探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




 

【予測】岐阜県飛騨地方で地震~リシルさん「大きめ」たしかに+岐阜・長野で大地震の可能性は?


f:id:nmomose:20200529211521j:plain

今日も岐阜県飛騨地方でM5.2最大震度4の地震などが起きたが、今後に岐阜県~長野県で大きな地震が起きる可能性を、過去の大地震も含めて紹介する。
またリシルさんは今日の岐阜県の地震を予測していたようだ。


 

岐阜県飛騨地方M5.2など

今日はこれまでに岐阜県飛騨地方で5回、長野県中部で3回と、有感地震が起きた。
また他の地域でも十勝地方中部M4.4など規模は大きくないが地震が多く起きていた。

岐阜県飛騨地方の最大の地震は以下の通り。

発生時刻:2020年05月29日 19時05分頃
震源地:岐阜県飛騨地方
最大震度:震度4
緯度:北緯 36.3度
経度:東経 137.6度
震源:マグニチュード M5.2
深さ:約10km


f:id:nmomose:20200529212101j:plain
 

リシルさん「大きめ」に対応?

リシルさんの下記のブログ記事は、見逃していたかもしれない。
3日前2020-05-26 19:54の「大きめ」と題した記事だ。

国内で大きめな地震にご注意下さい‼️

鹿児島、岐阜、関東エリアは注意して下さい‼️


複数の地震を想定しているかもしれないが、そうだとしても「岐阜」は今日の地震だったのかもしれない。

過去の岐阜~長野の大地震

冒頭のアイキャッチ画像では、過去の岐阜県と長野県で発生した大地震の震源を示している。
岐阜県と長野県では、長野の方が大地震が多く起きているイメージがあるかもしれないが、実は岐阜も同じくらい、あるいはもっと多く起きていた。

昔の地震の場合は、震源の位置はかなりアバウトだ。

f:id:nmomose:20200529223859j:plain

(1) 0745年06月01日:天平地震、M7.9。
(2) 0762年06月05日:美濃・飛騨・信濃、M7以上。
(3) 1586年01月18日:天正地震、M7.8~8.1、犠牲者多数。
(4) 1847年05月08日:善光寺地震、M7.4、犠牲者約1万~1万3,000人。
(5) 1855年03月18日:飛騨地震、M6.7、犠牲者203人以上。
(6) 1858年04月09日:飛越地震、M7.0~7.6、犠牲者数百人。
(7) 1891年10月28日:濃尾地震、M8.0、犠牲者・行方不明者7,273人。
(8) 1969年09月09日:岐阜県中部地震、M6.6。
(9) 1984年09月14日:長野県西部地震、M6.8、犠牲者・行方不明者29人。
(10) 2014年11月22日:長野県神城断層地震、M6.7。


以下に、いくつかの地震についてコメントを記す。

(1)天平地震

天平時代には、大地震が多発していた。
上記(1)と(2)の地震以外にも、734年05月14日:畿内七道地震、M7、生駒断層直下、そして764年には桜島大噴火もあった。

また疫病も流行した。
そのため聖武天皇は仏教に深く帰依し、度々遷都も行った。
一つの「大災害シリーズ」といえるかもしれない。
 

(3)天正地震

天平地震にしてもそうだが、この安土桃山時代の天正年間に美濃国で起きた地震も巨大地震だった。
いずれも、1923年の大正関東地震(関東大震災)と同規模だ。

この地震により、太平洋側の伊勢湾と日本海側の若狭湾の両方に津波が発生して被害が出たという。
若狭湾、伊勢湾に津波があったとされる記録が残るが、もし事実だとすれば途方もない大地震・大津波災害だったことになる。
 

(5)飛騨地震

安政東海地震・安政東南海地震という2つの南海トラフ巨大地震の翌年に発生した。
安政東海・東南海の同年には伊賀上野地震が起き、また飛騨地震の同年には安政江戸地震、安政八戸地震も発生し、これも大災害シリーズの只中で起きた。
その3年後の飛越地震も近いところで発生した。

このように、岐阜や長野は別地域の巨大地震発生の前後に大きな地震が起きる傾向がある。
 

(7)濃尾地震

日本史上最大の内陸地殻内地震だった。
震源は、岐阜県本巣郡西根尾村(現在の本巣市)だった。

この3日前の10月25日21時14分には、揖斐川下流域を震源とするM6.0の地震が起きていた。
どんな地震でも前震となり得るということだ。

明治24年当時は文明開化の象徴としてレンガ造りの建物が多く、官公庁や学校などの多くは倒壊した。
また6時38分という朝食時に発生したため、火災も多く発生し、岐阜市の市街の大半は焼き尽くされた。

岐阜県は大地震・巨大地震が繰り返し起きていた

長野県では、歴史を通じてM6以上の大きな内陸地震がたびたび起きていた。
そのため、人に言われるまでもなく、いつかはビッグワンが来るかもしれないことを念頭に置いているだろう。

岐阜県については、「大地震が少ない」などと県内の人々が考えていたら大間違いであることは、今日の記事を読まれてわかったことだろう。
日本最大の内陸直下地震も、岐阜県で起きているのだ。

また現在続いている飛騨地方の地震も、もっと大規模な地震が起きる可能性は常に頭に入れておくべきだろう。

※note『地震前兆百科』で「ネコ」編を執筆中で、ネコの前兆現象などご存じの方はメールで知らせてください。
ノートに採用した場合はお礼に該当の記事をプレゼントします。

f:id:nmomose:20200529225840j:plain

https://www.instagram.com/p/CAwhsyuAtSZ/
Login • Instagram



【動画】


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email