探求三昧 - 地震前兆研究家・百瀬直也の地震予知・予測関連Web/ブログ

地震前兆研究家の百瀬直也が地震予知・予測・防災などを探求するWeb・ブログ

【火山】カムチャツカ、バリ島で噴火+『リアルタイム火山前兆データ』+札幌でクマ出没は地震前兆?

f:id:nmomose:20190423001846j:plain


昨日からカムチャツカ半島のクリュチェフスカヤ山とバリ島のアグン山が噴火して、またフィリピンでM6.1の地震が起きるなど、リング・オブ・ファイア上で地震・火山活動が活発化している。
この機に、『リアルタイム火山前兆データ』のページを移設したので紹介する。

続きを読む

リアルタイム火山前兆データ by 地震前兆ラボ(百瀬直也)

リアルタイム火山情報データ。地震前兆情報を提供する「地震前兆ラボ」が、最新の火山情報などのデータをまとめたページです。


f:id:nmomose:20131213132021j:plain
 

■目次■

  • ■噴火ワールドマップ■
  • ■気象庁:噴火警報・予報マップ■
  • ■富士山:過去1週間の震源分布図■
続きを読む

【研究】黒潮大蛇行は西日本沖の地震を抑制し終息後数ヶ月以内に大地震(南海トラフ含む)が起きる傾向?

f:id:nmomose:20190421215457j:plain


現在続いている黒潮の大蛇行だが、この期間中は西日本の太平洋沖の大地震(南海トラフ巨大地震含む)の発生が抑制され、終息後にそれら大地震が起きやすくなる傾向があるという仮説を立て、検討してみたい。

続きを読む

【研究】黒潮の大蛇行の終了後数ヶ月以内に大地震(南海トラフ巨大地震含む)が発生する傾向

f:id:nmomose:20180429215757j:plain


日本の西日本の太平洋側を流れる黒潮(日本海流)が、紀伊半島・遠州灘沖で南へ大きく蛇行して流れることを「黒潮の大蛇行」と呼ぶ。
この大蛇行が終了して直進期(非大蛇行期)に入ってから数ヶ月中に、日本の太平洋側でM7超の海溝型地震が起きることが多い、ということを解説する。

続きを読む

【前兆】珍しいアンコウ水揚げは三陸沖M6の前兆だった?自衛隊機の墜落は前兆の電磁波のせい?

f:id:nmomose:20190420224544j:plain


ちょっと前になるが、4/11に青森県沖でキタチョウチンアンコウという超レアな深海魚が水揚げされたが、直後に三陸沖でM6.0の地震が発生した。
それが前兆現象だったかどうかを検証し、また2日前には墜落した自衛隊の戦闘機がレーダーから焼失した地点が震源から近いため、地震と何かしら関係があるかどうかも検討する。

続きを読む
Copyright (C) 2004-2018 Naoya Momose. All Rights Reserved. Email