探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




【地震予測】南海トラフ巨大地震は東京オリンピック開催までは起きない?起きる?黒潮大蛇行の最新予測を基に


f:id:nmomose:20200205202757j:plain

今日書くことは、南海トラフ巨大地震の発生について、ひいては東京オリンピックの開催の有無や日本全体の行方にも関わる重要な内容を含んでいる。
南海トラフ巨大地震は、黒潮大蛇行が発生している間は起きないと考えているが、それが「いつ終わるか?」ということのヒントを得て、「いつまでは終わらないか?」が少し見えてきたので紹介したい。


 

南海トラフ巨大地震の発生時期

南海トラフ巨大地震は、「いつ頃起きるか?」については、地震学者のような専門家でも予測が難しい。
自分のこれまでの研究では、黒潮が四国~近畿地方で南へ大きく蛇行する「黒潮大蛇行」が発生している間は南海トラフ巨大地震は起きないとの仮説を出した。

南海トラフ地震が「いつごろ起きるか?」を予測するのが困難でも、自説では、「いつごろまでは起きないか?」を予測するのは、何とかできるかもしれない。

今日は、それを行うための「ヒント」が「降りてきた」wので、それに従って説明する。

黒潮大蛇行の予測

今日2/5に、いつも参照している「黒潮親潮ウォッチ」サイトの黒潮大蛇行の予測が更新された。
この『4月8日までの黒潮「長期」予測(2020年2月5日発表)』を見ると、少なくとも4/8頃までは大蛇行は継続しそうだという。

このことは、毎週毎週ウォッチしていて、いつも変わらない予測結果なので「またか」という感じだ。
この最新予測では「典型的な流路が続いており、終わる徴候は無く、まだ継続すると予測しています」とある。

下記の図は、1/29時点での黒潮大蛇行の状況だ。

f:id:nmomose:20200206085653p:plain

紀伊半島沖の青色が濃い部分が、いわゆる黒潮大蛇行の「冷水隗」という部分で、大蛇行の渦ができている内側では、海水温が低下するという現象がみられる。

黒潮大蛇行が継続するか、または終息するかは、この冷水隗の面積の大きさによって予測しているようだ。

黒潮大蛇行の終息時期の予測

下記のグラフは、最新の黒潮大蛇行の今後の予測を示す。
これは、冷水隗の渦の面積(冷水面積)を示している。

f:id:nmomose:20200205204516p:plain

ここで、赤いラインが最新の予測で、これから3月4日と経っていくにつれて値が低くなっていくのは、冷水隗の力が弱まり、終息に近づくことを示している。
そして、「2」の値を下回ると、黒潮大蛇行が「終息した」と判定するようだ。

では、この下降ラインを伸ばしていけば、最短で何時頃に大蛇行が終息するかがわかるではないか。
それで、やってみた。

4月以降の予測を適当にしてみた

このグラフを右に引き伸ばして、上記グラフの赤ラインを伸ばしてみた。
その際に、2004年7月~2005年8月(1年2カ月間)に黒潮大蛇行が発生していた時の、終息までの期間(衰退期)の冷水面積の下降ラインを参考にした。

f:id:nmomose:20200205205428p:plain


これによって、少なくとも4/8までは終息しないとしている予測グラフを延長して、無理やり「衰退期」に入ると仮定して4月以降のラインを引いてみた。
それが下記のグラフのピンクのライン部分だ。

f:id:nmomose:20200205205759j:plain


このような前提による作業なので、かなりテキトーだ。
だが、前回の大蛇行の「衰退期」の下降ラインに準じてラインを引いているので、「最短では大体このくらいで下降していくのではないか」という、大体の予測にはなるのではないか。

東京オリンピックまでは大丈夫??

そうなると、みなさんお気づきのように、ある重大なことがわかってくる。
この下降ラインに近い形で下降していくとすれば、最短で黒潮大蛇行は9月頃に終息することになる。

つまり、この分では、東京オリンピック開催時期(今年7月~8月)までは、黒潮大蛇行は継続する可能性が高いのではないか、ということだ。

もっとも、前回2004年~2005年の時よりも急速に大蛇行が終息に向かうならば、この前提は崩れることになる。
そんなに急速に大蛇行が終息に向かうことがあり得るかどうかは別として、「ある」と仮定した場合には、そうなるかもしれないということだ。

このあたりのことは、海洋学の専門家から鼻で笑われるようなことを書いているかもしれない。

2/5時点での最新の予測では、「黒潮大蛇行は、典型的な流路が続いており、終わる徴候は無く、まだ継続する」予測だというから、実際はもっと長く続くことになりそうだが。

東京オリンピック「粉砕」は?

そうなってくると、私の周囲の視える人々が、東京オリンピックは開催されないと予言しているのは、南海トラフ巨大地震のためではない可能性が高くなる。
もっとも、最初から「南海トラフ巨大地震が起きるために東京五輪が中止になる」と言っている人はいないのだが。

黒潮大蛇行の終息直前に起きる可能性も?

以上の予測は、あくまでも「南海トラフ巨大地震は黒潮大蛇行の非大蛇行期"のみ"に発生する」という前提によるものだ。

実際は、私が考えている南海トラフ巨大地震発生のモデルは下記の2パターンある。

(1) 黒潮大蛇行の非大蛇行期に発生
(2) 黒潮大蛇行の終息直前から非大蛇行期にかけて発生
 (大蛇行終息直前に発生するパターンもある?)


上記(2)のカッコ内に書いているのは、あくまでも推測だが、このケースがあるとすれば、安政期の東海地震と南海地震が、これにあたることになる。

この2つの地震は、下記の通りで、黒潮大蛇行が1854年のいつ頃に終息したか、わかっていないので、(1)か(2)かどちらが正しいのか分からないのだ。

【大蛇行】1854年(開始・終了月不明)
【南海】1854年12月23日:安政東海地震(東海道沖の巨大地震) - M8.4
【南海】1854年12月24日:安政南海地震(南海道沖の巨大地震) - M8.4


もし(2)のパターンもあり得るとすれば、「東京オリンピック開催までは南海トラフ巨大地震は大丈夫」とも言っていられないかもしれない。
黒潮大蛇行が終息する前に、南海トラフ巨大地震が起きてしまう可能性も、出てくるわけだ。

南海トラフは「東から順に」揺れる?

もう一つ、安政期と昭和期の2回ずつ計4回の南海トラフ巨大地震の発生順を見ていると、ある事に気が付く。
それは、「東から順に揺れるのではないか?」ということだ。

つまり、仮に3区分で順番に巨大地震が発生するとしたら、「東海地震」→「東南海地震」→「南海地震」の順に揺れるということだ。

もっとも、これもサンプル数が以下の4個と超少ないために、現段階では、低い可能性での推測にすぎない。

【南海】1854年12月23日:安政東海地震(東海道沖の巨大地震) - M8.4
【南海】1854年12月24日:安政南海地震(南海道沖の巨大地震) - M8.4
----
【南海】1944年12月7日 昭和東南海地震 M7.9(Mw8.2)
【南海】1946年12月21日 昭和南海地震 M8.0(Mw8.4)、犠牲者・行方不明者1,443人


もっと歴史を過去に遡っていっても、現時点で知られている「双子地震」は、上記の2組だけとされているので、参考にはならない。
安政期より以前に発生した南海トラフ巨大地震は、南海トラフ全域が一度に揺れた場合が多いようだが、これは単に、2~3区分で連動したことがわかっていないだけの話かもしれない。

それから、東海・東南海・南海の3区分のうち、最も長く揺れていないのが「東海」なので、やはり東海が先に揺れるか、または単一だけで終わる場合でも、東海エリアだけが揺れるのではないかと単純に考えるのだ。

以上、この記事で書いたことは、あくまでも不確定要素が多いため、拡散にあたってはご注意ください。

今日の前兆現象

ばけたん点滅だけを。

■ばけたん 2/5
16時台:1回
18時台:1回
20時台:1回


今日はちび子の挙動不審は見られない。
各地で揺れているのに、関東は静穏化が続いている。

気がつけば、今夜もセミ鳴きと金属音がミックスしたような耳鳴りが強く続いている。
昨夜は、今日あたり揺れるだろうと思っていたが、強めの地震が来るのか。


※今日は原稿書きもあるので、この1本で終わりにします。

※ビタミンDは欠乏するとインフルエンザやSARSなどの感染症や癌・呼吸器系の病気のリスクが高くなる。
もっと早く知っていれば…。
サルちゃんにも毎日1錠飲むように言った。


https://www.instagram.com/p/B8LNhUHAeDQ/
【マスク】コロナウイルス騒動で、Amazonではマスクが高騰して、業者の出品では100万円以上のものもあって人間不振に陥りそうになるが、パルシステムでは60枚入り900円位、子供用か50枚で550円と普通の価格。但し希望者が上回ると抽選に。病院などの医療機関でマスクが底をついて人命にも関わる事態なため個人の買い占めは慎むべきだろう。#マスク #マスクが安い #パルシステム #マスク不足


https://www.instagram.com/p/B8Kx3-cgbfL/
【愛弥美】昨夜38度の熱が出て、今朝は36.9度に下がったが念のため小児科へ。私も再度インフル検査を受けたら二人とも陰性。私がインフルな罹らない理由としては、ビタミンD、黒にんにく、SO水、遺伝的なものなど複合的な理由か?コロナも大丈夫?#インフルエンザ #インフルエンザに感染しない #ビタミンd #コロナウイルス


私がインフルエンザに罹らないのは益々謎だ。
インフルエンザに罹らないのが天の恩恵ならば、癌にならないのと交換してほしかった。;;



ライザップ

Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email