探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




【前兆】イヌは大地震の前兆を察知して飼い主を助けようとする~明菜さんの犬の地震前兆事例を検証する


f:id:nmomose:20200324214517j:plain

秋田県の明菜さん(仮名)が今日のブログで、「地震発生前にペットがする行動」と題した記事を書いていて、実際にそのようなことがあり得るかどうかを検討する。


 

明菜さんの愛犬の悲しい体験

秋田県の明菜さん(仮名)は、昨年から毎日のようにメールをもらって、視た夢の内容を知らせてくれた。
東日本大震災の津波で婚約者の彼氏と娘さんを亡くして、その後に亡き家族が、未来に起こる内容を夢で知らせてくるようになった。

3月上旬にアメブロで「aninaakitaのブログ」を立ち上げてからは、私にメールをくれる代わりに、視た夢の内容や地震前兆かもしれないことなどをブログで書くようになった。


 

つい最近だが、3/10の記事で、明菜さんの愛犬にまつわる悲しい話をメールで書いてくれて、下記の記事で紹介した。


 

「地震発生前にペットがする行動」

今日2020-03-24 15:55の、明菜さんのブログの「実話。地震発生前にペットがする行動」と題した記事でも、その愛犬のことを書いている。
また、「知り合いのおばあちゃん」の愛犬の体験も同じ記事で書かれている。

この二人の体験は、「あの時」とあるが、東日本大震災の時のことだ。
巨大地震が発生した当日の朝、親戚(?)の不幸で、秋田の実家へ向かうことにした。

そして、家を出ようと玄関に向かった時のことが書かれている。

いつも私の服等をかじらない愛犬が服をかじり離さなく…何も分からない私は愛犬を怒り…
それが愛犬との最後になりました。

愛犬は必死に怒られても私に伝えてくれたのです。
ペットは言葉を話せないけど、いざって時は必死に飼い主に異変を知らせてくれると思いました。


これはイヌの前兆事例としては非常によくあるケースで、ネコと違って、イヌは大地震の前兆を何らかの方法で察知すると、とにかく飼い主に知らせよう、助けようとする。
主人が理解できずにいると、「今すぐ家から出よう!」と服を引っ張って出そうとしたり。

上記の明菜さんの愛犬の場合は、逆に「行かないで、危ないから」と、止めようとして服にかじりついたのかもしれない。

愛犬は、前日からソワソワしたり、いつもと違っていたという。

「知り合いのおばあちゃん」のケース

次の、知り合いのおばあちゃんのケース。
小型の愛犬を飼っていたが、地震当日に、散歩に出たがらなかった。
それでも無理やり外に出したが、今度はいつもの海辺ではなく、近所の高台にある娘さんの家へと向かった。

もし、いつもの通りに海辺に散歩に向かっていたら、自分は津波で命は無かっただろう、イヌに助けてもらったんだと話していたという。

明菜さんの愛犬の場合は、いわゆる人間でいうところの「体感」によって、パルス電磁波か何かを感じ取って、何とか飼い主に行かないでと伝えようとしたのかもしれない。
これが人間ならば、頭痛とか強烈な耳鳴りとかがあっただろう。

明菜さんから聞いていなかったと思うが、おそらくその犬は、婚約者と娘さんと一緒に、虹の橋を渡ったのだろう。

「知り合いのおばあちゃん」は愛犬に助けられた

知り合いのおばあちゃんの場合は、私が知りうる知識では説明が困難だ。
散歩に出たがらなかったということまでは、同様の体調の変化によって説明がつくが、問題はその後だ。

恐らく、おばあちゃんという方は、明菜さんが当時住んでいた太平洋側のある県の海辺の土地なのだろう。
もし仮に、イヌが津波の危険を察知して高台へと向かったのならば、これはもう既存の科学による説明は、お手上げになる。

犬なりの「霊感」によって、津波が来ることを知った…というくらいしか、説明方法が思いつかない。

犬を飼っている読者のみなさんも、飼い犬が何か必死に伝えようとしている時には、何とかして犬が訴えかけていることを理解しようと努めてみると良いかもしれない。
こんな時、アニマルコミュニケーターのハイジさんのような人がいてくれたら良いのだが、それは無理だから、「魂」同士の対話を試みるくらいしかできないかもしれないが。

ちなみに、ある科学者によると、イヌやネコのようなペットがすべて、このような地震前兆を察知するわけではなく、何割かのペットでそのような能力があるという。

このようなイヌや他の動物に関する地震前兆現象は、このサイトの『地震前兆百科』でまとめている。


 

まだ未完成だが、「【地震前兆百科】陸上の動物:ネコ目:イヌ」のページで、イヌに関する事例をまとめている。


 

『リアルタイム新型コロナウイルス情報ページ』

次に、探求三昧Web上の『リアルタイム新型コロナウイルス情報ページ』について。


 

少しずつコンテンツを増やしていて、今日は『【リアルタイム】国別・新型コロナウイルス感染者数など(英語)』へのリンクを追加した。

英語のページだが、中学生程度の英語が理解できればわかるだろう。
下へスクロールすると、国別の感染者数や犠牲者数の表がある。

これを見ると、今日現在で、世界の感染者数が391,947人(回復事例含む))、犠牲者が17,138人となっている。
このページは自動でアップデートされるようで、数値は順次変わっていくだろう。

現時点の感染者数などのデータ

下記の図は、現時点(3/24 22時)での数値だ。
左側の重要なカラムだけ表示している。

f:id:nmomose:20200324220525j:plain


国別では、イタリーの犠牲者数が中国の2倍近くの約6000人になっている。

日本は感染者数が1140人中、犠牲者が42で14位と低い。
タイでは、話題になっている割には感染者数が827人で、犠牲者はまだ4人。

日本では感染者数に対して命を落とす割合が3.7%くらい。
タイでは、0.5%くらいと、もっと低い。

タイで犠牲者が少ないのは?

タイの低さには、どういう理由があるのだろうかと知りたくなってくる。

熱帯性モンスーン気候で年中強烈な太陽に照らされて、ビタミンD欠乏にはなりにくいだろう。
それで免疫力が高まって…?
だが、感染者数はそう低くはなく、ただ亡くなる人が少ないというのは?

ちなみに、もっと暑いインドネシアでは約680人中55人と、亡くなる人の数はそう少なくない。
益々わからない。
何かしら慣習上の違いとかがあるのだろうか。

SO水

続いて、これもコロナウイルスに関係したことだが、水の研究の権威の久保田昌治先生開発の「SO水」について。

ある人から、私がSO水を入れて使っているハンディミストについて質問があったので。
Amazonの下記の商品です。


2100円と安いけれど、1カ月半ほど毎日利用していて、特に問題ないです。
まだ一度も充電していないのに、かなり長持ちするようだ。

東京オリンピックは延期~1年?

今夜のニュースで、どうも東京オリンピックの延期が決定したようだ。
「1年程度」の延期と考えられているらしい。

これもまた世界で大混乱が生じる要因となり、本当に1年後は大丈夫なのかという議論も出てくるだろう。
今日見ていたテレビの報道番組では、ワクチンが1年くらいで量産が間に合うのかという疑問が専門家から出ていた。

今日の1つ前の記事で先回りして書いたが、やはり5人の女性の予言が成就する形になってしまった。
この人たちも私も、けっして喜べない形で、複雑な心境だろう。

タイ滞在中の写真:チェンマイ旅行

以下は蛇足的に、昨年の今ごろにタイに滞在中にチェンマイを旅行した時の写真を。
まず、チェンマイ・ナイトサファリ。
日本で知名度が低いが、動物たちに触れて、エサをあげられ、小さな子供たちにはたまらない場所だ。


こちらはチェンマイの定番の、メーサ・エレファントパーク。
油絵を描く像のパフォーマンスが世界中で知られている。


こちらは、9年前にメーサエレファントパークで撮った、ゾウの絵画の動画。


これは、昨年は行かなかったが9年前のチェンマイ、メーリム・モンキースクールでのサルのショー。
なぜかチェンマイは動物関連の施設が多い。


いったい何が起こったのかと思った。


カオソーイはタイで一番好きな料理。


「通常2~3日以内に発送します」とあるけれど、問題は中国の場合は数週間かかるのが普通なこと。

ちょっと安いなと思うと、「通常配送を利用した場合、最短で4/4~15のお届け予定です」となる。 



Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email