探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




 

北海道でイルカの座礁(ストランディング)は地震前兆か?~今後も北海道北部の地震に注意


f:id:nmomose:20191216201046j:plain

このところ北海道で見られたイルカのストランディング(座礁)が、近くで起きた地震の前兆だった可能性がいくつか見られるが、まだ対応する地震が起きていない事例も含めて紹介する。


2019/10/28:カマイルカ

まずは、10月にあったカマイルカのストランディング事例から。
その後に、対応すると思われる地震の情報も示す。

なお、イルカ漂着事例は、すべて「ストランディングネットワーク北海道」のサイトからのもので、対応するページ情報も示す。

2019/10/28:沙流郡日高町(太平洋) カマイルカ

→2019年11月06日 00時41分頃:十勝地方南部、M4.3、最大震度2

f:id:nmomose:20191216212143j:plain


漂着地点と震源の位置がわかるように、上記に地図も添付しておく。

漂着地点から震源までは70kmほど。
地震の規模からすると、前兆事例としてあり得るだろう。

2019/11/16:ネズミイルカ

次の例は、先月に出現したイルカの例。

2019/11/16 21:11:根室市(太平洋)、ネズミイルカ

場所:根室市落石

→2019年11月23日 21時58分:北海道東方沖、M5.6、最大震度3


f:id:nmomose:20191216223843j:plain


両者の距離は、約130kmほどだ。
自分の経験からして、M5.6という地震の規模でこの距離は、十分にあり得る例だろう。

2019/11/22:カマイルカ

次は、これも11月の漂着事例。

・2019/11/22:標津郡標津町(北部、太平洋)、カマイルカ

 

→2019年11月23日 21時58分:北海道東方沖、M5.6、最大震度3


f:id:nmomose:20191216223843j:plain


漂着地点から震源までの距離は、約170~180kmほど。

この事例も、前の事例より多少遠くなるが、前兆としてあり得るだろう。

2019/12/16:ネズミイルカ

最後は、まだ対応する地震が起きていないと思われる昨日のケース。

2019/12/16:稚内市(日本海) ネズミイルカ
場所:稚内市声問2丁目地先海岸



f:id:nmomose:20191216215024j:plain


稚内市と聞いてハッとした人もいるだろうが、2019年12月12日01時09分に宗谷地方北部でM4.2、最大震度5弱の地震があった地点に非常に近い。
上記マップに震源を追記しておいたが、距離は50kmほどだろうか。

その4日後に再度ストランディングがあったということは、同じ地点のあたりでまた地震が起きる可能性があるのではないか。
起きるとしても、より大規模な内陸地震でなければ良いが、該当する地域の方は注意してください。

今日のまとめ

このように、「ストランディングネットワーク北海道」のサイト上で発表されるクジラ類のストランディングでは、もちろん全てではないが、付近で起きる地震の前兆現象だったと思われる事例が見られる。

このくらいの距離ならば、前兆現象としてあり得るとか、この例は距離がありすぎるので違うのではないかといった判断は、長年動物前兆現象を研究してきた経験から導きだすもので、これが正しいとは限らない。
しかし、前兆かどうかの判断は、現時点では、そのような経験によってでしかできないものだろう。

今日の前兆現象

今のまのところ、ばけたんのみ。

ばけたん点滅:
19時台:1回
21時台:1回
22時台:1回


上記で「今のところ」と書いたのは、この項は投稿後にあとで追記する場合もあるということ。

なお、ブログ記事を1日に何本投稿するかは、日によって異なる。
今日はこの3本目で終わりそうだが、その後に急きょ追加したりする場合もある。

一応ブロガーなので、基本は毎日1本は投稿するが、場合によっては今日のように2~3本投稿することもある。
なので、1本出たから今日は終わりとはならないかもしれないので、周知しておきます。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email