探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




 

【予知夢】3月に大地震?~マリアさん「大地震」~郁代さん「揺れるよ!弥生に」~過去に3月が最多+『新型コロナウイルス情報』開設


f:id:nmomose:20200301095051j:plain

茨城県の郁代さんとヒプノセラピストマリアさんが3月に大地震が起きることを示唆していて、また過去の大地震は3月が最も多く起きていたことと、天文現象でも3月に地震に注意が必要な時期があるのでまとめて紹介する。


 

茨城県の郁代さん「揺れるよ!弥生に」

まず時系列に紹介することにして、最初は茨城県の郁代さん(仮名)のケースとなる。
郁代さんがすごい夢予知能力をもっていることは、最近はあまり紹介していないので知らない人も多いだろう。

3年前の「大地震や津波を「予知夢」で見た6人の女たち! 今度は埼玉が危険か!?」と題したTOCANAの記事で、6人の女性の一人として紹介した。
郁代さんは過去に、東日本大震災の津波の予知夢を視ていた。

下記の記事の2ページ目で紹介している。


また、2018年6月18日の大阪府北部地震(M6.1)も夢予知していたかもしれない。
そのことは、下記の昨年12月のTOCANAの記事で紹介している。

「揺れるよ!弥生に」は今年か?

その郁代さんが、3年前の2016/05/09に、松原照子氏から電話が入り、「揺れるよ!弥生(やよい)に」と言われたという内容の夢を視た。


あれから4年ほど経つが、まだ3月に大地震は起きていない。
では海外?かというと、そうならば「弥生」という表現は使わないのではないかと思う。

念のため調べてみると、やはり2017年以降は3月に大地震は起きていない。
そのため、今年という可能性も考えておいた方が良いだろう。

マリアさん:3月に大きな地震

次に、ヒプノセラピストマリアさんは、昨年から今年3月に大きな地震が起きると言っていた。
それは海外でもあるが、日本でも起きるだろうという。

下記の記事でも書いているが、過去の日本では、M7超の地震は3月にダントツで多く起きていた。


特に3月頃の春では、「親潮域」として区分される地域で大地震が多く起きている。

他に、信じる・信じないの世界になるが、天体配置による地震予測でも、3月は要注意な期間がいくつかある。
そのことは、下記のnote.comの有料コンテンツで紹介している。

note:『【地震予知】2020年に大地震・火山噴火など災害に要注意な期間~天文現象・天体配置・予言など』

ここでは、今年2020年のいつ頃にどういう災害発生の可能性があるかなどは、この中で詳しく解説している。

『【地震予知】2020年に大地震・火山噴火など災害に要注意な期間~天文現象・天体配置・予言など』


4月以降は、今後詳しい地震などの予測を追記していく予定だ。
noteというのは1回公開した後でも、どんどん内容を追記していくことが許されていて、またそれを読者から期待されてもいる。

以上のように、今年3月は大きな地震が起きるかもしれないという要因が集まっている。
3/11には東日本大震災9周年ということで、その方面ではイヤでもメディアを通じても情報が入ってくるだろうが、3月は特に注意することにしたい。

【常時更新】リアルタイム新型コロナウイルス情報ページ

次に、今日この『探求三昧Web』で、【コロナウイルス】新型コロナウイルス関連情報をリアルタイムに提供する特設ページを開設した。

下記ページを見ていただければわかると思うが、RSSフィードによってコロナウイルス関連の最新ニュースなどを自動で更新している。
また世界のコロナウイルス感染マップもある。


上記ページは、コロナウイルス騒動が収まるまでは、このブログのトップ(メニューの下)にバナーを表示して、クリックでジャンプできるようにしている。

「マスクがない」→「ティッシュがない」

今年のコロナウイルス騒動で、マスクがないとか、今度はティッシュがないとか…。

私は、今日もパルシステムで、普通にティッシュを注文できた。
箱なしティッシュペーパー 200枚x6を2セットで854円。
マスクは一人1個で、希望多数だと抽選になる。
今週私は落選した。
リサイクルトイレットペーパーx6は427円で買えた。

西友ネットスーパーでは、さすがにマスクやティッシュやトイレットペーパーは品切れのようで、検索しても出てこない。

パルシステムは、店舗ではなく、あくまでも生協であり、会員になって週に一度配達されるシステムなので、にわか会員として参加することは、そうお気軽にはできないかもしれない。

このように、常日頃からいくつか購買の「チャンネル」を作っておくと、イザという時に慌てないで済むだろう。

※ビタミンDのコロナウイルスへの効果は医療現場でも賛否あるようだが、免疫力を高めたり癌患者の9割がD欠乏症といった事実があり、日光浴・食品・サプリから摂取する価値はあるのではないか。



Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email