探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




【西日本大震災】南海トラフ地震の津波:5m以上「非常に高い」助かる確率をシミュレーションする


f:id:nmomose:20200124211458j:plain

1/24に政府の地震調査委員会が、南海トラフ巨大地震の津波が今後30年以内に起こる確率を推計したが、その結果はショッキングな内容だ。
想定震源域に近い静岡、三重、和歌山、高知県などで5m以上の津波が26%以上の高確率で襲来するというが、何mの津波では助かる可能性がどのくらいあるかなどを検討する。


 

「西日本大震災」の津波

南海トラフ巨大地震では、、大地震と大津波の二重の甚大な被害となるが、そうなると2011年の「東日本大震災」に対して「西日本大震災」と呼ばれることは必至ではないか。

だが、高さ5メートルの津波といっても、なかなかピンと来ない。

津波は、高さが1mの場合でも、生存の可能性はほとんどない。
20cmの高さでも、足を取られて呑み込まれる可能性が高い。

高さ5mの津波は、マンションの1階がすべて呑み込まれるレベルだ。
一戸建て住宅の2階にいても、水没してしまう。

5mまたはそれ以上の津波が想定されている地域では、家の2階に避難するというのは賢明ではないことになる。

「考えられる最大クラス」の津波

政府の中央防災会議が、南海トラフで「考えられる最大クラス」の地震をM9.1として、高知県、静岡県、伊豆諸島の一部で、津波の高さが最大30mを超えると想定している。

30mというと、ビルの8~9階くらいの高さに相当する。

だが、これは非常にレアケースということで、今回の地震調査委員会の想定では、発生する可能性が高いM7.6~M9.0の地震が起きた場合の津波を評価した。

ちなみに、30年以内に26%という確率は、「100年に1回」に相当するという。
ある人の年齢にもよるが、その人が生きているうちに起きるかどうかの話になる。

あっという間に到達する津波

日本海で起きる地震では、津波の到達時間が短い。
1983年5月26日の日本海中部地震(M7.7)では、日本海に大津波をもたらし、100人以上の犠牲者が出た。

地震が発生した11時59分のわずか8分後に青森県深浦に、9分後には秋田県男鹿に津波が到達した。

「あ、地震だ」
「津波が来るかもしれない。高台へ逃げろ」

そう言ったって、即座に逃げたとしても、どれだけの人々が助かるのか。

8分かそこらで登って避難できる高台があれば…の話だ。

最大23mの高さの津波

日本海で起きる大地震による津波は、最大23mほどになると想定されている。

後述する資料によると、20m以上の高さの津波では、鉄筋コンクリートのビルでも全面破壊するという。

前述のように、津波の高さを建物の階に例えると、わかりやすい。
このあたりのことは、高知県南国市のサイトにあるPDF資料で、わかりやすく図示されているので、ぜひ見てください。

https://www.city.nankoku.lg.jp/download/?t=LD&id=2553&fid=16203

上記の資料の中で、下記の図だけ借りて、説明書きを見やすく加工した。

f:id:nmomose:20200124212533j:plain

3m以上の津波で住居が流出

高さ3mの津波でも、軽く考えてはならない。
住宅が流出・全壊し始めるのが、3m以上の津波だからだ。

平地の地上を歩いている人々は、まず助からない。
かといって、前述のように鉄筋のビルの階上や屋上に逃げ込んでも、確実に助かるわけではないのだ。

海辺に住む人々にとっては非常に酷な話だが、大津波が想定されている地域で確実に命が助かるには、「その地域に住まない」以外にない場合もあるだろう。

この問題は、多くの人命が関わっているだけあって、この記事1本だけでは終わらせることはできない。
今後の課題としたい。

【参考】
・「南海トラフ地震 3m以上の津波確率 広範囲で最高ランクに」
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200124/k10012257861000.html
・南海トラフ地震の津波確率 71市区町村で「非常に高い」 国が初公表
 https://www.sankei.com/life/news/200124/lif2001240024-n1.html

今日の前兆現象

いまのところは体感だけを。

ヒプノセラピストマリアさんが、神戸からブログで「耳鳴りが過去最高かな」と書いている。
こちら東京の私も、セミ鳴きの耳鳴りがかなり強いが、マリアさんほど尋常ではない程ではない。

ということは、九州とか西日本の方が要注意だろうか。

https://www.instagram.com/p/B7s-DlBgTtu/
【体感】ヒプノセラピストマリアさんが今日のブログで、神戸にいて耳鳴りが過去最高と。私もセミ鳴きの耳鳴りが、セミの数が増えたみたいな賑やかさ。西日本の方なのか、それとも別々の地震か。#体感 #耳鳴り #地震予知 #地震前兆 #地震予測 #LINE


ちょっと耳鳴りが強すぎて知的活動が困難なので、もう1本書きたいところだけど、この2本目の記事で終わりとします。

【追記】1/24 21:54
記事投稿直後に連発で来たので、ますます要注意だ。
耳の閉塞を伴う時は、だいたい強く揺れる。

https://www.instagram.com/p/B7s_9rUgm-J/
【体感】2020/01/24 21:49、左耳で一瞬閉塞の後でポー音の正弦波様の耳鳴り数秒間。昨夜の耳鳴りに対応する地震がまだなく、セミ鳴きの耳鳴りも両耳で強いので関東近辺で強く揺れそう。#体感 #耳鳴り #地震予知 #地震前兆 #地震予測 #LINE


※車を持ってる人、これ大事かも。

ライザップ

Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email