探求三昧 - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也の地震予知・防災・スピリチュアルなど探求Web/ブログ

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・防災・精神世界等を探求するWeb/ブログ

探求三昧 by 百瀬直也




【予言】ジョセフ・ティテル氏予言まとめ:2019年版


f:id:nmomose:20171007215138j:plain

米国のサイキック(超能力者)・予言者であるジョセフ・ティテル(Joseph Tittel)氏が毎年年頭に発表する世界の出来事の予言の内容のうち、2019年の注目すべきものをまとめたページです。
通常の予言は、その年に対応する出来事が起きなくても、翌年にずれ込むこともあります。

【目次】

 

YouTube動画より

以降の予言は2018/1/8に発表されたYouTube動画によるもの。
カッコ内の時間は、YouTube動画のタイムラインを示す。

予言(0:11:18)

【日本についての予言】
3月20日頃のエネルギーシフト(変化)は非常に強烈で、そこに満月のエネルギーも加わり、火山噴火や津波が起きるだろう。
3月20~21日には春分と満月が重なるが、満月サイクルでは1月21日が最初で、この頃には大きな気象イベントがあるだろう。
特に、大雪や嵐が起きるかもしれない。

3月20日の満月のタイミングも同様に注意。
2~3月に大きなシフトが起こる。2月19日の満月がエネルギーシフトの正確な開始日となると思われる。


【解説】
1月21日は、今年3回連続で起きる満月&スーパームーンの初回で、しかも皆既月食となる(「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」と呼ばれることもある)ため、通常のスーパームーン以上に大地震や火山噴火には注意が必要だ。

【結果】
エネルギーシフトの正確な開始日という2月19日の直後2月22にエクアドルでM7.5の地震が発生した。

予言(0:23:05)

【日本についての予言】
日本・中国・香港で、大きな台風が来るだろう。
また、日本と中国の間あたりで巨大な地震が起き、これは恐らく沿岸部の地震から始まる。
日本の北部あたりでは火山の噴火活動も起きるが、中央部分の北部にある高い山で…もしかすると富士山か?…噴火に伴う大地震もあり得る。
多くの国が日本を援助する。
北朝鮮も同様だろう。
リング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)は全体的に静穏化するが、局所的には活発化して地すべりなどが起きるだろう。
日本でも、山が崩壊して海に崩れ落ちることがあるかもしれない。

【解説】
現在の火山活動から判明している範囲で、噴火の可能性がある日本の火山としては、吾妻山(噴火警戒レベル2)と、草津白根山(噴火警戒レベル2)がある。北朝鮮さえ日本を憐れむような大災害が起きるということが前提なのだろうか。昨年インドネシアで起きたような山体崩壊に伴う津波が日本でも発生したら、大惨事となるだろう。

【結果】
日本の台風15号(9月5日~9月10日)では、犠牲者1人、負傷者148人で、千葉県で長期的な停電・断水が起こり甚大な災害となった。
台風19号(10月6日~10月13日)では80人以上の犠牲者が出て、21の河川24か所で決壊が起こり、甚大な被害が出た。

予言(0:37:45)

ハロウィーン(10月31日)から11月20日頃にかけての火星が逆行する期間は、大きな出来事がいくつも起きる。
何か途方もないネガティブな出来事が10月31日から11月2日までの3日間に起きる。
ハリケーン・サンディを思い起こさせる光景が浮かんでくるが、10月末までに巨大なハリケーンが来るのだろう。
新聞の見出しで「ハロウィーン銃撃事件」と見える。
テキサスが関連するようで、気象イベントか、または銃撃事件が起きるのか。
3という数字が関係するようだ。

予言(0:44:48)

2009年か2010年ごろ、地震の後で島が浮上してくると予言した時には、人々から狂っていると言われた。
だが、実際にパキスタンでそれが起きた。
今回のヴィジョンでは、島全体が完全に沈んで消えて、人々が溺れている姿が視える。
カナリア諸島かソロモン諸島ではないかと思う。

予言(1:21:05)

以前、カトリック教会は10年で崩壊すると予言した時には、友人たちからクレイジーだと言われた。
だが、その2年後にローマ法王が辞任した。
次の法王が最後となり、カトリック教会は崩壊するだろう。
その後は女性がリーダーとなり、教会は復活すると思う。
米国の大統領選については、これまで大統領制はルシファー信者やイルミナティに支配されて女性が指導者に就くことはなかったが、最近は米国で先住民も含めて女性たちが当選し、それは今後も続く。

予言(1:39:50)

今年の事件の多くは水の上で起き…2つの別々の事件かもしれないが…大規模な地殻変動に伴う災害救助のためか、または防衛なのか、日本と中国の海軍の船が見える。
ロシアの中国寄りの場所、あるいは日本の北部に、北朝鮮までもが救助に向かうのは、そこで大規模な災害が起こるためかもしれない。

【結果】
2019年10月7日、大和堆(やまとたい)と呼ばれる海域付近で違法操業漁船の取り締まりをしていた水産庁の取締船「おおくに」と北朝鮮の漁船が衝突し北朝鮮船が沈没した。
「おおくに」は救命いかだ2艇を出し、海上に投げ出された漁船の乗組員らを救助した。
予言とは逆に、北朝鮮が救助される側となった。
大和堆は、日本海中央部に位置する浅い部分。

2019年9月2日~30日にかけて、ロシアは、日本海のロシアの排他的経済水域で密漁していたとして、小型船11隻に乗っていた北朝鮮漁民87人を拘束した。
また、遭難で沈没した26隻の小型船に乗っていた北朝鮮船員174人を救助した。

予言(1:49:45)

「7の予言」…これは瞑想中、断片的に見えたもので、それらをつなぎ合わせて解釈した。
以前ペルーに行き、フレディ・プーマという秀でたシャーマンに教えを受けた時、彼に(「7の予言」について)話すと2人の見解は概ね一致した。
スピリット(精霊)から告げられたのは、ドナルド・トランプ大統領のことだ。
彼は2期目も大統領に選出されるが、2期目の3年目、誕生日の直後に亡くなるだろう。
健康上の理由か、毒を盛られたりするのかはわからないが、(現副大統領の)ペンス氏が大統領になるらしい。
それから、今から7世代先までの間に、太平洋の両端に新しい島が出現し、カリフォルニアはバラバラになって沈む。全貌は後日発表する


※2019年の予言まとめの執筆にあたって、「ブルーオーブのブログ」を参考にさせていただいた。




Copyright (C) 2004-2019 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email