リアルタイム地震前兆データ~大地震の前兆現象を知るために by 地震前兆ラボ(探求三昧Web)

 

 


リアルタイムで提供される各機関の地震前兆に関連したデータをまとめたページです。最新の大気中ラドン濃度、磁石落下装置、電離圏の電子数、気象衛星画像、海水温などを表示しています。地震予知・予測活動にお役立てください。


※地震発生情報関連のデータは『リアルタイム地震情報データ』のページでまとめています。


■定番地震関連情報

地震予知関連の最新情報を自動取得し、スクロールボックス内に表示します。

(モバイル版ではボックス内をドラッグしてスクロールします)
内容が古い場合はブラウザを再読み込みしてみてください。


■強震モニタ(NIED)

現時点のリアルタイムの強震モニタです。全国の強震観測網の地震計で観測した今現在の揺れを、そのままに近いかたちで配信しています。
(SSL化されていないサイトのためセキュリティ上の問題あり)

←新強震モニタ</>


■NASA (USA) グローバルTECマップ

5分毎に更新される静止画版です。 赤い部分が最もTEC値(電離圏の全電子数)が高く、地震に要注意です。但し日中は高くなる等の傾向があるため、地震との関連を判断するには日々の観測が必要です。

 

NASA (USA)グローバルTECマップ

 

 

■日本国内の電離層観測データ:イオノグラム

NICT-情報通信研究機構による日本国内の電離層観測データ『イオノグラム』です。

稚内、国分寺、山川(鹿児島県)、沖縄の4観測所同時表示画像を表示しています。

地震発生の前に、グラフにノイズが入ることがあると言われています。





■宇宙天気予報センター:リアルタイムデータ

宇宙天気予報センター提供のリアルタイムデータを表示します。

◎GPS全電子数(TEC)マップ

日本上空の電離圏観測に対する全電子数(TEC)を示す。
大地震の前に電子数が異常に増加することが知られている。
マップ上で赤い部分が出たら注意。
右側のGIFアニメをクリックでNICTの詳細ページへ。

   
※他の時間のマップはこちらのNICTのページにあります。
こちらのページに、東北地方太平洋沖地震(2011/03/11)の日のTECマップがあります。

◎地磁気擾乱(茨城県・柿岡)

グラフ値が"Active"を超えて赤色が出たら注意。観測点に近い茨城県内陸の地震などは小規模の地震の場合が多いです。

◎GOES衛星による太陽X線リアルタイム観測値

■太陽フレア

フレアはC→M→Xとレベルが上がり、3日前後で地球に到達。

以前にTOCANAでインタビューした西マサヤさんのブログ上の予測が詳しい。

ベースがBクラスでMフレアが発生するとトラフ(南海、相模など)でM6クラス以上の地震が起きるという。

■プロトン現象

静止軌道の高エネルギープロトン。


■電離圏概況グラフ(NICT)

NICT(国立研究法人・情報通信研究機構)が提供する電離圏(ガス状のプラズマ大気を含む地上の領域)の、電離層嵐・突発性電離層擾乱・スポラディックE(上空約100km付近に局地的に突発的に発生する特殊な電離層)をグラフ化したデータです。

ここでは、国分寺観測点(東京都)のグラフのみ表示します。国分寺以外のグラフはこちらのNICTのページにあります。



◎スポラディックE層

地球上の高度100km程度に突発的・局地的に発生する密度の高い電離層で、大規模な地震の前に赤いデータが増えると言われています。上から稚内(北海道)・国分寺(東京)・山川(鹿児島)・沖縄観測点です。


■大気ラドン濃度

ラドンはヘリウムなどと同じ貴ガス元素の一つで、ある地域で地震発生の前には大気中のラドン濃度が上昇することが確認されています。
関東圏で地震が起きそうなときには、画面左のタブレット上でその部分のグラフを表示します。
経験的に、グラフ値が上昇してピークを過ぎて下降中に、観測地点周辺で地震が起きることが多いです。

◎東京都小平市(百瀬自宅)

東京都小平市に設置したラドン測定器の値をライブカメラでYouTube Live配信し、リアルタイムに表示しています。

(YouTube上の操作で12時間ほど過去に遡って閲覧できます)

最新のラドン濃度グラフはこちら


ストリーム画像が見れない場合は、>こちらをクリック。

■磁石落下装置

地震発生前に永久磁石の磁力が弱まることが江戸時代から知られています。
束ねた紙を磁石で止めたものを上記ラドン濃度のYouTube Live配信の画面上(中央上部の黄色い磁石で止めた紙)で表示しています。


地震発生前に、これが落下することを予測しています。
気温変化によっても磁石の磁力は変化するため、紙の枚数の調整を適切に行う必要があります。


■海水温図(海上保安庁)

毎日9:30頃に更新。

◎【表面水温海流合成図】

海水表面の水温を示す地図に主要な海流(黒潮など)を合成した図です。
南海トラフ巨大地震や南関東直下(首都直下)地震の発生に関わる(岡田正実氏・百瀬説)黒潮大蛇行の最新状況もわかります。



このページに、最近30日間の表面水温の変化をアニメーション化した画像があります。

◎【表面水温偏差図】

海水表面の水温の日毎の変化を示す地図。




このページに、最近30日間の変化をアニメーション化した画像があります。


■衛星画像




「大気重力波」や「さざなみ雲」の観測用に。 


◎weather map衛星画像


過去12時間の履歴はtenki.jpサイトで。


◎気象庁・気象衛星画像

撮影日時は画像左下に。

拡大して見るには画像を別タブ/ウインドウ上で開くか、またはダウンロードしてください。




『気象庁:気象衛星』


◎気圧配置図

現在の気圧配置図。

拡大して見るには画像を別タブ/ウインドウ上で開くか、またはダウンロードしてください。



tenki.jp:実況天気図





■百瀬の地震前兆・予測情報

百瀬がInstagramで発信する最新の地震前兆・予測・ブログ更新情報です。ハムスター、頭痛・耳鳴り・ブログ更新など。

画像をクリックで(モバイル版では画像を軽くタップ)で内容が表示されます)



■【注意事項など】

百瀬の個人アカウントで、様々な地震関連情報を自動で流しています。

◎百瀬直也:

 ・Twitter https://twitter.com/noya_momose

 ・twilog  https://twilog.org/noya_momose

◎リアルタイムに更新される画像は、内容が日々変わっていくため、現時点でのデータを残しておきたい場合は、ローカルPCやスマホに画像を保存してください。

◎リアルタイムに更新される画像があるので、最新の情報を見るには、ブラウザでページを再読み込みしてください。

◎UTとある時刻は正標準時で、プラス9時間すると日本時間になります。





ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ