokanranger 報告 #hamster #地震予知 #ハムスター地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター


うちのラドン濃度は、どんどん上昇してきた。

f:id:nmomose:20190929000510j:plain

下降に転じた後で、該当する地震が起きるかもしれない。



この投稿をInstagramで見る

今年3月にタイで。 In Thai. #タイ #タイ旅行 #愛弥美

百瀬直也さん(@noya_momose)がシェアした投稿 -


この投稿をInstagramで見る

【愛弥美】おはよ。Mornin’. #愛弥美

百瀬直也さん(@noya_momose)がシェアした投稿 -


【動画】画像クリックで再生。


【動画】画像クリックで再生。


Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email