探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




 

【予測】スーパームーン前後フィリピン海プレートで大きな地震に注意+【note】コロナウイルスに負けない免疫力


f:id:nmomose:20200407110140j:plain

4/1の米アイダホ州M6.5の地震に続いて環太平洋で連鎖するパターンを示唆したが、そのうち対角線上に来たようで、西太平洋の南あたりでM5クラスが続いている。
その後に4/8のスーパームーン前後に日本へ連鎖する可能性を考えてみる。


 

能登半島の地震

話の流れから、まず石川県能登地方で起きた地震のことから書く。
今日4/6 05:00にもM3.9、最大震度3の地震が起きていた。

今年3/13 02:18の石川県能登地方M5.5、最大震度5強の地震は、震源の深さが10kmだった。
その後も深さ10km~20kmの深さで揺れている。

2007/03/25 09:41には、石川県能登地方でM6.9の内陸大地震である「能登半島地震」が起きていた。

最大震度6強の能登半島地震では、犠牲者1人が出て小規模の津波が発生した被害地震となった。
この時も、震源の深さが11kmと浅かった。

3月に起きた地震

2007年の能登半島地震は、今年3/13の地震と日付も近いが、これは「たまたま」そうなったわけではない。

元気象庁・岡田正実氏の研究では、能登半島がある「S地域」では、3~8月に大地震が最も多く起きている。

f:id:nmomose:20200407110212j:plain


また、3/13の地震は、3/10の満月の3日後に起きた。
今回も、一巡して4/8の満月の前後に揺れないか注意が必要だ。

リング・オブ・ファイア上の連鎖パターン

今年に入って起きている能登半島の地震は、太平洋プレートとフィリピン海プレートの押す力も要因としてあるかもしれない。
そういう観点で見ると、今はフィリピン海プレートが活発化していて、M5クラスの地震が目立っている。

4/1に米国アイダホ州でM6.5の地震が起きたときに、4/3の記事で、次に環太平洋で連鎖するパターンとして、いくつか示した。

f:id:nmomose:20200407110327j:plain


このうち、直近で連鎖しそうなのは(D)と(C)の中間地点あたりではないかと書いておいた。
すると、やはりという感じでインドネシアあたりでM5クラスが何度か起きていた。

フィリピン海プレートで注意

下記のマップで示すように、4月に入って、ひし形のような形のフィリピン海プレートの3角でM5クラスが起きている。

f:id:nmomose:20200407110423j:plain


そうなると、次はひし形の残りの角である関東付近でも揺れるだろうか。
絶対ではないにしても、よくあるパターンではある。

西日本のフィリピン海プレート上とその周辺では、4/8のスーパームーン満月前後は注意が必要だ。

コロナウイルスに負けないノウハウ

ノトに続いてノートの話題。

この数日間かけて執筆したものを、『新型コロナウイルス感染を防ぐ最善策は『免疫力を高める』こと!~インフルエンザ、癌などあらゆる病気に罹らなくなる』としてnoteで公開した。

昨年自分が大腸がんを患った経験と教訓も含めて、いかにして免疫力を高めて癌や感染症(インフル、コロナ等)に罹らないようにするかを詳細に解説している。

※発行時の価格を抑えているけれど、後で価格を上げるかもしれません。

f:id:nmomose:20200407110604j:plain
 


 
※上記noteを読めば免疫力アップにビタミンDが最重要とわかる。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email