探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




 

【地震】南海トラフ・相模トラフの巨大地震は全て8月~2月に起きていた+千葉県南部M3.8、茨城県沖M4.2前兆あり


f:id:nmomose:20200223211626j:plain

南海トラフと相模トラフでは、過去に発生した巨大地震はすべて8月~2月に起きていたことがわかったので、紹介するとともに、日本の大地震発生時期の季節性について新た考察する。
また今日は千葉県南部M3.8、茨城県沖M4.2の地震が起きたが、頭痛体感や「ばけたん」点滅などの前兆があったので想定内の地震であることを紹介する。


 

南海トラフと相模トラフの巨大地震の発生の季節性

ネット上で調べ物をしていて、『南海・相模トラフでの海底圧力の年変動と地震発生季節性』という論文(PDF)を見つけた。
2007年に、北海道大学理学部地球科学科宇宙測地学研究室の片岡健氏によるものだ。

http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~geodesy/pdf/Kataoka_Bsc_Thesis.pdf


この論文では、こうある。

南海・相模トラフで過去に発生したマグニチュード7.9以上の大地震は、2007年1月26日現在までに確認できるものとして13件あり、興味深いことにすべて8月から2月の7ヶ月間にのみ発生している。


そして、この13件の地震を解析した結果、以下のような傾向があったという。

・12月に最も多く起こった(13件中5件)
・ほとんどが秋から冬にかけて起こった
・13件中全てが8月から2月に集中した

南海・相模トラフの巨大地震発生時期の傾向

上記で、12月に最も多いというのは、南海トラフ巨大地震のみの場合と同様の傾向だ。
南海トラフ巨大地震に限っていえば、過去にはすべて7月~2月に発生していた。

本格的な検証を行う余裕はないが、とりあえず1900年以降の大地震について見てみることにした。
まず、南海トラフと相模トラフの位置は、下記のマップの通りだ。

f:id:nmomose:20200223213331j:plain


私のPCのGoogleEarthでは、USGSによる1900年以降に発生した世界のM7.0以上の地震データを取り込んでいる。
このデータから、南海トラフと相模トラフ付近で起きた地震は、下記のマップの通り。

f:id:nmomose:20200223212541j:plain

たしかに月の偏りがあった

これらの地震のうち、南海トラフと相模トラフ付近で起きていた地震の発生日と規模をマップ上に記した。

これを見ると、ほとんどが地震が、8月~2月に起きていた。
ただ1件だけ、1948/04/18の和歌山県南方沖、M7.0の地震だけは、4月と範囲外の期間に発生していた。

前述の片岡氏が抽出した条件(M7.9以上)とは異なり、条件が適当だが、たしかに発生月の偏りという点では、同様の傾向が見られるようだ。

これらの地震は、先日紹介した岡田正実氏の大地震発生時期の季節性の研究で用いられている、日本の地域区分でいうと「B:黒潮域」となる。

f:id:nmomose:20200223213526j:plain
 

最近わかってきた日本の大地震の傾向

前述の岡田氏の研究などを参考にして研究を進めた結果、わかってきたのは、やはり日本付近で発生する大地震には、発生時期に「季節性」があるということだ。

それは、前述の地域別に見ていくとわかるように、発生期間は地域によって異なる。
そのうちの「B:黒潮域」については、夏から冬の初めにかけて多いということになる。

このことは何を意味するかというと、防災・減災的観点から役立つ情報になり得るということだ。
つまり、自分たちが住む地域で大地震が多発する季節では、特別に地震に警戒して防災意識を高めることによって、犠牲者など被害を低減できる可能性があるということ。

例えば、9年前に1万5千人以上の犠牲者が出た東日本大震災(2011/03/11)。
前述の地域区分でいう「A:親潮域」では、3~5月の春に巨大地震が集中している。
そのことがもっと周知されていれば、「さあ今年も3月になったから大地震に警戒しよう」ということを周囲に呼び掛けることはできただろう。

ここまで書けば、私がこのような課題に力を入れている理由を、わかっていただけると思う。

このような大地震発生時期に季節性があることは、世界のどこでも同様とは限らないだろう。
そういう意味では、日本という国に「季節」があることに対して、大自然に感謝したくなってくる。

今日の前兆現象:ばけたん

まず、昨日と今日のばけたん点滅から。
その下に、対応する地震も記す。

2/22:
RE::17時台:青1回、23時台:赤1回
PRO:11時台:青1回、12時台:青1回赤1回、14時台:赤1回、18時台:赤1回


2/23:
RE::なし
PRO:0時台:赤1回、10時台:青1回、21時台:青1回

→2020/02/23 18:49:千葉県南部、M3.8
→2020/02/23 21:13:茨城県沖、M4.2


こう連日のように関東で地震が続くと、昨日と今日のばけたん点滅が、今日の地震の前兆だったのか、または明日以降に起きる地震なのかの切り分けが難しくなる。
どんな前兆現象でも同様だが、あまりに地震が起きない地域でこのような検証を行うのも難しいが、逆に南関東のように地震が起きすぎるところでも、逆の難しさがある。

今日の前兆現象:体感

まず、体感としては、今日未明に下記の閉塞を伴う耳鳴りがあった。

2/23 0:19、左耳で閉塞→ピー音の耳鳴り10秒間ほど
その後も両耳で強いセミ鳴きの耳鳴りが続く。


これは、今日の千葉県南部M3.8か茨城県沖M4.2のどちらか、あるいは両方に対応するものだったのだろう。
このように、閉塞を伴う耳鳴りは、ほぼ9割がた、あるいは10割方は翌日くらいに対応する地震が起きる。

また、今日はひどい頭痛がある。

https://www.instagram.com/p/B857ur6AbuG/
【体感】2020/02/23、午後から頭痛で次第に強まり、コーヒーを2回飲んでも収まらず夕食後に頭痛薬を飲むつもり。低気圧接近要因なし。#体感 #頭痛 #地震予知 #地震前兆 #地震予測 #LINE

この記事を書いている今(2/23 21:50)も、頭痛が酷い。
夕食後に頭痛薬を飲んでも、まったく効かない。

2/26(水)~2/27(木)あたりに、関東圏で強めの地震があるかもしれない。

そのため、今日はこの1本の記事で終って、早めに寝ることにする。

https://www.instagram.com/p/B85v_DYg4aS/
【コロナウイルス】ニュースでは、吊革に触れた後で顔を触るなとか注意喚起するが、どんなに気をつけても外に出れば何かしら物に触れてしまう。やはりSO水(強電解酸性酸化水)とハンディミストが最強コンビ。久保田昌治先生の日本ウォーターデザイン研究所でしか販売していない。#コロナウイルス #新型肺炎 #殺菌 #so水 #ハンディミスト

https://www.instagram.com/p/B85f2zvgcf2/
【愛弥美】イトーヨーカドー武蔵小金井店のゲーセンで、プリンセスひめスイートのバッグを1回で2個ゲット。私は負けずにブランケットを1回で4個。檄取れ乱獲モードに偽りなし。#クレーンゲーム #おうくんとひめちゃん #プリンセス姫スイート #愛弥美



Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email