探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




 

【大地震】3月に大地震が起きる可能性(1)~地震学者が「コロナウィルスの中、3月は気を引き締めたい」と警告


f:id:nmomose:20200305220313j:plain

今日から何回かに分けて、過去に3月に大地震が多く起きていたことや、この3月にも大地震が起きる可能性があることなどを書くことにしたい。
まず1回目は、地震学者の福知伸夫氏が地震の多い3月は気を引き締めたいと警告しているので紹介する。


 

新型コロナウィルスと地震

名古屋大学減災連携研究センター、センター長の福和伸夫教授は、3/2にYahoo!ニュースで「新型コロナウィルスの中、地震の多い3月は気を引き締めたい」という記事を執筆している。

news.yahoo.co.jp


福知氏は、過去に3月には多くの地震が発生しているという。
たしかに、過去に何度も書いているが、過去に日本でM7.0以上の大地震は3月に最も多く、他の月を引き離している。

f:id:nmomose:20200305220345j:plain


かつて江戸末期には、地震が続発したあとにコレラが流行したこともあったという。

これは、日本で初めてコレラが発生した1822年(文政5年)の時のことで、最初の世界的大流行が日本に及んだことによる。
その後に3回目の世界的流行の際にも、1858年(安政5年)に日本で流行した。

地震多発とコレラ流行

福知氏がいうところの、地震が続発したあとにコレラが流行した時期というのは、前述の1855年のことと思われる。
以下のような大地震が起きていた。

・1854年07月09日(嘉永7年6月15日):伊賀上野地震、M7.2、犠牲者約1,800人。
・1854年12月23日(嘉永7年11月4日:安政東海地震、M8.4、犠牲者2,000 - 3,000人。
・1854年12月24日(嘉永7年11月5日):安政南海地震、M8.4、犠牲者1,000 - 3,000人。
・1855年03月18日(安政2年2月1日):飛騨地震 - M6.7、犠牲者200人以上。
・1855年11月11日(安政2年10月2日):安政江戸地震、M7.0-7.1、犠牲者4,700-1万1,000人。
・1856年8月23日(安政3年7月23日):安政八戸沖地震、M7.5-8.0、犠牲者29人。


スピリチュアル的になるが、そもそも大地震・大震災というのものは、「世の乱れ」にシンクロして起きることが多いのではないかと考えている。
たとえば戦国時代(15世紀末~16世紀末)にも、その始まりの頃だけでも元禄地震(1703、M7.1-8.2)、宝永地震(1707、M8.4-8.6)、富士山宝永大噴火(同)などが起きていた。

また、第二次世界大戦も20世紀の戦国時代であり、下記ような被害地震が起きていた。

1943年09月10日:鳥取地震、M7.2、犠牲者1,083人。
1944年12月07日:昭和東南海地震、M7.9、犠牲者・行方不明者1,223人。
1945年01月13日:三河地震、M6.8、犠牲者・行方不明者2,306人。
1946年12月21日:昭和南海地震、M8.0、犠牲者・行方不明者1,443人。

 

コロナウイルスと大地震のダブルパンチ?

仮に現在大地震が発生したら、新型コロナウイルスに警戒している時だから避難所暮らしを躊躇する人もいるだろうと福知氏は懸念する。

元気象庁・岡田正実氏の区分では、巨大地震が集中している期間に3月が含まれるのは、「A:親潮域」、「S:本土北部」、そして「I:日本海」だ。

f:id:nmomose:20200305224014j:plain

起きるとすれば親潮域か?

2011年の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)は、正に3月に起きた巨大地震だった。
やはり最も警戒すべきは、この3.11も起きた「A:親潮域」だろう。

3月には、他にも三陸沖で何度か起きている。
人々は「たまたま」だと思うだろうが、そんなことはなく、そこに「法則性」が見られる。
元SEだが、「一見無秩序の集合から『秩序』を見出す」ことがSEの仕事だ。

その仕事を25年間続けてきたのは、決して無駄になっていなくて、その後に物書きになったのは、決して偶然ではないのだろう。

また福知氏が書いているように、「A:親潮域」では、巨大地震である十勝沖地震も繰り返し起きていた。
このように、親潮域では春ころに最も大地震が多く起きている。

21世紀に入って3月の被害地震が多発

福知氏はまた、21世紀に入って、3月に被害地震が発生することが多いという。

2001年03月24日:芸予地震(M6.7、犠牲者2)
2005年03月20日:福岡県西方沖(M7.0、犠牲者1)
2007年03月25日:能登半島沖地震(M6.9、犠牲者1)
2011年03月11日:東北地方太平洋沖地震(M9.0、犠牲者・行方不明約22,000)
2011年03月12日:長野県・新潟県県境付近(M6.7、犠牲者3)
2012年03月14日:千葉県東方沖(M6.1、犠牲者1)


このうち、3.11を除くと、みな内陸で起きた大地震だった。
また、6件中3件が、3月に地震が集中する「S:本土北部」と「A:親潮域」で起きていた。

ちなみに、南海トラフ巨大地震が起きる「B:黒潮域」は、「A:親潮域」とは、多く発生する時期が全く異なっている。
なので、あくまでも過去の地震の発生時期による分析によるものだが、南海トラフは今は可能性が低いことになる。

過去の南海トラフ巨大地震は、すべて7月~2月に起きている。

過去に3月にはどういう大地震が起きていたかは、次回に書くことにしたい。

今日の前兆現象

ばけたん点滅@東京都小平市。

3/5 11時~16時は不在
RE::0時台:青1回、17時台:赤1回、18時台:赤1回、20時台:赤1回、22時台:青1回
霊石:0時台:青1回、10時台:赤1回、20時台:赤2回、22時台:赤2回
PRO:17時台:青2回、19時台:赤1回、21時台:赤1回


2020年03月05日09時39分:千葉県東方沖、M3.7、最大震度1
2020年03月04日16時25分:千葉県東方沖、M4.1、最大震度2


3/4 14時~16時は不在
RE::20時台:青1回
霊石:9時台:赤1回、15時台:赤1回青1回、17時台:赤1回、19時台:青1回、20時台:赤1回
PRO:


今日も点滅が多く、明日あたりも関東圏は要注意か。


※ビタミンDは、コロナ、インフルに限らず免疫力を上げて感染症の予防にも役立つ。
もっと早く知っていれば私も大腸がん切除を免れたかも。


https://www.instagram.com/p/B9VXd37gRW3/
幼児教育・保育の無償化に伴って、サルちゃんの愛知県のタイ友は、幼稚園に払った保育費うん十万円を払い戻しされたそう。愛弥美の幼稚園に電話したら、3月までの支払いを確認した後でまとめて振り込みするという。地方自治体によってシステムが異なるかもしれず問い合わせると良いでしょう。#幼児教育保育無償化 #幼児教育無償化


https://www.instagram.com/p/B9VZGrKAkT8/
【トイレットペーパー】イオン某店で大量入荷。お一人様10点まで。これ見てもまだパニクる人いますか?日本人の「多数派同調バイアス」は、戦争とか大震災の時に怖い。#トイレットペーパー #トイレットペーパー不足 #同調バイアス


https://www.instagram.com/p/B9VrOMuganh/
【コロナウイルス対策】外に出れば、どんなに気をつけてもエレベーターのボタンなど不特定多数が触れる物に触れる度に手洗いは不可能。最高のソリューションはSO水(高電解酸性酸化水)。口や鼻に噴霧できて赤ちゃんにも安心。#so水 #高電解酸性酸化水 #コロナウイルス #新型肺炎 #コロナウイルス対策 #久保田昌治 #日本ウォーターデザイン研究所



【動画】


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email