【note】【常時更新】粥占のすべて~神々による確かな予言

2021/01/16

啓示 災害 地震予言 予言

t f B! P L

 



【最新note記事】私の有料noteマガジン『地震前兆百科~サバイバルのための必須知識』の新コンテンツとして、大災害などを予言してくれる「粥占」のすべてがわかるコンテンツを急きょ作成した。


■はじめに

粥占(かゆうら、かいうら、よねうら)と様々な読み方があるが、神社で穀類で粥を炊くことによって1年の吉凶を占う神事だ。
毎年はじめに各地の神社で祭礼として行われる。
多くは小正月(1月15日)頃に、神にあずき粥を献ずるときに行われる。

占われる内容は神社によって様々で、基本はその年の天候や作物の豊凶など、農業に関わることが多い。
その他に、その年にどういうことが起きるかという世相を占う神社もある。

早いところでは新春の1月7日、最も多くは1月14日~15日に行われ、九州などでは3月中旬に行うところもある。

※このマガジンでは、各年の最新の粥占の内容を網羅し、また過去の粥占の記録と対応する出来事があった際にはそれを追記する形でまとめている。

noteで続きをみる

from 地震前兆百科~サバイバルのための必須知識 https://note.com/momosen/n/n43d82fb40b15




ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ