探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




【予言】夢やヴィジョンがことごとく現実になる4人の女性たち~地震・津波・噴火予言、2020東京オリンピックは中止?


f:id:nmomose:20191231195744j:plain

今日TOCANAで、私が執筆した記事が掲載されたが、「夢や予感がことごとく現実になる4人の女性たち」と題して、明菜さん、郁代さん、スズさん、ヒプノセラピストマリアさんの4人の過去に現実になった夢や予感と未来に起こり得る出来事を紹介したもの。


夢や予感が現実になる女性たち

今回トカナで紹介したのは、いつも私に夢や予感などを教えてくれて、それが現実に起こることが多いという4人の女性たちだ。

それは、記事中で紹介した順番でいうと、秋田県の明菜さん(仮名)、茨城県の郁代さん(仮名)、スズさん、ヒプノセラピストマリアさんだ。

TOCANAの記事

まず、下記のトカナの記事を読んでみてください。
その後に補足を書きます。


 

未来の予言

以下に、4人の女性たちの未来に起きるかもしれない夢やヴィジョンを、今後のためにまとめておく。

◎秋田県の明菜さん

明菜さんについては、4人の中で唯一面識がない女性だが、メールのやりとりの頻度では他の人たちに負けてはいない。
色んな夢があるが、現実になってほしくないものとしては、これがあるだろう。

北朝鮮以外の国からもミサイル発射があり、緊急事態となる夢。


今回紹介した4人の女性は、予知能力に関しては皆すごい人たちなのだが、特に明菜さんは、私の危機的な健康状態を予言させられていたので、リシルさんと共に命の恩人といえるだろう。

ミサイル云々は、通常考えれば、そう簡単には現実にならないというか、なってほしくないが、亡き家族たちが、そのようなヴィジョンを、夢の中でこれでもかというほど何度も知らせてきているのは、それなりに意味があることなのだろう。

◎茨城県の郁代さん

茨城県の郁代さんの未発の夢の中で、いま現在もっとも気になっているのは、「揺れるよ!弥生に」だ。
これが来年現実になるとは限らないが、そうだとしたら、かなりヤバい。

過去の日本で、3月(弥生)は最も大地震が多く起きているが、南海トラフ巨大地震は発生していないので、それではないだろう。

何がヤバいのかというと、これから紹介するヒプノセラピストマリアさんが、来年2月から3月が何か起こりそうだと言っていることだ。

https://ameblo.jp/himuka-no-kaze/entry-12563157982.html

◎東京都のスズさん

スズさんとはリアルでも古い付き合いで、さかのぼればTOCANAの前身の『ハピズム』で2013/03/09に掲載された私の記事『「埼玉で震度7の地震、江戸川区はヘドロまみれ」東京崩壊の予言と奇妙な話』がきっかけで知り合った。

https://www.tankyu3.com/entry/2014/05/29/suzu

その後に何度もリアルで会っていて、家族ぐるみで付き合っている。
また、スズさんの「師」である女性とも何度もお会いしている。

スズさんの夢に関して、もっとも警戒している一つが、富士山の噴火だろう。
スズさんも霊感が強い娘も、どちらも噴火の夢を視ているので、長期的に要警戒だ。

◎ヒプノセラピストマリアさん

マリアさんについては、未発の夢が色々あって、何を記事で紹介すべきか迷った。
その中でも、強いインパクトがあるのが、フォッサマグナが割れる大地殻変動のことだろう。

ずっと将来だと思いたいが、フォッサマグナが動くことについては、長田明子さんや松原照子さんの予言とも通じるところがあって、非常に不穏だ。

おわりに

予知夢といえば、私自身も現実になるような夢を視ているが、この4人とは能力的に比べ物にならない。
だが、多少なりともそのような経験があるからこそ、こういう人たちのことを身をもって理解できるというのは、あるだろう。

今後も、この4人の女性たちの重要な夢やヴィジョンなどは、このブログで紹介していきたい。

今後のTOCANAの記事だが、年末はこれで最後だと思うが、新春には何本か立て続けに出るので、その都度このブログでも紹介したい。

※今日はもう1本記事を書きます。

※さきほど家のブレーカーが落ちて真っ暗になって、こういう時はUSBで充電しておいた懐中電灯を、すぐ手の届くところに置いておくと重宝する。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email