探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也の地震予知・防災・スピリチュアルなど探求Web/ブログ

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・防災・精神世界等を探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




【地震予知】世界的に著名なフランク・フッガービーツ氏の過去の地震予測を評価する~驚異的な的中率?


f:id:nmomose:20191018222632j:plain

今日はオランダの地震予知研究家フランク・フッガービーツ氏の過去2年間ほどの地震予測を振り返り、どのくらい的中していたかを評価する。


フッガービーツ氏の過去の地震予測

オランダのフランク・フッガービーツ氏は、占星術的手法によって地震予知を行うことで世界的に知られている。
その地震予測方法は、あまり手の内を明かさないが、部分的には伝統的な西洋占星術…特に複数の天体(太陽・月・惑星)のアスペクト(地球を中心に見た角度)を重視しているようにも思われる。

多くの場合、何月何日から何日までと日の範囲を指定し、場合によってはどのくらいの規模の地震が起きそうだということまで示すが、「どこで」という位置的な情報は全く言及しない。

過去には米国カリフォルニア州などと指定していたようだが、大きく話題になった地震予測が外れて叩かれたりしたのかどうかわからないが、現在では地震が起き得る場所は一切書かなくなった。

以下に、過去に私がこのブログで紹介を始めた2017年9月頃からの地震予測を示し、対応する地震が世界のどこかで起きた場合は、それも示す。

基本的には、日の範囲を1日でも超えた場合はたとえ大きな地震が起きても対象外とする。
ただし、オランダ・UTC(グリニッジ標準時)・日本時間の時差を考慮して多少外れたりした場合や、別の理由で、例外的に紹介する場合もある。

2017年

2017年9月7日:

「3惑星がほぼ直列状態に至ることにより地震活動が活発化、今日はM7を上回る地震が起きるかもしれない」
→2017-09-08 04:49 (UTC):メキシコ・チアパス地震、Mw8.1、犠牲者91人

2017年11月30日:

今後1週間の間に、特に12月7~10日にはM8以上の甚大な被害をもたらす地震が起きる可能性がある。
→2017-11-30 06:32 (UTC):大西洋中部、M6.5

2018年

2018年12月6日頃:

地球が天王星と金星の間に入って、地球のプレートが惑星の配列による重力の影響を受けて動くため、12月7~13日の間に大きな地震が起きる。
→2018-12-11 02:26 (UTC):大西洋・北サンドイッチ諸島、M7.1

2018年12月:

「2018年12月21日に惑星がとても危険な位置に配置されます。これにより12月21~25日の間に巨大地震が発生するでしょう。現在の計算だとマグニチュード7~8の地震になりそうです」
→2018-12-20 17:01 (UTC):カムチャツカ半島中部東沖、M7.3

2018年12月:

12/27~29に太陽-水星-天王星の位置によって、M6クラスの地震が起きる。
→2018-12-29 03:39 (UTC):フィリピン南部ミンダナオ島の最南端から東100km沖、M7.0

2018年12月30日:

12月30日はM6クラスの地震が起きるかもしれず、月の位置などからして、1/1頃までは要注意。
→2018-12-31 02:35 (UTC):米国アラスカ州コールドベイ南沖、M6.0

2019年

2019年1月11日:

1/10~1/13に、M6クラスの地震が起きるだろう。
→なし

2019年1月15日頃:

1/15以降、M6クラスの大きな地震が起きる可能性が高く、特に1/16~1/18に起きそう。
→2019年01月18日 21時46分:千葉県北東部、M5.3

2019年1月21日頃:

1月21日から24日に大地震または巨大地震が起きる可能性が非常に高く、かなりシリアスな状況。
→なし

2019年1月27日:

1/26または1/27に、M6クラスまでの地震が起きるだろう。
→2019-01-26 19:56 (UTC):フィジー諸島ドイ島、M6.2
→2019-01-26 03:51 (UTC):ソロモン諸島・チロヴァンガ島、M6.2
→その他1/26~27(UTC)にM5クラスが4回発生。

2019年1月30日:

1/30~2/1の地震予知情報として、1/29~30に重大な天体配置があり、1/30~2/1に大地震発生のトリガーとなるかもしれない。
→2019-02-01 16:14 (UTC):メキシコ南部プエルトマデロ、M6.7

2019年2月9日頃:

現在は地震の閑散期にあるが、2/10からは非常に重大な時期に入り、3月・4月までも続くだろう。
→2019-02-22 10:17 (UTC):エクアドル北部、M7.5
→2019-03-01 08:50 (UTC):ペルー南部、M7.0
→2019-04-09 17:53 (UTC):北サンドイッチ諸島、M6.5

2019年2月15日頃:

2/14~16にM6.5以上の地震を予測し、また2/17~21は特別警戒期間で、M7~M8規模に注意。
→2019-02-22 10:17 (UTC):エクアドル東部、M7.5

2019年2月27日:

2/27はM6クラスの地震活動のトリガーとなり得て、2/28~3/1の間、そして更に要注意なのは3月の最初の週で、M6クラス半ば以上(M6.5~M6.9位)の地震もあり得る
→2019-03-01 08:50 (UTC):ペルー南部、M7.0
→2019年03月02日 12時23分:根室半島南東沖、M6.2
→2019-03-06 15:46 (UTC):ニュージーランド北沖、M6.4

2019年3月3日:

3/3~3/8にM6クラスの地震に注意。
→ニュージーランド北沖、同上
→2019-03-08 15:06 (UTC):フィリピン南部、M6.1

2019年3月24日:

3/24~26の天体配置によって、3/25~30に大地震または巨大地震が起きる可能性があり、特に3/28~29が要注意。
→2019-03-28 22:06 (UTC):カムチャツカ半島南沖、M6.2
→2019-03-30 11:20 (UTC):パプアニューギニア、M6.2

2019年4月9日:

4/9と4/10の深刻な惑星と月の配置から判断して、4/10~4/12にM7超の地震もあり得る。
→2019-04-09 17:53 (UTC):北サンドイッチ諸島、M6.5
→2019年04月11日 17時18分:三陸沖、M6.0
→2019-04-12 11:40 (UTC):インドネシア・スラウェシ島東沖、M6.8

2019年4月15日頃:

4/14の月のピークにより、4/15前後にM6超の規模の地震が起きることもあり得る。
→なし

2019年4月17日頃:

4/16の月と他の惑星の2通りの配置からして、4/16~4/19に大きな地震が起こり得て、場合によってはM7.5超となり、酷ければM8超となるかもしれない。
→2019-04-18 05:01 (UTC):台湾、M6.1
→2019-04-18 14:46 (UTC):オーストラリア南沖、M6.3

2019年4月30日:

きわめて深刻な天体配置によって、4/30~5/3に大地震または巨大地震のトリガーとなる可能性がある。
→2019-05-03 07:25 (UTC):ソロモン諸島、M6.2

2019年5月5日:

惑星と天体の配置、特に地球-火星-木星の配置によって、5/6~5/7にM6クラス後半~M7クラスの地震もあり得る。また5/7~5/8にも引き続き要注意で、大地震への警戒期間は5/11まで続くだろう。
→2019-05-06 21:19 (UTC):パプアニューギニア、M7.1
→2019年05月10日 08時48分:日向灘、M6.3

2019年5月8日:

5/8~5/11にM6クラス後半~M7クラスの地震が起きるかもしれず、最悪ではM8クラスもあり得る。
→同上

2019年5月15日:

今後の2日間で、月の配置からして、M6以上あるいはM7クラスの地震が起きる高い可能性がある。
→なし

2019年5月18日:

5/18の地球と金星・天王星の配置が満月の時にできることによって、M6超の地震のトリガーとなるかもしれない。
→2019-05-19 01:23 (UTC):ニューカレドニア、M6.3

2019年6月4日頃:

重大な月の天体配置が天王星・海王星との間にできるために、6/5前後にM6台半ば~後半くらい、あるいはM7規模の地震も起こり得る。
→2019/6/4 13:39、鳥島近海、M6.1

2019年6月10日:

月の危険な配置ができているため、10日~12日にM7以上の地震が起きる可能性がある。
→なし

2019年6月14日:

6月14日(木)~18日(火)に、地球は水星・火星・土星との4つのうち3つの配置ができる。これは非常に危機的な状況であり、特に6月14日~21日(金)に、M7以上の地震活動が起こり得る。電磁波的な圧力波は、15日(土)前後にも気象津波を引き起こす可能性がある
→2019-06-14 00:19 (UTC):チリ南部、M6.4
 2019-06-15 22:55 (UTC):ケルマデック諸島、M7.3
 2019-06-17 14:55 (UTC):四川省長寧県(Chiangning)、M6.0、犠牲者数名。
 2019年06月18日 22時22分:山形県沖(酒田の南西50km付近)、M6.8、最大11cmの津波

2019年7月8日:

7月8~9日にできる6つの天体の配置によって、7/11までは要注意。
→2019-07-11 17:08 (UTC):パプアニューギニア、M6.0

2019年7月19日:

17日の惑星と月の配置により、大規模な地震を引き起こす可能性がある。もしかするとM6クラス後半~M7クラスになるかもしれず、最もあり得るのは19日~20日。
→2019-06-19 07:01 (UTC):ニュージーランド北沖、M6.4
→2019-06-19 17:24 (UTC):パプアニューギニア、M6.3

2019年7月25日:

7/25の天体配置の影響により、特に7/26~27により大規模の地震が起こり得る。
→2019年07月28日03時31分:三重県南東沖、M6.5

2019年7月30日:

30日の特別な月の配置が大きな地震のトリガーとなる可能性があり、M6台半ばくらいの地震が起きるかもしれない。
→2019-07-31 15:02 (UTC):ヴァヌアツ、M6.6

2019年8月:

8月3日の月の致命的な天体配置が、4日~6日の大きな地震活動のトリガーとなるかもしれず、特に4日~5日は最も致命的。
→2019年08月04日19時23分:福島県沖、M6.2

2019年8月12日頃:

8/12頃から要注意期間に入り、8/14~8/18頃が最大のピークとなり、1つか2つのM6台後半~M7クラスの地震が起きる可能性がある。
→なし

2019年8月13日:

8月12日~15日の致命的な4つの惑星の配置により、大地震が起きる可能性がある。特に、8月14日~18日に、おそらくはM6台後半~M7クラス、最悪のケースではM7台後半~M8クラスの大地震が起きるかもしれない。
→なし

2019年8月25日:

火星と金星などの配置により、8/25~28に危機的な状況に入り、場合によってはM7超の地震も起こり得る。
→なし

2019年9月11日:

次の危険な時期は9月14日~17日で、水星と金星が13日に合(コンジャンクション)になり、14日には火星と海王星が合になり、最悪ではM8クラスもあり得る。
→なし

2019年9月20日:

9/19~9/24の地震予報:危機的な月の火星・海王星との配置により、来週大きな地震が発生する可能性がある。
→2019-09-25 23:46 (UTC):インドネシア、M6.5

2019年10月13日:

いま地球では、例外的な地震の小康状態となっている。しかし、昨夜は金星と天王星が並んだため、重要な惑星配置になりつつあり、14日~15日にM7規模の地震を引き起こすかもしれない。
→なし

地震予知の職人?

以上は、当たった地震予測だけを抽出しているわけではない。
このブログで紹介したフッガービーツ氏の地震予測を、基本的にすべて抽出している。

当てずっぽうに言って、これだけ当たるものではないだろう。
地震の規模の範囲まで当たっていることもある。

特に、下記の地震予測。
2019年06月18日 22時22分:山形県沖(酒田の南西50km付近)

津波の発生まで予測していたというのは、いったいどういう方法論だろうか。
「オカルトかい?」と思ってしまう。

個人的には、占星術の理論による地震予測というのは、手放しで認めているわけではないが、大したものだと感心する。

その風貌からして、地震予知の職人と呼びたくなってくる。

f:id:nmomose:20191018230012j:plain

フッガービーツ氏の最新地震予測

以下は、大したことがない内容だが、いちおう昨日発表された最新の予測ということで、紹介しておく。

10/17夜受信

火星・水星・海王星の配列はかなり危機的だが、月の配置は今後数日間はそれほど重大ではなく、多少の地震の増大にとどまるだろう。

世界のどこで起きるかを教えてくれないのがネックだが、時には日本で起きる大地震の可能性もあるわけで、これからも氏の地震予測を紹介していきたい。

今日の地震前兆現象

ハムスターの運動量などは余裕がないのと大したことがないので省略。

今23時40分現在、両耳でセミ鳴きの耳鳴りが強く続いている。

「三重県 命に危険を及ぼす災害のおそれ!」とあるので、三重県の方々は厳重注意を。


※普通の大容量モバイルバッテリーとしても問題なく使えそう(約600gの重さを気にしなければ)


退院後に、溜まっている過去のメールを読む暇がいまだにありません。
すみません。



ヒョウキンなところは母親似。


Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email