探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




 

【災害】マリアさんに降りた「台風」今年も当たり年か?+note『不思議体験マガジン』「私のチャクラ体験記」公開


f:id:nmomose:20200426214415j:plain

ヒプノセラピストマリアさんが今日のブログで、7月以降の台風を心配していると書いているが、私も以前から今年の夏以降は第一に水害を警戒すべきと書いている。
また、今日noteで公開した『不思議体験マガジン』の第1弾「私のチャクラ体験記~覚醒して人生で大きく変わったこと」についても紹介する。


 

マリアさん:今年の台風

まず、ヒプノセラピストマリアさんの今朝2020-04-26 17:00の「今朝降りた今後のこと 台風」と題した記事のこと。


1階が水没するほどの浸水被害が起こる。
様々なものが川に流されるという。

川が湾曲したところで住宅街があり、そこの地名が「飯田」とある。
マリアさんがいう天竜峡とは、長野県飯田市にある天竜川の峡谷だ。

地図を見ると、天竜峡あたりで天竜川は盆地をクネクネと蛇行して流れている。

f:id:nmomose:20200426221415j:plain
 

粥占でも水害に注意

マリアさんがいうように、たしかに水害には注意が必要だろう。
ダムの決壊もあり得るというから、なおさらだ。

飯田市から50kmほど北に天竜川を遡ると、諏訪湖がある。

諏訪大社の今年1月の粥占「筒粥神事」では、今年は「台風と豪雨が発生する可能性が」あると総評が出た。

黒潮大蛇行

今年の夏・秋は、このままいけば黒潮大蛇行が続きそうだ。
そのため、大蛇行の影響がある太平洋では潮位が高くなり、水害による被害が生じる可能性が高くなる。

4/24のTOCANAの記事で書いたように、黒潮大蛇行が発生中のため、少なくとも「黒潮域」は、昨年同様に大きな水害が発生する可能性がある。


 

多くの犠牲者が出ていながら、「学び」が無いというのは情けない。
大地震・火山噴火・水害…これだけ多くの自然災害が毎年繰り返されているのに、学びがないというのは…。

たとえ人に馬鹿にされても、故・池谷元伺大阪大名誉教授の言葉を借りれば、少しでも可能性があることならば、「夢をもって」探求する。
それが大切だろう。

マリアさんより:体感

ここまで書いた22:20すぎに、マリアさんから連絡があった。
耳鳴りがきつくて、イメージ的には、ここが揺れそうと。

f:id:nmomose:20200426222804j:plain


長野県中部が揺れ続けていて、また大きめがあるのかもしれない。
私も今夜も耳鳴りが強くて、明日あたりの地震に対応しているのだろう。

また、ばけたんもかなり点滅が集中している。

4/26 観測は11時以降
RE::
霊石:11時台:赤1回、20時台:赤3回、21時台:赤4回、22時台:赤1回
PRO:14時台:青1回


4/25 観測は16時以降
RE::17時台:赤1回、21時台:青1回
霊石:16時台:赤2回
PRO:16時台:青1回、21時台:青1回、赤1回

 

note『不思議体験マガジン』公開

今日、noteで、『不思議体験マガジン』という無料マガジンを作った。
この中で、有料noteを少しずつ公開していこうと思っている。

第1弾として、今日は「私のチャクラ体験記~覚醒して人生で大きく変わったこと」というノートを公開した。
スピリチュアル的になるが、私が30年前からチャクラが動き出した時のことを、赤裸々に綴っている。w

冒頭は誰でも読むことができるので、興味があったらどうぞ。


それから、今日の別記事で、noteでどういう作品を読みたいかというアンケートをやっています。
簡単に3分で済むので、お願いします。


 


※こういうボートでもあると水害に多少は役立つのかな?
あまり知識がないから、これから探求することにしよう。


サルタヤー食堂、いつになったら実現するのかな。
今は遥梛がいるから無理としても、なんとかさせてあげたいものだ。

https://www.instagram.com/p/B_cTJfxg8eM/
Naoya Momose - 百瀬直也 on Instagram: “夕食後に眠くなってきた時に活躍するのが、タイのヤードム。Poy-SianブランドはAmazonのあわせ買い商品で420円位。メントールの効果で秒速で眠気が吹き飛ぶ。 I need Yadom after dinner. #ヤードム #poysian #yadom”


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email