探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




【予言】明菜さん:大地震・噴火・津波・ミサイルに「最大の警戒を」+南海トラフ巨大地震の発生時期・最新予測


f:id:nmomose:20191205172345j:plain

秋田県の明菜さんが最近の夢がまた壮絶な内容のようで、地震、火山噴火、ミサイル、津波が続けて来ているという。
また黒潮大蛇行の最新予測により、南海トラフ巨大地震の発生時期を可能な限り予測してみたい。


秋田県の明菜さんからのメール

秋田県の明菜さんから、昨日メールが届いた。
東日本大震災の津波で、婚約者と子供を亡くした後で、亡き家族から夢で未来に起きる災害などを知らせてもらえるようになった女性だ。

内容がいつになく切羽詰まった感があるので、早めに紹介しておく。

12月4日(水) 21:25受信

お疲れ様です。
この頃メールばかりしてすみません…。
お忙しいのは分かるのですが、とてつもなく大変な事が起こりそうなのでまたメールさせて頂きました。
昨日もメールしましたが本当に大変そうです。
そして、昨日のメールでもお伝えしたように本当に地震が続いてます。
夢で皆に最大の警戒を!って伝えてと言われました。
夢は地震、噴火、ミサイル、津波が続けて来てます。
どうか、皆様には大事な家族を守って頂きたいです。
自然災害…どうする事も出来ないけど、今から備えたり、避難準備、避難ルートの再確認、誰が何処に避難してるか等の確認は出来るので今1度皆様にはやって頂けたら有難いです。どうか…私の夢がただの夢で終わりますように…
何回もメールすみません。
頼れる人が居ないので…

大地震・火山噴火・津波・ミサイル発射

このように、大地震だけでなく、火山噴火、津波、ミサイル発射も警告されている。
もちろん、「ただの夢」で終わったり、起きるとしても実際は向こうの世界からの警告よりもずっと小規模で終わるかもしれない。

ちなみに、過去に秋田県あたりで大きな被害地震が起きた例としては、まず仙北地震がある。
1914年3月15日に秋田県仙北群(現・大仙市)を震源として起きたM7.1、最大震度7相当の内陸大地震だった。
この地震によって、94人の犠牲者が出た。

また、1939年5月1日の男鹿地震は、M6.8、最大震度5の地震だったが、この時は27人の犠牲者が出た。

このように、秋田県では内陸でも沖合でもM6~M7クラスの被害を伴う大地震が歴史を通じて起きている。
大地震の発生頻度は低いが、注意しておかなければならない。

詳しくは、下記の政府・地震調査研究推進本部サイトの、「秋田県の地震活動の特徴」を。

黒潮大蛇行の状況~南海トラフ巨大地震は?

12/4発表の「黒潮親潮ウォッチ」の最新予測によれば、黒潮大蛇行は、終わる兆候は無く、少なくとも2020年2月4日までは継続するだろうとのこと。


2/4まで黒潮大蛇行が続き、終息の兆がないということは?
このブログを愛読されている方は、それ以上は書く必要が無いかもしれない。
それくらい、何度も書いているパターンなので。

過去の南海トラフ巨大地震はすべて7月~2月に発生しているので、来年2月4日まで起きず、且つ終わる兆候がなさそうということは、2月いっぱいは続く可能性が高いと推測できる。
そうなると、次の巨大地震の発生可能なタイミングは、2020年7月以降ということになる。

南海トラフ巨大地震の発生時期の予測については、下記の固定ページでまとめている。


 

南海トラフ巨大地震よりも…

そうなってくると、当面は南海トラフ巨大地震よりも、首都直下地震の方を気にするべきかもしれない。

ちょうどNHKで、12/1(日)~12/8にNHKで「体感 首都直下地震ウイーク」が放映されている。
そういえば、昨夜の放送は見逃してしまった。
22時になるとNHKから報道ステーションへ自動切替の設定をしているせいだ。

これはフィクションであり、普通ならば「なんだフィクションか」とスルーするところだ。

小説とかフィクションは基本は嫌いであり、また娯楽目的で本を読む暇が人生でないこともある。
この世で起きる「現実」にしか関心がないのだ。

だが、「体感 首都直下地震ウイーク」は、予告編を見て、見る価値はありそうだと感じた。
映像が非常にリアルで、いつか現実になる首都直下地震の心構えをもつためにも、意義ある番組になりそうだと思うのだ。

新潟女児さつがい事件「ダウジング探偵」

この記事の地震関係は、以上で終わり。

次は、昨年5月に新潟県で起きた、小学2年の女児さつがい事件について。
この時には、私が「ダウジング探偵」と称して行っているマップダウジングによって、犯人の小林遼(はるか)の居場所を探す試みを行った。
もちろん、自分をこう称しているのは、半分冗談だ。
だが、それを行おうという意思には、まったく冗談はない。

その結果、小林容疑者の居場所を、実際の場所から600mの誤差で突き止めていた。

昨日12月4日、この事件の裁判員裁判で、新潟地裁は元会社員、小林遼被告(25)に無期懲役の判決を言い渡した。


この時の詳細は、下記の神秘三昧の記事で書いている。

ダウジング探偵

ダウジング探偵の試みとしては、昨年8月に大阪府富田林警察署から逃走した樋田淳也容疑者の居場所をマップダウジングで探ったこともある。
この時に出たところは、徳島県美馬郡美馬町と、誰も想像していなかった四国だったので、「これは外したか!」と思ったが、そうでもなかった。

2018/9/29に、樋田容疑者が山口県周南市の道の駅で万引きしたとして現行犯逮捕された。
それで、樋田容疑者が四国の愛媛県に一時期いたことがわかった。

その9日前の2月20日にダウジングを実施した時点では、樋田が四国にいることなど誰も知らなかったという点では、これも良い線まで行っていたようだ。
だが、こういう例はまだ2回なので、本当にこういう能力があると胸を張って言える程ではないが。

時々、「あの事件をやってみては?」という提案がたまに来る。
だが、自分があまり気乗りがしない場合は、経験的にやっても無駄だ。

気乗りがしないというのは、決して関心がないとか、面倒だということではない。
「降りてくるもの」が無い時にダウジング捜索を実施しても、的確な結果が出ないことを、経験的に知っているからだ。

何となく、「これはやってみる価値があるかもしれない」と思った時にだけ、ペンデュラムを握ることにしている。

スズさんの印佛セット

次は、スズさんの印佛セットを希望する方々へのお知らせ。
この件については、二転三転して済みません。

封筒の送り先は、スズさんの「災害の夢ブログ」の、下記のアメンバー限定記事で書かれています。

2019-12-03 22:51「はんこについて、、。」


スズさんの記事によれば、アメンバー申請は、一応締め切ったみたいです。
アメンバーのアカウントを持っていない方は、私へメールを送っていただければ、スズさんの協力者の方の住所を送ります。

私のメールアドレスは、下記ページにあります。


12月6日到着が期限となっていて、それを過ぎた場合は、場合によってはハンコは無理かもしれず、その場合でもお守りとお地蔵様の紙は送れるとのことです。

また、スズさんはアメーバで会員からのメッセージの受信ができなくなっているので、何か質問や連絡がある場合も、私にメールを送っていただければ、スズさんのメールアドレスを教えます。



この投稿をInstagramで見る

【愛弥美】2年前、3歳ヵ月。 2 years ago. #愛弥美

百瀬直也(@noya_momose)がシェアした投稿 -


【動画】


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email