探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




【霊性】ヒプノセラピストマリアさんに過去生退行ヒプノセラピーを受けた結果わかったのは…


f:id:nmomose:20191225173004j:plain

ヒプノセラピストマリアさんに初めて会った時に、マリアさんが得意とするヒプノセラピー(催眠)で、私の過去生を知ることができたので紹介する。



 

過去生退行

2019年のある日、ヒプノセラピストマリアさんに過去生退行催眠セラピーを受けた。
マリアさんがどういう人かなどは、12/20の記事で書いた通り。

https://www.tankyu3.com/entry/2019/12/20/miminari


同様の前世療法のような催眠は、以前にも一度受けたことがあるが、どうも本当の意味での催眠状態に入っていなかったのではないかと思っている。
何か見えたことを言うように言われても、半ば強制的に言わされていたような節がある。

それに対して、マリアさんに催眠をかけられた時は、深いトランス状態に達していたようで、セッションの時のことは殆ど記憶がない。
これこそ正に催眠状態だった証ではないか。

セッション中は簡単にメモを取っていたので、断片的には内容がわかっている。
だが、ほとんど記憶がないので、マリアさんに聞いてみた。
 

セッションの内容を聞いた

以下は、私がマリアさんに宛てたメッセージ。

こんばんは。
先日のヒプノセッションで、
聞きたいことがあるのだけど、夜遅いので明日以降でも良いです。
まず、記憶がほとんどないのだけど、下記のようなことは自分が催眠状態で話したんですか?
これだけメモを取っていたけれど、そのへんの記憶がないので。


ヒプノ内容:
自分の過去生
インドの聖者だった
杖を持った聖者
インド 山
シーク
ハンゴンゾ
ヒマラヤ

 

百瀬の過去生

以下は、マリアさんとの対話のメッセージ。

【マリアさん】
こんばんは。
トランスに入っていたんですね。霊的に高い方をヒプノするときは、フーチー的になりますね。
神おろしみたいに。


ヒプノ内容:
自分の過去生
インドの聖者だった
杖を持った聖者
インド 山
シーク
ハンゴンゾ
ヒマラヤ


流れをいうと、
退行催眠で我慢していたり苦しいと感じていた隠れた部分を掘り出して吐き出すのをやりました。
頭で考えているより、ハートで感じてる部分をしっかり味わい出してもらうことで楽になるのですが、両親との関係や苦しかった出来事を出してゆきました。胸にあるモヤモヤを剥がし取りました。また喉のチャクラにあった言わずに我慢してできたビー玉を取りだしました


【百瀬追記】
「両親との関係」あるある。


【マリアさん】
要はチャクラの掃除です

それから、前世に行きましたら、暗闇にいるというので、光に向かっていただいたら、外にでて、龍神だった。


【百瀬追記】
そう言われればと、断片的に思い出す。

 

インドにいた

【マリアさん】
魂が聖者だった自分を見ていました。おそらく、7次元以上の百瀬さんの守護であり高次の魂が高い位の龍神で、三次元の人間である自分を守護しているビジョンを見たのだと思います


美しい湖と、高い場所にいた聖者である自分をみつめていましたね
 

【百瀬追記】
インドの「美しい湖」
うっすらと、遠い記憶の中にあるような気がする。
 

【マリアさん】
普通の方は普通にヒプノだし、除霊してしまうのがほとんどでしたが
 

【百瀬】
龍神の中にいた?
 

【マリアさん】
百瀬さんはさすがに浄化はされてましたね

いえ、意識は龍神でした。高いレベルの

そして、三次元に肉体を持った人間として悟りを意識しながら生きている自分を守護してるのがよくわかりました


【百瀬】
自分がインドにいたとか催眠状態で話したのではなくて、マリアさんが意識を読んだ?


【マリアさん】
最初に見たこともない映像だったから、湖と高い山で、またその聖者がインドなどの聖者みたいだったから

わたしは、百瀬さんのビジョンを同時に透視してますから

聖者の自分は百瀬さんがちゃんと自分で見ていましたよ

 

普通の「前世療法」ではない

何をどうされて催眠に入ったのか覚えていないが、あっさりと入ってしまったらしい。
自分が催眠状態で色々と思い出したことを話すという通常の催眠のスタイルとは全く違うようだ。

【百瀬】
やっとわかった。普通の人がやるようなヒプノセラピーとは違うんだね。


【マリアさん】
かなりしっかり、催眠状態になっていましたね

あ、はい。ちがいます

ヒプノに普通はないですが、カリキュラム通りにはやってないですね。笑


【百瀬】
今までそんなに深い催眠状態になったことはなかったね。


【マリアさん】
皆さんが100%かかり、
自分の問題点を出して
ついでに前世やアカシックまでいくようにやっています

催眠状態を使って、問題解決をします

百瀬さんは、高い次元なんで、それに合わせてやっています

case-by-caseで、視えるし、除霊できるし、また高い部分にもいけますから、心配なく終わることが出来るんですよ

あ、ヒーリングもできるから、ヒーリングしながらやりますし

第四、第五、第六チャクラを開けました。

百瀬さんの場合は、つまりが有りましたから、せっかくのレイキがもったいなかったから、開けました

はい、深い催眠が可能ですし、得意です


【百瀬】
すごい。お客さんが集まるわけだ。

 

ヒプノセラピーを受けて

いままで催眠をかけられたことがあったが、本当に催眠にかかったのかと疑問に思うことばかりだった。
無意識で、催眠にかかったふりをしているだけなのではないか、とか。
誘導尋問的に言わされていたような感じがした。


なので、マリアさんに一発で催眠にかかったのは想定外だった。
とにかく、ほとんど記憶がないので、逆に、よほど深いトランス状態に入っていたのだろうと思うのだ。


自分は、若い頃から「妄想」と言われるかもしれないが、以下のような過去生のイメージがあった。


ちなみに、自分は「前世」と「過去生」の用語を使い分けている。
今生より一つ前の人生を「前世」
前世より以前の人生(複数あり)を「過去生」と定義している。
 

インドにいたと思っていた

以前から、自分がインドの人里離れた場所にいて、一人寂しくヨガなどの修行をしていた「行者」だったのではないかと。
ただ、それが「妄想」なのか「過去生の記憶」なのかは、わからなかった。

それを、マリアさんには話していなくて、催眠状態で自分が話したわけでもないのに、マリアさんがそのような私の過去生を受信したのは、驚きだった。


それから、「龍神」
「百瀬さんには龍神が、ついてます」とか、視える人には誰からも言われるみたいな。
自分はブログでもどこでも、龍神などのことは書かない。

龍のような蛇は、夢に出てくることもあった。
大蛇が部屋の中の天井の下あたりを這っているとか。
部屋の中を歩いていて、床に無数の小さな蛇が這っているのを「幻視」したこともある。

以前に沖縄のカミンチューみたいな人が家を訪れて、「家に龍がいます」と言われたこともある。


自分は、若い頃からインドに憧れていた。
過去生でいたのではないかと、勝手に思っていた。

今生でいつかはインドに行きたいと思っていたが、軽はずみに行ってはいけないのではないかと、勝手に思っていた。
 

インドへの憧れ

自分が感じたことを、他の人も同じく感じるとは限らないかもしれない。

インドで「聖者」だったかどうかはともかくとして、インドの山奥で「行者」として孤独に暮らしていたのではないかというのは、昔からすごくあるように思って「妄想」していた。

若い頃から、インドへの憧れは半端なかった。
ところが、なかなか「行かせて」もらえず、いまだに行っていない。

自分で勝手に思っているのだが、インドというところは、好き好んで「さあ行こう」ではなく、時が熟して「行かせていただく」ところではないか。

なぜか今生では行ったことがない。
ずっと行かずに終わるのかもしれない。
 

ヒプノ内容の真実性

いみじくも、超常現象研究家を名乗っている以上、セッションで言われたことを、ああそうですかと受け入れるわけには行かない。
その内容の真実性を、客観的に判断しなければならない。

しかしながら、人間の過去生をタイムマシンか何かで遡って見れるわけではない。
そのために、現在までに得た情報の材料で判断するしかない。

まず、私が若い頃からインドが大好きで、ハタヨガを自己流でやったことがあり、ヨガの瞑想も習ったことがある。
また、自分は過去生のある時にインド人で、ヨガをやっていたのではないかという強い想い(妄想?)もあった。

そのようなことは、こ数年のブログで書いていないし、マリアさんに話したこともない。
そのため、ヨガの聖者だったと言われた時には驚いた。

また、「龍神」とのつながりも、様々な人たちから指摘されていた。
そして自分が家の中で龍(大蛇)がいるのを夢やヴィジョンで見ていた。

そういうことから、マリアさんに指摘された過去生の内容は、事実に基づいたものではないかと思うのだ。

「聖者」だったというのは、正直いって気恥ずかしく、ここで書くことを躊躇したくなる。

自分は若い頃から、進むべき進路の方向性を何度か変えたが、いつも思っていたのは、「この世界を変えたい」ことだった。
そういう目的は、ヨガ行者だった生涯からそう大きく変わっていないのかもしれない。

ヒプノセラピストマリアさんに視てもらいたい人は

この記事を読んで、ヒプノセラピストマリアさんに自分もヒプノセラピーなどをやってもらいたいという人がいるかもしれない。

マリアさんのヒプノセラピーの料金は決して安いとは言えない料金だ。
だが、マリアさんの場合はヒプノだけでなく、プラス霊感によって催眠状態の人の心を読み取る手法でもあり、それだけ消費するエネルギーも大きい。

それを考慮すると、納得の行く金額かもしれない。

料金などの詳細は、下記のヒプノセラピールームマリアのサイトにある。

ヒプノセラピールームマリア





Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email