探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




 

【予言】リシルさん「きよみちゃん」大地震予言+東京湾で地震+新月前後に地震噴火に注意を


f:id:nmomose:20200520205354j:plain

リシルさんの「カラスのきよみちゃん情報」で大きな地震が起きるところを予測している。
環太平洋では火山噴火が相次いでいて、また東京湾でも地震が起きたが、5/23の新月前後には注意が必要だ。


 

リシルさん

今日も書くことが多すぎて、時間が限られているので内容を絞り込まなければならない。
明日以降に回せるものは、あるかどうか。

まずリシルさんの2020-05-20 11:01の「カラスのきよみちゃん情報」から。

岐阜で大きい揺れがあるのと南がちょっと大きい揺れがあるのと、梅の樹がたくさんあるところが揺れるよだって❗


「南」というのは、岐阜県から南なのか、それともリシルさんがいる東京から南なのか?
両方考えておいた方が良いだろう。

そして、「梅の樹がたくさんあるところ」は、絞り込むのをあきらめた。
みなさんの地域でそういうところがあれば、ご注意を。

東京湾でM2.9の地震2回

今日は、東京湾で2回地震が起きた。

2020/05/20 14:54:東京湾、M2.9、最大震度1
2020/05/20 15:00:東京湾、M2.9、最大震度1


今朝10:00イオノグラムは、下記の通り右上の東京・国分寺が強く出ていた。
M2クラスと小規模だが、震源が近場だったので、こうなったのだろう。

f:id:nmomose:20200520213221p:plain


また20:45時点では以下の通りで、揺れるのは東北あたりだろうか。
また南の方では、九州~沖縄あるいは奄美大島あたりで揺れるのかもしれない。

f:id:nmomose:20200521111559p:plain
 

過去の東京湾の地震

ちなみに、東京湾では過去100年間で最大の地震はM5クラスで、2回起きていた。
2つとも、黒潮大蛇行が起きていない直進期に起きていた。

【大蛇行】1989年12月~1990年12月
1992/02/02 04:04、M5.7、最大震度5 →直進期
【大蛇行】2013年7月~2014年4月頃
2015/09/12 05:49、M5.2、最大震度5弱 →直進期
【大蛇行】2017年8月下旬~20xx年


また、元気象庁・岡田正実氏の区分マップでは、東京湾は「B:黒潮域」になる。
このため、黒潮大蛇行発生中には大地震はあまり心配要らないか?

f:id:nmomose:20200502200559p:plain
 

環太平洋で噴火相次ぐ

ここ数日、日本や環太平洋の火山で噴火が相次いでいる。

5/15:パラムシル島、エベコ
5/17:桜島
5/19:カムチャツカ半島、クリチェフスカヤ山
5/20:インドネシア、ハルマヘラ島のドゥコノ山。


既に5/23の新月の影響に入っているのか微妙なものもあるが、まだ注意が必要だ。

岐阜県飛騨地方の地震

依然として続いている岐阜県飛騨地方の地震だが、今日も続いていて、また夜になって今度はまた長野県中部で小規模な地震が起きている。


岐阜県飛騨地方は、元気象庁・岡田正実氏の区分では「S:本土北部」になる。
過去には3月~8月にM7.0以上の大地震が多く起きていた。

f:id:nmomose:20200502200559p:plain
 

ちなみに、岐阜県飛騨地方では、東北地方太平洋沖地震の12日ほど前の2011年2月27日から30回ほど群発地震が起きていた。
うち2/27にはM5.5、最大震度4の地震もあった。
もちろん、だからといって東日本大震災クラスの巨大地震が起きるとは限らない。

だが、地震予知連絡会会長の山岡耕春(こうしゅん)・名古屋大教授は「今後も最大で震度5弱程度の地震が起こり得る。建物が倒壊する揺れではないが、落下物や崖崩れ、落石には注意が必要だ」と語る。

百瀬の体感

私の体感は、先日の頭痛と今日は下記の閉塞を伴う耳鳴りがあった。

https://www.instagram.com/p/CAaKxh9Ah1p/
Naoya Momose - 百瀬直也 on Instagram: “【体感】2020/05/20 20:50、右耳が閉塞10秒間で前後にセミ鳴きの耳鳴り。眠気もある。また5/18の頭痛体感もあり、5/21から5/22に関東圏で強めの地震に注意。 #地震予知 #地震前兆 #地震予測 #体感 #耳鳴り”
 

眠気も伴う時は、更に強めの地震かまたは震源が離れた大きめの地震の場合がある。
5/23の新月にかけて、地震・噴火にご注意を。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email