探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【予知夢】『イモリとわたしの体感日記』の”るるた”さんの地震の予知夢と異星人の夢まとめ

f:id:nmomose:20181011161707j:plain


ブログ「イモリとわたしの体感日記」のるるたさんは、実は予知夢で多くの地震を的中してきたことは、あまり知られていない。
そこで、その的中したと思われる地震をまとめると共に、まだ現実になっていない夢と、異星人が関わる夢も紹介する。

【目次】

 

「イモリとわたしの体感日記」のるるたさん

「イモリとわたしの体感日記」というと、体感する人のブログでは知る人ぞ知るという存在だ。
茨城県の「るるた」さんという女性がブログ主だが、この人の何がすごいかというと…。


体感、夢、イモリの行動観察、電磁波測定器、ラドンガス濃度メーターなどによって地震予知(予測)を行うという、本格派の人なのだ。
趣味や道楽の域を超えている。


この人の体感による地震予測については、2年前に下記のまとめ記事を書いたことがある。


このように、茨城県在住の強み(?)もあり、体感だけでもかなり的中することがある。

じつは予知夢も見る人

るるたさんが「予知夢」によっても地震を的中させることがあることは、あまり知られていない。
というか、私自身が昨日ブログを検索して、はじめて知ったところだ。


「夢」でブログ検索して、一連の夢の記事を読んで、地震の夢の場合、それらに対応する地震がその後に起きていたかどうかを検証してみた。
その結果、予知夢の能力もある人なのだということを、今更ながら知った。

現実になったと思われる夢

以下に、それらの的中したと思われる夢を紹介する。
なお、このページは「探求三昧Web」の固定ページとして常時更新して、最新の的中例があれば追記していく。

2011/04/24「根室半島」

2011/04/24の「今朝の夢」と題した記事。

朝起き掛けの夢。

「震源地を教えてください」・・・・見えたのは、「根室半島」「十勝沖」

えっ!?北海道?今までと全然関係ないところ・・・・

でも「沖合い」なので、陸地には、あまり被害はない感じ。


対応する地震:2011/05/11 17:30、根室半島沖、M5.0、最大震度3の地震が発生。
3週間後に現実になった夢だった。

2011/09/03:東北

2011/09/03の「夢」と題した記事。

又、夢の話…です。
福島県沖又は、茨城県沖に、大きい震源が…


対応する地震:2011/09/17 04:26、岩手県沖、M6.6、最大震度4
震源は茨城県・福島県沖ではなかったが、東北沖の大きい地震だったため候補に入れる。
約2週間後に現実になった夢だった。


その前の2011/08/31に見た夢でも、「宮城県沖」と「神奈川県」が揺れる内容だった。

 

2011/09/25「千葉県東方沖M6.?」

2011/09/25の記事。

今し方、夢を見ました。
モバイルのアプりの地震速報が鳴り、表示される夢。
「千葉県東方沖 マグニチュード6.? 到着まで、13秒…」


対応する地震:2012/03/14 21:05、千葉県東方沖、M6.1、千葉県と茨城県で最大震度5強、犠牲者1人。
東北地方太平洋沖地震の余震だった。
約5ヶ月半後に現実になり、時間が経っているものの、「千葉県東方沖、M6.x」とピンポイントで規模もその通りのため、的中と言えるかもしれない。

2016/11/12「2016年11月12日の不思議な夢 (1)」

2016/11/12の「2016年11月12日の不思議な夢 (1)」と題した記事。

3:04
夢を見ました。

いつも津波の夢を見る時は、なぜか伊豆にいます。

今日も伊豆に行って海にいました。
夕方なのか、朝方なのか、必ず暗いのです。

波がとても引き波で、見ていると、あれよあれよと言う間に津波が襲ってきます。


対応する地震:2013/11/22 5:59、福島県沖、M7.4、最大震度5弱。
宮城県仙台港で高さ144cmの津波を記録した。
津波を伴う地震は数年に一度の頻度であり、稀なケースであり、それが10日後に現実になったということで、完全な予知夢といえるだろう。


ただ、自分が伊豆に居たというのは、津波の夢を見る時には常にそういう想定になっているようだ。
この地震では、恐らく伊豆までは津波が達していない。

これから現実になるかもしれない夢

以下に、現実に起きていないが起きると大変なものや、異星人・UFOとの繋がりを思わせる夢をまとめる。

2011/08/22「駿河湾で大地震」

2011/08/22の「夢」と題した記事。

うとうととして、夢の話。
強震モニタで、見ていたら、みるみる黒、赤と色が変わり、大地震が!
場所を見ると、駿河湾沖でした!びっくりして目が覚めました。
今又、体調悪く、めまいっぽい…
巨人よりも小さい人の足音のドンドン!は、多分、東京湾か小笠原諸島。
足音でなく、太鼓を小さく叩いている「ドンドコドンドコ…」が、駿河湾?
いまも、物凄く聞こえる…


駿河湾(駿河トラフ)で起きる大地震といえば、南海トラフ巨大地震だろう。
東海地震の想定震源域の東端は、駿河湾にかかっている。

2011/11/02 不思議な夢(1)

2011/11/02の「不思議な夢 (1)」と題した記事。

不思議な夢を見ました。
車に乗っていると、銀色の大きな円盤に遭遇。
吸い込まれる〜(>_<)と、きょうふを感じたのも束の間。テレパシーにて頭の中に色々な映像を見せられました。

それは・・・UFOに乗って宇宙人達は、この汚れた地球を浄化しに来てくれていると言う事。
「じゃあ、原発事故の放射能も安全ですね」と、聞くと「必ずしも、そうではない」と、顔を曇らせて答えていました。
やはり、原発の再稼働、地球人がどのように「惑星、地球」を思っているかによっては、救いようのない事態に陥る事も!
深い思いで持って地球を大切に愛してる上げて下さい。と、頼まれました。

一人一人が、心に愛を!優しい気持ちで地球に接して上げたいものです。


いわゆるUFOアブダクション的な内容だが、友好的な異星人という想定のようだ。
異星人が原発事故を懸念しているということは、他の異星人コンタクトケースと共通する点だ。
いまの政府は原発を推進しているが、われわれ地球人が地球に対して取り返しのつかないことを仕出かす前に、多くの人に気がついてほしいものだ。

2016/11/12:日本の東側は沈没すると異星人

2016/11/12の「2016年11月12日の不思議な夢 (1)」と題した記事。
この夢の前半はすでに紹介したが、その続きがある。

大抵はここで目が醒めるのですが・・・

今日は、女のひとが出てきて(ガイド?)未来の地球に行きましょう!と、連れて行かれました。

空から見た地球。とても地形が変わっていました。
大陸の所々に湖がたくさんある感じで、
「うわー地球が変わってる!」と叫ぶと、女のひとは「避けようのない事も起こるのです。」と、説明。

私は、ふと、日本を見ると・・・日本はほとんどなくて、パッとみたら、四国の一部と、中国地方の一部。九州位しか見えなくて、私の住む関東は?と、探していると、「◯年の天変地異で、日本は水没に近い事が起こりました」

それでも、地球は続いているんだな〜と、思ったところで、目が覚めました。


るるたさんは「宇宙出」なのかもしれない。
もっとも衝撃的で、もし現実になれば大変ということは、「日本沈没」だろう。
「◯年の天変地異で、日本は水没に近い事が起こりました」


未来の日本は、四国・中国・九州しか残っていない?


このような夢は、荒唐無稽だと片付ける人もいるかもしれない。
だが、この夢が、10日後に現実となった津波を伴う大地震とセットになっていることは、重く受け止めなければならないと個人的に思う。


この夢の前半がその通りになったことは、その後半も?
大地震など災害が発生する前後にUFOが現れたりすることは、よくあるケースだ。
地球を訪れる異星人のすべてが「友好的」とは限らないとしても、このように地球の未来を憂いている存在もいるとすれば、頼もしいことだろう。


【参考】
plaza.rakuten.co.jp



■他ブログ記事更新■
Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email