探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




 

【予知夢】3.11の津波の夢を見た東京の友美さんがまた津波か水害の夢+オホーツクプレート要注意


f:id:nmomose:20200513202124j:plain

東京の友美さんが、津波か浸水を思わせる夢を見たが、3.11の津波も夢予知している人なので要注意だ。
また今日は、岐阜県飛騨地方でM2~M4クラスの地震が多発したほか、ソロモン諸島でM6.6、北海道西沖でM5.2の地震などがあり、オホーツクプレートが活発化している。


 

東京の友美さんの「水」の夢

まず、東京の友美さん(仮名)だが、久しぶりに紹介する。
霊的なカウンセラーをされている女性で、以前にTOCANAで紹介させてもらったことがある。

その3年前のトカナの『大地震や津波を「予知夢」で見た6人の女たち』と題した記事でも紹介したが、過去の実績としては、東日本大震災の直前に津波を思わせる夢を見ていたこと。


 

まずは、その3年前にもらった3.11の予知夢から。

予知夢を見ました。
(2011年)3/10日と3/9日の2日にわたって。
特に10日の夢は、汚い水の巨大なプールを上から覗いている情景で、よくよく覗き見ると、道路と信号が見えました。
無人で、陽のない暗い湿った情景でした。
当日はよく意味が呑み込めなかったですが、TVでみた実況と似ていました。
 
3日前程から、激しい腰痛がおきていて、腰を曲げられなかったのが、11日の地震後うそのように腰痛が改善しました。
9日の夢は覚えていませんが、逃げ惑う夢だったように記憶しています。

 

3.11津波の予知夢

上空からプールのような水面を見ていたが、実はその底には道路や信号があった。
つまり、津波で沈んだ場所だった。

そういう衝撃的な夢を、2011/03/10つまり東日本大震災の前日に見ていたという。

これはもう、大津波の予知夢だとしか解釈できない。
さすがにその道で仕事をされている女性で、3.11の津波の情景と思われる夢を見ていたことになる。
 

今朝の夢

次に、友美さんが今朝見たという夢を送ってくれた。

5/13 13:58受信
 
ご無沙汰してます。
地震予知についてとは、関係ないかもしれませんが、今朝、気になる夢を見ましたので、ご報告します。
なお、地震の体感は強くありません。
近々に揺れるという話ではないと思っていますが一応お伝えさせてください。
 
311に見た時と同じ、水に関する夢です。
私は大型船に乗っています。
突然、急加速で疾走を始め、あまりの早さに驚いて窓を見ると、
霧の中で無数のおびただしい数の大小の船がひしめき合っています。陸が近いようです。
ぶつかるぶつかる!と恐怖を感じているさなか、
次に窓から見えたのは、洪水のように家が水に浸かっている光景でした。
ただし、311の夢のように、家が水没している状態とは違い、床上50cmほどの浸水です。
やがて船は疾走を加速させ港を離れ、大海に戻ることができた。
という夢です。
 
津波なのか、台風なのか、わかりません。
家の浸水のシーンは、もしかしたら石垣島の台風の浸水の映像の影響かもしれません。
ただ、船がひしめき合っている映像はとても印象的でした。


まず、体感はないということで、直近に起きることではなさそうだという。

「どこ」とは、わからない。
ただし、重要なヒントは与えてくれている。

「無数のおびただしい数の大小の船」とあることから、小さな港ではないことがわかる。
昨年の台風による水害では、横浜港あたりでそのような光景が見られた。

もしこれが水害ならば、これから夏にかけて注意が必要だろう。
大地震による津波であれば、季節に関わらず、いつ起きるかわからない。

岐阜県飛騨地方でM2~M4クラス群発

まず、今朝は緊急地震速報が来てビックリした。
だが、岐阜県飛騨地方で最大震度3と知って、ここ小平市が揺れるわけはない。

今日はこの震源で多数の地震が起きたが、恐らく2020/05/13 09:40のM4.5、最大震度2だったと思う。
下記の通り、現時点(2020/05/13 20:55)で、この震源エリアで12回も起きていた。

f:id:nmomose:20200513205243j:plain
 

今日はヒプノセラピストマリアさんともこの群発地震について話していたが、昨日も長野を気にしていた。
糸魚川静岡構造線の方は、大きく揺れるとヤバイところだ。

また、下記USGSの24時間以内のM2.5以上の震源マップを見ると、オホーツクプレートが活発になっているようだ。

f:id:nmomose:20200513215143j:plain


そうなると、北海道の西側もそうだが、岐阜県飛騨地方から長野県中部あたりにかけて、今後も大きく揺れる可能性を考えておかなければならない。

過去の飛騨地方の大地震

以下に、過去に飛騨地方あたりで大きな地震が起きた例を示す。

0762年06月05日:美濃・飛騨・信濃、M7以上。
1586年01月18日:天正地震(東海東山道地震、飛騨・美濃・近江)、M7.8~8.1、犠牲者多数。大津波記録が複数、複数の巨大地震の同日発生の可能性。
1854年07月09日:伊賀上野地震、M7.2、犠牲者約1,800人。
1854年12月23日:安政東海地震、M8.4、犠牲者2,000~3,000人。津波。
1854年12月24日:安政南海地震、M8.4 、犠牲者1,000~3,000人。津波・最大波高11m。
1855年03月18日:飛騨地震、M6.7、犠牲者203人以上。
1855年11月11日:安政江戸地震、M7.0~7.1、犠牲者4,700~1万1,000人。


このように、飛騨地方およびその周辺は大きな地震は滅多に起きないが、ひとたび起きると多大な被害が出る地震も起こり得るのは、油断はできない。

釈迦の霊泉

地震の話題は終わって、次は久々に釈迦の霊泉の話を。

今の新型コロナウイルスのパンデミックの時期に、本来ならば今こそ湯治に行き、また御神水を飲むことが防疫になるだろう。
自分の経験や他の人々の体験談から、この霊水は免疫力を上げてくれるものだと思うので。

今は家族では無理でも、そろそろ単身でも行きたいと思い、サルちゃんに恐る恐る聞いてみた。
すると、意外にも二つ返事でOKされた。
表の明るい性格に似合わず、極端な心配性なのだ。

だが、宿に電話してみたところ、女将さんが、県の要請で宿泊はしばらく自粛していると言われた。
がっかり。

だが、もっと近場に住んでいる方ならば、日帰りでは大丈夫だそう。

もし超セレブな方がいらっしゃれば、御神水を何箱かまとめ買いして、自宅の浴槽で焚いて温泉気分もできるだろう。
うちでは一生無理なので、御神水を飲んで免疫力を高めることを続けたい。

『釈迦の霊泉の研究』
 

noteの将来性

昨日noteで公開したノンフィクション作品『聖母と聖女:聖ベルナデッタの生涯~ルルド巡礼の記』
初日から購入者が多く、いままでの私のノートで一番人気があるようだ。

他のどれよりも、やはり聖ベルナデッタの生涯を描いた作品が大人気なのは、嬉しい限りだ。
いったいどういう人たちが買ってくれているのか知りたいところだが、ほとんどの人はゲストアカウントで、まったくわからない。

note.comは6年の歴史があるが、まだまだ発展途上のシステムであり、伸びしろがある。

月刊アクティブユーザー数が2000万人に達したという。
これはもちろん、あくまでも「のべ」の利用者数だろう。

noteは、文章だけでなく、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を配信できる。
言ってみれば、クリエイティブな人々の活動の場、自己表現の場だ。

自分にとって、どういう活用の方法があるのか、色々と考えてみると良いでしょう。
私自身も、まだ今年になって始めた新参ユーザーで、もっとこういう表現手段があるのではないかなどと、知恵を絞ってみたいと思う。

※今年になって色々な意味で『免疫力』の重要さが認識され始めた。
そのために補強が『必須』なのがビタミンD。
同じブランドでもビタミンⅮの含有量によって1錠あたり1000IUとか2000IUなど色々ある。
自分にはどれくらい必要なのかは、専門のを本をよく読んでみてください。


https://www.instagram.com/p/CAHQmA9gqRg/
Naoya Momose - 百瀬直也 on Instagram: “【ちび子】多忙でしばらく見ていなかったが、鼻のところに異変が。以前にケージをガリガリやっていた時に似ているが、今は開放してその必要は無い筈。触れても嫌がる素振りは無いので痛みはなさそう。1歳8ヶ月メス。 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター”


この投稿をInstagramで見る

【遥梛】2019/06/19 12:01生まれ。生まれて間もない頃から、色んなことを考えているようで、とても賢いように思えた。 ・赤ちゃんの頃から伺える性格 :明るい 、おしゃべり 、気が強い 、自己主張が強い 、頭の回転が速い。生後10カ月現在、非常に知能が高いように思える。 ・家族の誰よりも私のことを飽きずにジーーっと見つめる。まるで誰かが背後にいるかのように。 ミッシェル・ゴクラン・エフェクト:金星が天頂すぎ→成功した画家、音楽家に多い。 ・ある優れた超能力者から:遥梛が生まれる1か月ほど前に、19日に生まれると予言された。19日は5月19日生まれの亡くなった私の父と1月違い。正午に生まれる人は「神の子」で、サードアイが開いていて、非常に霊感が強い人になるそう。 #はるな #遥梛 #赤ちゃん #知能が高い #霊感が強い子供

百瀬直也(@noya_momose)がシェアした投稿 -


【動画】


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email