探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也の地震予知・防災・スピリチュアルなど探求Web/ブログ

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・防災・精神世界等を探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




【大地震】マクモニーグル氏とティテル氏の予言で直近で起きるかもしれないこと~南海トラフ巨大地震・ハロウィーン大事件?


f:id:nmomose:20191024213535j:plain

今日は米国の代表的なサイキック(超能力者)のジョー・マクモニーグル氏とジョセフ・ティテル氏の今年あたりに日本で起きる大災害などの予言と、過去の予言で的中したと思われるものについて検討する。


マクモニーグル氏とジョセフ・ティテル氏の予言ページを移転

マクモニーグル氏とジョセフ・ティテル氏の予言ページは、いままで『神秘三昧』Web上のコンテンツだったが、数日前に探求三昧Webへ移動した。
『神秘三昧』や『防災三昧』のサイトは、いずれは閉鎖して探求三昧へ統合する予定だ。

マクモニーグル氏の予言

まず、米国のリモートビューイングで知られるジョー(ジョセフ)・マクモニーグル氏の予言について。
このサイトの下記ページに予言をまとめてある。


マクモニーグル氏は、後述するジョセフ・ティテル氏と異なり、「2019年の予言」といった形で年頭に予言を発表するようなことは行っていない。
基本的に、氏の著書『ジョー・マクモニーグル 未来を透視する』(2006年刊)に書かれた予言のうち、2019年前後に起こるとされている予言について、見ていくことにする。

ちなみに、この本の原書は1998年に出版されたもので、邦訳版の刊行にあたって「第二章 日本とアジアの未来」をマクモニーグル氏が新たに書き下ろし、加えられた。
そのため、第二章で書かれていることは、出版された2006年頃に未来透視が行われたと思われる。

10年以上前に行われた予言で、もし的中しているものがあるとすれば、それは途方もなくすごいことだと言えるだろう。

ジョー・マクモニーグル未来を透視する

ジョー・マクモニーグル未来を透視する


今後日本で発生する大災害

この本の前述の第二章に、「日本の自然災害」と題した項がある。
そこからピックアップする。

2018年晩夏

ここでは「東京都、西40km、震度6弱」とあるが、東京駅あたりを中心として西へ40kmだと、八王子付近が震源となる地震となる。
もちろん、未来透視でそこまで正確に震源を突き止められないだろうから、おおよその位置だと思った方が良い。

ここ小平市から八王子市までは15kmほどなので、そんなに大規模な直下型地震が起きれば、ここもかなりの被害が出るだろう。
最大震度6弱ならば、首都直下地震といえるだろう。

2020年夏

「2020年夏:市川市、北東10km、震度6弱」とあり、これも現実に起きれば首都直下地震となるだろう。
位置から北東10kmは、市川市の中心からならば、千葉県白井市あたりとなる。

2037年初夏

「2037年初夏:鈴鹿市、南西8km、震度7」とあり、震源は鈴鹿市の南西部あたりの内陸地震となる。
鈴鹿市は、伊勢湾の西側に面している。
三重県の内陸部では、あまり大きな地震は起きていないが、油断はできない。

東南海地震(南海トラフ巨大地震のひとつ)が発生すれば、かなりの被害が想定されるところだ。
伊勢湾の大部分は想定震源域からは外れているが、かなりの強震となるだろう。

昭和東南海地震では、隣の津市で震度6を記録した。
マグモニーグル氏の予言がその通りになれば、ミシェルさんや私がビジョンで視たりした「伊勢湾トライアングル」の大災害と重なることになるかもしれない。

日本を襲う津波

「日本の自然災害」の項には、「日本を襲う津波」と題した表がある。
ここでは、2008年~2067年に起こると未来透視した津波が起きる時期と、津波の高さが示されている。

たとえば「2010年晩夏」という項目では、津波の高さが13mとなっている。
そして翌年2011年3月11日に、東日本大震災が発生し、最大21.1mの津波が起きた。
誤差は+6ヶ月だった。

マクモニーグル氏は、自分の予言は5年くらいの誤差を考慮してほしいと本に書いている。
人によっては、5年もずれれば的中とは言えないのではないかと思う人もいるだろうが、私は少なくとも2~3年の誤差は容認できるだろうと考える。

次の「2018年秋」では高さ10.5mとあるが、結果としては2016年11月22日の福島県沖、M6.6の地震で、津波の高さは最大1.44mだった。
この時は誤差-2年となった。

その次は「2025年夏」とあり、津波の高さは16.8mと予言している。

ジョセフ・ティテル氏の予言:2017年の予言

次に、米国のサイキックであsるジョセフ・ティテル氏が毎年年頭に発表する予言を見ていく。
まずは2017年の予言で、的中したと思われるものは以前から書いていたが、今日新たに追記したものを紹介する。

【予言】1:01:02

ミサイルが何発か発射され、少なくとも1発が戦艦に命中する。戦闘機が飛行する中を炎が見える。乗組員たちが冷たい海に飛び込む。3隻の軍艦が見える。戦闘している片方の陣営は3カ国の連合で、米国もその戦闘に何らかの形で参加している。3と7の数字が聞こえるが、それは非常に重要な意味をもつ。3日と7日?3隻?3カ国?99と100の数字も見える。99人の逝去者?


その後、2年後になるが、2019年10月11日、中東サウジアラビア沖合の紅海を航行していたイランのタンカーで爆発が起き、炎上した。
サウジアラビアの方角から2発のミサイル攻撃を受けたもの。

【予言】4:19:40

歴史始まって以来の誰も助からない洪水。そして大きな津波。3つの大きな津波が来る。
チリ、ニュージーランド、オーストラリアは最も危険。


結果としては、翌年2018年9月28日:2018年スラウェシ島地震(Mw7.5)が発生した。
地滑りによる最大11.3mの津波が発生した。
犠牲者数は2081人、特定できた行方不明者は1309人に上った。
予言された一つのオーストラリアから1200kmほどの距離だった。

「歴史始まって以来の誰も助からない洪水」

ハリケーン・ハービー(2017年8月17日~9月2日)により、米国で広範囲かつ壊滅的な被害があり、米国の歴史に残る被害額の大きい自然災害の一つとなった。
犠牲者107人。

「ジャマイカで、晴れた日にハリケーンが起きる。」

ハリケーン・ハービー(2017年8月17日~9月2日)は、中米ジャマイカの南方あたりを西進して北米に上陸した。

「巨大なハリケーンが海上で起こる。」

巨大なハリケーン・ハービー(2017年8月17日~9月2日)は南米ブラジルの北東沖あたりで発生した。

2018年の予言から

次は昨年2018年の予言からピックアップする。

予言(52:24)

健康が不安な著名人として並んだ人々のうち、ジョン・マケイン氏は脳腫瘍のために亡くなった。

予言(YouTube以外)

「土が揺れて割れ、島と山が海に崩れる」

2018年12月22日、インドネシア、アナック・クラカタウ山で山体崩壊が起き、スンダ海峡で津波が発生した。
そして420人以上が命を落とすという大災害となった。

2019年の予言から

次に今年2019年だが、既に予言が的中したと思われるものもいくつかある。

予言(0:23:05)

日本・中国・香港で、大きな台風が来るだろう。
また、日本と中国の間あたりで巨大な地震が起き、これは恐らく沿岸部の地震から始まる。


今年は既に甚大な被害が出た台風が2件あった。
台風15号と、台風19号だ。
そして、エネルギーシフトの正確な開始日という2月19日の直後2月22日に、エクアドルでM7.5の地震が発生した。

リング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)は全体的に静穏化するが、局所的には活発化して地すべりなどが起きるだろう。

リング・オブ・ファイアは、たしかにここまでは全体的に静穏化していると言えて、その通りとなっている。

日本の北部あたりでは火山の噴火活動も起きるが、中央部分の北部にある高い山で…もしかすると富士山か?…噴火に伴う大地震もあり得る。
多くの国が日本を援助する。

2019年8月7日と25日、浅間山が小規模噴火した。

予言(0:37:45)

ハロウィーン(10月31日)から11月20日頃にかけての火星が逆行する期間は、大きな出来事がいくつも起きる。
何か途方もないネガティブな出来事が10月31日から11月2日までの3日間に起きる。
ハリケーン・サンディを思い起こさせる光景が浮かんでくるが、10月末までに巨大なハリケーンが来るのだろう。
新聞の見出しで「ハロウィーン銃撃事件」と見える。


「ハロウィーン銃撃事件」
これはまだ起きていないが、もし起きれば世界的に大ニュースとなるだろう。

予言(1:39:50)

大規模な地殻変動に伴う災害救助のためか、または防衛なのか、日本と中国の海軍の船が見える。
ロシアの中国寄りの場所、あるいは日本の北部に、北朝鮮までもが救助に向かうのは、そこで大規模な災害が起こるためかもしれない。

2019年10月7日、大和堆(やまとたい)と呼ばれる海域付近で違法操業漁船の取り締まりをしていた水産庁の取締船「おおくに」と北朝鮮の漁船が衝突し北朝鮮船が沈没。
「おおくに」は救命いかだ2艇を出し、海上に投げ出された漁船の乗組員らを救助した。
予言とは逆に、北朝鮮が救助される側となった。
大和堆は、日本海中央部に位置する浅い部分。

また、2019年9月2日~30日にかけて、ロシアは、日本海のロシアの排他的経済水域で密漁していたとして、小型船11隻に乗っていた北朝鮮漁民87人を拘束した。
また、遭難で沈没した26隻の小型船に乗っていた北朝鮮船員174人を救助した。

すごい予言者

ジョセフ・ティテル氏については、毎年元日にその年の予言が発表されると、TOCANAにネタ出しして記事を執筆することが多い。
今年の記事では、富士山噴火か?と思わせるような予言も紹介しているが、今のところはその兆候もないようだ。


毎年トカナで書く記事では、まず前年までの予言で的中したものを紹介するのだが、探していくと、本当に多い。
それで、本当に優れたサイキックだと感心するのだ。

もちろん、その年の予言が年内に起きなくても油断はできず、その翌年かそれ以降に現実になる予言も少なくない。
たとえば「2019年の予言」として発表したことが、すべてカッチリとその年に起きるわけではなく、起きなかったらハズレとするのは予言研究の素人さんと思われても仕方ないだろう。
そういうものだと思う。

今日の前兆現象

今日のちび子の運動量は、以下の通り。

https://www.instagram.com/p/B3-tirRAcrI/
【ハムスター】10/24朝、カウンター値:6608。昨日発震スタンバイかと思ったらまた増えた。 @kokanranger 報告 #hamster #地震予知 #ハムスター地震予知 #ハムスター #ジャンリアンハムスター

昨日は急減して発震スタンバイと書いたが、まだ関東当たりで地震が起きずに、また急増した。
もちろん地震以外の要因でそうなることもあるが、様子見したい。

うちのラドン濃度は、下記の通り少し上昇してから下降に転じて、これも関東あたりで地震が起きることを示唆している。

f:id:nmomose:20191024223923j:plain


次にイオノグラムを見ると、これも北海道と東京近辺で、それほど規模は大きくないかもしれないが、揺れそうだ。

日本でも世界でも、「地震の静穏期」は、いつまで続いてくれるだろうか。

今日は、下記の固定ページを更新したが、黒潮大蛇行の続行予定日が数日延びたくらいで、年内は大蛇行が続くだろうという予測は変わっていない。


※カセットコンロの耐用年数は10年で、理由はガス漏れ防止のためのゴムパッキンが経年劣化するためで、それ以上使うと危険。

イワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1

イワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1

カセットガスは約7年で、有効期限が切れる前に鍋でも作って使い切ることが大切。あんまり買いだめすると消費が大変。
イワタニ カセットガス 専用ボックス入り 12本組 CB-250-OR-12BOX

イワタニ カセットガス 専用ボックス入り 12本組 CB-250-OR-12BOX

こういうのも、あると良いかな。
カセットガス ストーブ マイ暖 CB-STV-MYD

カセットガス ストーブ マイ暖 CB-STV-MYD


https://www.instagram.com/p/B3-2pvZAGDh/
がん患者の殆どがビタミンD欠乏症で、補給で再発を防ぐ効果があるそうで、米国の天然サプリ1650円と本を買った。D3は癌リスク低下に不可欠との米の研究もある。#癌 #がん #抗癌 #ビタミンd




Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email