探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也の地震予知・防災・スピリチュアルなど探求Web/ブログ

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・防災・精神世界等を探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




【研究】富士山噴火の前後に起きた南海トラフ巨大地震など大地震との関連性


f:id:nmomose:20191102165538j:plain

過去の富士山の噴火、南海トラフ巨大地震、そして関東~近畿地方での大地震の発生時期を解析し、次の富士山噴火と南海トラフ巨大地震などの発生傾向を探った結果を紹介する。



噴火と大地震連鎖の傾向

以下に、富士山噴火と前後に起きる大地震の傾向について解析した結果を示す。

◎富士山噴火の前後数年くらいに関東から近畿にかけて大地震が起きる傾向がある。
◎富士山噴火の前後数年に南海トラフ巨大地震が2回起きていた。

富士山噴火・南海トラフ巨大地震など大地震の連鎖事例

以下は、富士山噴火、南海トラフ巨大地震、そしてその前後に関東から近畿地方で起きた大地震の一覧を示す。

例:【-4関東】=富士山噴火の4年前に関東で起きた地震の意味。

南海トラフ(684)

【南海】684年11月26日:白鳳地震(全域) - M8.2、犠牲者多数。

富士山(781)

【富士山】781年:富士山噴火

南海トラフ(797)→富士山噴火(802年)

【-3南海】797年8月14日:南海トラフ地震があった可能性
【富士山】800年〜802年(旧暦)3月14日から4月18日にかけて富士山延暦大噴火
【富士山】802年1月8日:富士山噴火。火山爆発指数:VEI3

富士山(864)

【富士山】864年:貞観6年5月25日:富士山噴火(貞観大噴火)
867年11月16日:陸奥国大地震
【+4近畿】868年7月30日:播磨国地震 - M7台。兵庫県の山崎断層帯。
【+5】869年7月9日:貞観地震 - M8.3 - 8.6、三陸沖、津波で犠牲者約1,000人。

南海トラフ(864)

【南海】887年8月22日:仁和地震(全域説) - M8.0〜8.5。
888年:八ヶ岳噴火 - 山体崩壊による千曲川洪水で多数の犠牲者。

富士山(937)

【富士山】937年:富士山噴火。
【+1近畿】938年5月17日:京都などで地震 - M7、犠牲者あり。

富士山(999)

【富士山】999年:富士山噴火

富士山(1015)

【富士山】1015年頃:北麓と南麓で同時噴火か。

富士山(1033)

【富士山】1033年初頭:富士山噴火

富士山(1083)→南海トラフ(1096)

【富士山】1083年:富士山噴火
【+13南海】1096年12月11日(12月17日):永長地震(全域) - M8.0〜8.5、犠牲者1万人以上。
【+16南海】1099年2月16日(2月22日):康和地震(南海地震?) - M6.4〜8.5、犠牲者不明。

南海トラフ(1185)

【南海】1185年8月6日(8月13日):文治地震(南海トラフ説) - M7.4、犠牲者多数。

南海トラフ(1360)

【南海】1360年11月13・14日:紀伊・摂津地震(東南海?) - M7.5〜8.0、犠牲者多数。
【南海】1361年7月26日:正平・康安地震(南海トラフ) - M8.2〜8.5、犠牲者多数。

富士山(1435)

【-2関東】1433年10月28日(11月6日):相模地震 - M7以上、犠牲者多数。津波で利根川が逆流。
【富士山】1435年または1436年初頭:富士山噴火

南海トラフ(1498)

【0】1498年6月30日(7月9日):日向地震 - M7 - 7.5、犠牲者多数。
【南海】1498年9月11日(9月20日):明応地震(東海道沖) - M8.2〜8.4、犠牲者3万〜4万人以上。

富士山(1511)

【-1近畿】1510年9月11日(9月21日):摂津・河内地震 - M6.5 - 7.0、犠牲者多数。
【富士山】1511年:富士山噴火

南海トラフ(1703)→富士山(1707)

・1701年 - インドネシア、アウ山噴火、火砕流で死者3,000名。
【-4関東】1703年12月31日:元禄地震 - M8.1 - 8.2、関東南部に津波。犠牲者6,700人。
・1703年12月31日:豊後 - M6.5、元禄地震とほぼ同刻。
・1704年5月27日:羽後・陸奥 - M7.0、犠牲者58人。十二湖を生じた。
【0南海】1707年10月28日:宝永地震(全域) - M8.4〜9.3、犠牲者5千〜2万人以上。
・1707年10月29日:宝永富士宮地震 - M7.0。
【富士山】1707年12月16日:富士山宝永大噴火、VEI5

まとめ

以上の研究結果から言えるのは、富士山の噴火は単独で発生することは少なく、多くの場合は数年前(または後)に南海トラフ地震を含めて関東から近畿地方で大規模な地震が発生するケースが多い。
このことから、大きな可能性としてあり得るのは、関東から近畿にかけて規模が大きな地震が発生したときには、数年以内に富士山が噴火する可能性を考えなければならない。




Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email