探求三昧 by 百瀬直也 - 地震前兆研究家の地震予知・地震予測関連ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震・噴火・災害などを探求するブログ

スポンサード リンク

【体感】海外の地震をよく当てる女性がソロモン諸島M6.2を的中~過去のガチ的中例も

f:id:nmomose:20181116184730j:plain


某SNSのグループで、体感で地震を予測して的中する人がいて、昨日はソロモン諸島で起きると言っていたらM6.2の地震が本当に起きた。
そこで、その女性の予測を過去にさかのぼって的中例を紹介する。

続きを読む

【常時更新】短期的地震前兆・予知情報(ラドン・体感・ハムスター・静電気・ばけたん・磁石落下・etc)

f:id:nmomose:20180927111447j:plain


11/16:最新地震予知・前兆:【黄信号】強い頭痛・耳鳴り体感。大阪東部のラドン濃度上昇中。etc。


◎最新の短期的な地震予知・予測・前兆現象をまとめて、常時更新するページです。
大気ラドンガス濃度、自分の体感、ハムスター運動量、静電場センサ、ばけたん、磁石落下装置などによって総合的に短期的な地震前兆現象を判斷し、赤・黄・青の信号で表示します。

続きを読む

【地震予知】南海トラフ巨大地震の発生時期の予測+「地震予知機?」静電場センサを作った

f:id:nmomose:20181115183100j:plain


差し迫る南海トラフ巨大地震がいつ起きるのかについて、黒潮の大蛇行の最新状況とともに検討する。
また、11/2に書いた地震予知目的の「静電場センサ組み立てキット」が届いて組み立ててみたので、YouTube動画とともに紹介する。

続きを読む

【常時更新】南海トラフ巨大地震発生の条件・前兆・傾向・予測(地震前兆ラボ)

f:id:nmomose:20180926092303j:plain


【最新情報】11/15:黒潮大蛇行により発生時期を予測。要注意期間中→発生月:7月~翌2月。台湾大地震から1年以内。マクモニーグル津波予言:2018年秋に10.5m。


南海トラフ巨大地震が発生する条件・前兆・予測などをまとめたページです。
『発生条件』『発生傾向』『前兆としてあり得る現象』などをまとめて、常時更新します。

続きを読む

【TOCANA】北海道地震は人工地震だったのか?CO2圧入による「人為的地震」誘発の危険性

f:id:nmomose:20181114153746p:plain


今日TOCANAに掲載された私の記事は、北海道胆振東部地震が「人工地震」だった可能性について書いたもの。
CCSという地中へCO2を圧入するプロジェクトが、2004年10月23日の新潟県中越地震(M6.8)の前にも、今年9月6日の北海道胆振東部地震(M6.7)の前にも近くで行われていたことは、「偶然」なのだろうか?
苫小牧CCSでの地震発生の可能性を警告していた地震学者もいたということは、どうもそうではないのではないか?

続きを読む
■他ブログ記事更新■
Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email