探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




 

【予測】ダウジング地震予測~中央構造線とフォッサマグナと聖書の民


f:id:nmomose:20200522211822j:plain

今日は久しぶりにダウジング地震予測をやってみたが、いま群発地震が起きている岐阜県・長野県の近くが出た。
そこはフォッサマグナの上の中央構造線付近だった。


 

ダウジング地震予測

まず、最近岐阜県飛騨地方や長野県中部や東京湾で群発地震が起きているので、気になって久しぶりにペンデュラムを持った。

https://www.instagram.com/p/CAfK0LqgGM8/
Login • Instagram
 

初めは火山噴火かと思ったが、地震かどちらかわからない。

f:id:nmomose:20200522212211j:plain
 

いま群発している岐阜県飛騨地方や長野県中部の近くなのでギクッとしたが、どうも誤差でズレたわけではなく、「意図的」に出たところのようだ。

中央構造線

また、その地点はちょうど中央構造線あたりにもなっている。
それで、この位置関係がわかるように、フォッサマグナの東端と西端の構造線と中央構造線のラインを引いてみた。

f:id:nmomose:20200522212916j:plain


出たところは諏訪に近いが、ご承知の通り、諏訪湖は糸魚川静岡構造線と中央構造線の交点上にある。
上記のマップでピンク色で描いた線はフリーハンドで、多少ずれている。

糸魚川静岡構造線・フォッサマグナ

松原照子さんや長田明子さんの予言にあるように、糸静線(糸魚川静岡構造線)は、いつかは割れると思っておいた方が良いかもしれない。
いや、地元の人たちは思うだけではなく、その時までに「行動」を起こさなければならないだろうか。

そもそも聖地とは、断層帯に沿って作られていくものだ。
聖地と断層帯については、まだ人類の秘密に属することかもしれないが。

その2本の断層帯の交点に諏訪湖があり、諏訪大社があるのは、もちろん「たまたま」そうなったわけではない。
また、「聖書の民」が訪れたことも、偶然ではない。

「聖書の民」

九州からは、東へ東へと旅し、
新潟からは、南へ南へと旅した。

また、「諏訪-鹿島レイライン」の東端にも、聖地が作られた。
そこは、諏訪の真東でなければならなかった。

もっといえば、かつてイスラエルにもいたことがあると思う自分の先祖が、代々諏訪の地に住んでいたのも、偶然ではないだろう。

諏訪は、何重の意味でも謎であり、秘密が多い。

異様な眠気があって妄想も混じってきたかもしれないので、このへんで止めておく。

私のダウジングは外れているかもしれないが、そうでなければ群発地震の震源が東に移動していく可能性があるのだろうか。
地震の震源を見守っていきたい。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email