【予言】マリアさんインタビュー:今後の世界はどうなる?コロナ禍・五輪中止・千葉が沈む・天変地異~サバイバルの準備を

2021/01/24

tocana ヒプノセラピストマリア 地震予言 予言

t f B! P L

 


 


TOCANAで私が執筆したヒプノセラピストマリアさんへのインタビュー記事が掲載されたが、今まで公の場では語られなかったものも含めて、今年以降に世界と日本で起きることを紹介している。


■TOCANAの記事

今日の記事タイトルは、トカナ的には何故かわりと地味目だが、内容はそうではない。

まず下記のTOCANAの記事を読んでみてください。

『「地震で千葉県が沈んでいく。北海道にロシアが侵攻。サバイバルの準備を」日本屈指の超能力者が警告!! “2021年の予言”が絶望的すぎる』

■コロナ禍

マリアさんは1/4の自分のブログで、「カレンダーをイメージすると、二月も上旬はモヤモヤがありますね」と書いていた。

正確には、マリアさんはこう書いていた。

「カレンダーをイメージすると

昨年から一月は白いといいましたが

モヤモヤしてましたが

二月も上旬はモヤモヤがありますね。」


それは、緊急事態宣言のことだった。
2021/01/07、政府は東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県で「緊急事態宣言」を出して、1/8~2/7に外出の自粛や飲食店の営業時間短縮などを要請した。

まさにマリアさんがカレンダーを見て「モヤモヤがある」と感じた期間だった。
政府発表の4日前の1月4日の時点で、その期間を予言していたことになる。

そして、コロナ禍は6月頃には落ち着いてくるという。

■東京五輪

次に、東京五輪は「開催しようとします」という。
観客が見えないので、無観客なのか。

または、別の可能性としては、開催しない方もあるそうだ。

世界の論調や日本国民の世論からしても、延期または中止が圧倒している。
私見では、もはや開催は無理だろう。

■日本の災害

これについて、マリアさんが挙げたのは、秋田駒ケ岳など奥羽山脈、浅間山、十勝岳、九州の火山などで、噴火が増えて行きそうという。

今年の流れでは、1~2月のコロナ禍は前述の通りで、3~8月までは良くない。
7月は何か喜ぶべきことがあり、8月は破壊?水?に関係したことがありそう。
9月~11月は、黒い塊が膨れてくるのが見えて、火山噴火?隆起?

この原稿執筆に間に合わなかったが、1/19のブログ記事では、「8月10日前後」に何かあるそう。

■千葉が沈んでいく

次は、以前からマリアさんが言っていた、「千葉が沈んでいく」件。

このことは、昨年8/18発行の有料noteマガジン『ヒプノセラピストマリアと百瀬直也の予言三昧マガジン』だけで詳しく書いていた。

この2人のマガジンを有料でクローズドの場としているのは、この時のように、あまり誰にでもお気楽に読まれるとよろしくないというのも一つにはある。

これからどんどん厳しい時代になっていく…という表現ぐらいでは足りないくらいに試練の時代になる。
そういうことは、やはり閉じた場でしか公開できないことだ。

マリアさんは長野へ移ったが、私もこのままずっと東京にいてはまずいと考えている。

「九十九の海が割れる」は、ずっと長期的な視点で捉えなければならない。

■聖地と活断層

次に、こういうことは中々普通の人にはわかってもらえないので、話さないでいたこと。

マリアさんならばわかってもらえるかもしれないと思って質問したが、やはり同じ考えだった。

中央構造線や糸魚川静岡構造線などの主要な構造線に沿って、阿蘇、伊勢、諏訪、鹿島の聖地がある。

私は今生でやることが多すぎて、そういうことに専念して研究できないかもしれないが、TOCANAでヒントを示すことによって、探求する人が出てきてくれると嬉しいなと。

■諏訪信仰と古代イスラエル

上の聖地と活断層にしても、諏訪と古代イスラエルの関係にしても、マリアさん以外ならば中々「普通の会話」として持ち出せないことだ。

私は25年間ソフトウエア開発に専念してきたSEで、しかも学生時代から翻訳や原稿執筆をしてきた物書きだ。
ロジカルではないトンデモ説は、だいたい短時間でわかる。

古代イスラエルの民が、糸魚川あたりから南下して諏訪にたどり着いたことなども、二人にとっては「常識的」なことになる。

今回のインタビューで、今までのヒプノセッションで過去にそういう事実、つまり古代イスラエルの民が諏訪に来たことを裏付けることがわかってきたという。

それを知って、私も驚いた。
やはり自分が長く探求してきたことは、間違っていなかったのだと。

■天変地異の始まり

マリアさんによると、亥年の2019年から天変地異が始まったという。

私も色々聞いているけれど、遠回しにしか書けないことがあって、もどかしいけれど仕方ない。

以上、ここまで書いていいんかい?と思うところもあるけれど、いちおうマリアさん原稿に目を通してもらってから編集部に送ったものだ。

今年も色々と大変なことが起きそうだ。


※諏訪大社・御柱祭、父方の先祖の地だから毎回参加するが、次は2022年春。このコロナ禍でできるのかな?
御柱祭・木落し2004・2010年ダイジェスト版。

※ママが買い物から帰るとカメラで見えてすぐわかる。
夜間は人感センサーで、+カメラだとわかれば泥棒は一目散で逃げる。


小型スピーカー、小さいわりに低音も出る。









ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ