探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




 

【地震】メキシコ南部でM7.4の地震~日食・月食&夏至トリガーで想定内~日本でも大きな地震に注意を


f:id:nmomose:20200624222349j:plain

今日未明、現地時間で6/23にメキシコ南部でM7.4の地震が発生し、犠牲者や建物の損壊もあったが、これは21日の記事で書いたように月食・日食と連続して起きる期間だったためで、また夏至も関係していることがわかった。


 

メキシコM7.4

現地時間6/23 10:29(日本時間6/24 0:29)に、メキシコ南部の内陸でM7.4の地震が発生した。
震源はオアハカ州のビーチリゾート地であるウアトゥルコ(Huatulco)の北東36kmほどの地点。

ウアトゥルコは海岸にリゾートホテルが建ち並ぶが、そのホテルの多くでは被害が出ただろう。
数人の犠牲者が出たようだ。

f:id:nmomose:20200624223522j:plain
 

下記の動画では、ウアトゥルコで泊まっていたホテルから飛び出した人々が立ち尽くしている。


 

新型コロナウイルス渦の地震

動画では、マスクをつけている人々もいるが、今のように新型コロナウイルスがパンデミックになっている最中では、より大きな被害が出る地震では避難所での生活が大いに問題が生じるだろう。

そのへんのことは5月に他メディアに先行してTOCANAでいち早く問題定義したが、
大災害とパンデミックが重なる時期があると本当に怖い。


 

プレート関係

メキシコは、プレートでいうと海側のココスプレートが陸側の北米プレートの下に沈み込んでいる位置にある。
過去には大地震が繰り返し起きていた。

下記のGoogleEarthマップにある白丸印は、1900年以降のM7.0以上の地震。
この120年かそこらだけで、これだけ起きていた。

f:id:nmomose:20200624223945j:plain


これだけ複数のプレート境界が集中していると大きな地震が多いのだなと感心してしまう。
もっとも、それを言うならば日本はもっと密集している。

ショックが大きいかもしれないが、同じ縮尺で日本はこうなる。↓

f:id:nmomose:20200624224851j:plain

過去のメキシコの大地震

この100年間に、以下のように大地震が起きていて、そのほとんどは犠牲者も出た被害地震となっている。

1928年06月17日:メキシコ、Mw8.0。
1931年01月15日:メキシコ、M7.7、犠牲者110人。
1932年06月03日:メキシコ、グアダラハラ、Mw8.1、犠牲者44人。
1943年02月22日:メキシコ、M7.8、犠牲者10人。
1957年07月28日:メキシコ、M8.0、犠牲者68人。
1973年01月30日:メキシコ、M7.4、犠牲者60人。
1985年09月19日:メキシコ地震、Mw8.0、犠牲者5,900人以上。
1995年10月09日:メキシコ、Mw8.0、犠牲者49人。
2003年01月21日:メキシコ南部、Mw7.5、犠牲者25人。
2012年03月20日:メキシコ南部、Mw8.0。
2017年09月07日:メキシコ南部沖(チアパス地震)、Mw8.1、犠牲者91人。
2017年09月19日:メキシコ中部、Mw7.1、犠牲者326人。

 

レアケース

以降は日本に関係してくる話になる。
6/21の記事で、日食と月食が連続して起きる時には特に大地震が多くなることを、実例を示して説明した。
実は今回は非常に稀なケースで、下記のように2連続ではなく3連続になるのだ。

【月食】2020/06/06 04:12:半影月食
【-3】2020/06/18 12:49UTC:ケルマデック諸島、M7.4
【日食・夏至】2020/06/21 15:41:金環日食
【+2】2020/06/23 15:29UTC:メキシコ、M7.4、犠牲者あり
【月食】2020/07/05 13:44:半影月食 2020/07/05 03:07 UTC、満月


このように、月食(6/6)→日食(6/21)→月食(7/5)と続く稀な期間となる。
しかも、このパターンが夏至・冬至に起きると特に顕著になる。

夏至の日に日食となることは300年ぶりくらいで、また次回は800年後までないという。

夏至・冬至の頃には大地震が多い

そういう意味で、過去にあまり見られなかったケースなので、過去のデータを参照することができない。
こういう場合はどういう事態が起きるかが、読めない。

今回メキシコの地震が起きたことを契機に調べてみたが、夏至・冬至の頃には大地震が多い。
だが、夏至・冬至の単体では大きな地震が起きるトリガーとはならず、満月・新月・スーパームーン・日食・月食が夏至か冬至に近い頃に起きる時には過去に大地震が多く起きるようだ。

同様のパターンは、今年もう1回起きる。

今日は過去のデータを示して説明できないのは、近く別のところで行うためで、それまで待ってください。

とにかく7/5の月食のあと、7月前半までは日本を含めて大きな地震が起きやすいと思われるので、十分に注意してください。

※トイレは大事。特に女性は。



旧友によるRURUTIAカバー。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email