探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也の地震予知・防災・スピリチュアルなど探求Web/ブログ

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・防災・精神世界等を探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




【予言】トンガで海底火山噴火で新島出現~ティテル氏の今年の予言は的中か?環太平洋の大地震も要注意


f:id:nmomose:20191107162852p:plain

南太平洋の島国トンガ沖で、海底火山の噴火があり、新島が出現した。
米国のジョセフ・ティテル氏が年頭に類似の予言を行っていたが、この予言通りになったのかを検証したい。



トンガ新島浮上

海底火山の噴火は、トンガの首都ヌクアロファの南西約65キロの地点で起きた。
島一つが沈み、その3倍の大きさの新たな島が出現した。

新島の大きさは、100m x 400mほどあるといい、すでにラテイキ島(Lateiki)島と命名された。

トンガでは、10月に海底火山の噴火が18日間続いていた。
また、2日前の11/5にはM6.6などの地震も起きていた。
これらも、今回の新島浮上と関係なくはないだろう。

ジョセフ・ティテル氏の2019年の予言

新島の出現と聞いて、すぐに思い出したのが、米国の優れたサイキックであるジョセフ・ティテル氏の今年の予言だ。

これは、2018/1/8に発表されたYouTube動画によるもの。



ここで、下記のような予言がある。

予言(0:44:48)

2009年か2010年ごろ、地震の後で島が浮上してくると予言した時には、人々から狂っていると言われた。
だが、実際にパキスタンでそれが起きた。
今回のヴィジョンでは、島全体が完全に沈んで消えて、人々が溺れている姿が視える。
カナリア諸島かソロモン諸島ではないかと思う。

予言が的中か

予言の地域のうち、カナリア諸島はアフリカの西だから、はるかに遠い。
ソロモン諸島は、今回の新島から西へ2千キロほどのところだ。

やはり、このトンガのラテイキ島の出現のことではないのか。
おぼれた人がいたかどうかは現時点で不明だが、「島全体が完全に沈んで消えて」というのは、正にその通りになった。

新島の出現などは、世界でそう頻繁に起きることではない。
それを考慮しても、予言した年に起きたということで、予言通りになったと言えるだろう。

日本では、2013年11月に小笠原諸島で西之島新島が出現した。
日本周辺で海底火山活動はないとしても、これまで鎮静化していたリング・オブ・ファイアで、今後しばらくは大地震なども注意が必要だろう。

日本の予言は?

これを機に、今年のティテル氏のの日本に関する予言も見直してみる。

日本・中国・香港で、大きな台風が来るだろう。
【中略】
リング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)は全体的に静穏化するが、局所的には活発化して地すべりなどが起きるだろう。

大きな台風は、台風15号、19号、21号(による大雨)と、大きな被害が出た台風が続いたので、たしかに「大きな台風が来る」との予言通りになった。

地震について、確かにこれまで「静穏化」していた。
また、「地すべり」とは地震によるものという意味かもしれないが、台風による地滑りは各地で起きた。

今から7世代先までの間に、太平洋の両端に新しい島が出現し、カリフォルニアはバラバラになって沈む。


今年の他の予言については、今年末または来年新春に全体を振り返ってみることにしたい。
2019年の予言は、下記のページでまとめている。


※今日はもう1本記事を投稿します。



【釈迦の霊泉】奈女沢温泉の旅館から1km下の仏舎利塔まで散歩。厚いコートを着て出たら帰りの坂道で汗だく。Shaka No Reisen, Onsen with the spiritual spring that a lot of people were cured their cancer, etc like Lordes.#釈迦の霊泉 #奈女沢温泉 #lourdes


Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email