探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




 

【火山】桜島で爆発的噴火~火山噴火にも大地震のような地域ごとの「季節性」はあるか?


f:id:nmomose:20200510211946j:plain

昨日5/9朝に鹿児島県、桜島・南岳山頂火口で爆発的噴火が起きたが、これを機に、火山噴火に季節性はあるかどうかを検討してみる。


 

桜島で噴火

2020/05/09 05:31、鹿児島県、桜島・南岳山頂火口で爆発的噴火が発生した。
噴煙の高さが4200mに達した。

桜島というと年中噴火しているというイメージがあり、噴火のたびにいちいち騒ぎ立てるほどの暇はない。
今回のレベルの噴火は半年ぶりだ。

今回は噴火は、5/7の満月から+3日のタイミングで噴火した。

…と、殊更に書くと、月齢と火山噴火には、地震のような関連性があるのか?と疑問に思われるだろう。
現時点ではあくまでも推測レベルだが、その可能性は大きいと思う。

ちなみに、大地震の場合は、満月・新月+3日のタイミングで起きることが非常に多い。

過去の桜島噴火

以下に、過去の主な桜島噴火で、日付までわかっているケースを並べる。

凡例:【エ】エルニーニョ、【ラ】ラニーニャ、【大蛇行】黒潮大蛇行

【大蛇行】1906年4月~1912年9月頃(約6年5カ月)
1914年01月12日:桜島地震 - M7.1、犠牲者29人。
【火山】1914年01月12日:桜島、大正大噴火。→満月+0
【大蛇行】1917年2月~1922年3月頃(約5年1カ月間)
【大蛇行】1934年3月1日~1944年前半(約11年間)
【火山】1935年09月:桜島噴火活動1ヶ月間。
【火山】1939年10月:桜島噴火活動。
【火山】1946年01月30日~5月末:桜島、昭和大噴火。 新月-3
【南海ト】1946年12月21日:昭和南海地震、M8.0、犠牲者・行方不明者1,443人。
【大蛇行】1953年7月9日頃~1955年12月頃(約2年6カ月)
【ラ】1954年春~1955/56年冬
【火山】1955年10月13日~17日:桜島、8回の爆発・噴火。 新月+2
【大蛇行】1959年5月~1963年5月頃(約4年間)
【エ】1963年夏~1963/64年冬(2月)
【火山】1964年02月03日:桜島爆発。
【エ】1968年秋~1969/70年冬
【大蛇行】1969年3月~1969年12月頃 (9か月間)
【火山】1973年06月01日:桜島爆発。 新月+0
【火山】1974年06月17日と8月9日:桜島噴火、死者8名。 新月-3
【大蛇行】1975年8月~1980年3月(約4年8カ月間)
【エ】1976年夏~1977年春
【火山】1978年07月29日~8月1日:桜島爆発。
【大蛇行】1981年11月~1984年5月(約2年7カ月間)
【火山】1986年11月23日:桜島噴火?
【大蛇行】1986年12月~1988年7月(1年8カ月)
【大蛇行】1989年12月~1990年12月(1年1カ月間)
【大蛇行】2004年7月~2005年8月(1年2カ月間)
【ラ】2005年秋~2006年春
【火山】2006年6月4日:桜島、小規模噴火。
【大蛇行】2013年7月下旬~2014年4月頃 (10か月間)
【火山】2013年08月:桜島噴火で噴煙が上空5,000mに達した。
【大蛇行】2017年8月下旬~20xx年
【火山】2019年11月12日:桜島噴火  満月+0

火山噴火のタイミングの法則性は?

上記で記した、エルニーニョ、ラニーニャ、黒潮大蛇行と火山噴火のタイミングが何かしら関係があるかというと、今日調べた限りでは、顕著な相関性は見つけられなかった。

ただ一つだけ、「あるかも」というのがある。

例の元気象庁・岡田正実氏による日本の地域区分による大地震発生の季節性の研究だ。

f:id:nmomose:20200502200559p:plain
 

上記の区分でいうと、桜島は「I:本土南部」になる。
ここでは、M7.0以上の大地震では、過去に「6月~9月」に最も多く発生していた。

このような季節の偏りが、火山噴火にもあるだろうか。
そう思って、前述の桜島噴火のリストで、噴火した月によって集計してみた。

噴火の季節性はあるか?

すると、以下のような結果となった。

06月~09月:6回
10月~05月:7回

 

計13回で、6月~9月の4か月間に噴火が発生する回数は、偶然による期待値では、4.3回となる。
それが、6回起きていたということで、多少だが、均等に噴火するよりも多く噴火が起きていたことになる。

本来はもっと多くのサンプル数で行うべきで、これはたまたま多くなったということかもしれない。

同様の検証を、他の火山でもやりたくなってきた。
最もあり得そうなのは、海底火山かもしれない。
だが、これはもっとサンプル数が少なそうなので、難しいかもしれない。

というわけで、今日はあまり顕著な結果が得られなかったが、今後の検討課題としたい。

今日の地震前兆

今日もまた、朝から軽く頭痛があった。

https://www.instagram.com/p/B__O4k7AZs2/
Naoya Momose - 百瀬直也 on Instagram: “【体感】2020/05/10 朝から頭痛でコーヒーを飲まなければ。今日一杯続きそう。連日の頭痛で5/10~14頃まで予測期間が延びる。 #頭痛 #体感 #地震予知 #地震前兆 #地震予測 #LINE”


こう毎日ずつがあると地震の予測が難しくなる。
大ざっぱに、今日5/10~5/14前後に関東で強めの地震があるかもしれない。
小規模の地震が複数回起きて終わりの可能性もあるが。

富士山噴火と巨大カルデラ噴火 (Newton別冊)

富士山噴火と巨大カルデラ噴火 (Newton別冊)

  • 発売日: 2014/11/27
  • メディア: ムック


今日執筆を始めたnoteの新作。



Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email