【地震前兆】「必ず地震が来る」とわかる耳鳴り体感2種~今朝も確かにM5クラスの地震が2回起きた

2022/06/16

耳鳴り 体感 地震前兆 地震予知

t f B! P L

 

 


今朝、早朝に目が覚めて、直後に強い耳鳴りがあって、「これは必ず揺れるやつだ」とわかったが、その後たしかに対応するかもしれないM5クラスの地震が起きた。


■体感

今朝はどういうわけか6時頃に目が覚めた。

2022/06/16 06:10、目が覚めて数分後に左耳で強いピー音の耳鳴りが1分間続いた。


私には、これは絶対に地震が起きるという体感が2つある。


(1)耳の閉塞→「ピー」や「ポー」などの強い高音の耳鳴り

(2)いきなり「ピー」や「ポー」などの強い高音の耳鳴り


今朝の場合は、(2)だったかもしれない。

(1)の「閉塞」とは、一瞬耳が聞こえなくなること。


このような異様な耳鳴りがあると、ほぼ確実に2日以内くらいで地震が起きる。

多くの場合、たとえ小規模でも、南関東の近場の内陸が震源となる。



■M5クラス2発

だが、今回はちょっと事情が異なるかもしれない。


2022/06/16 06:10、左耳で強いピー音の耳鳴りが1分間

→【約1500km】2022/06/16 07:23:硫黄島近海、M5.0、無感地震

→【約850km】2022/06/16 13:49:小笠原諸島西方沖、M5.3、無感地震





ただ、疑問に思うのは、通常はこれほど遠方の震源の地震では、このような耳鳴りは起きないこと。

まだこれから、明日までに対応する地震が起きるのだろうか。



■地震前兆の相対性

私は常に、何らかの地震前兆の可能性がある事象があるときに、地震前兆の強さと距離などとの相対性について考える。


これは、「体感」を云々する人々にとっては必須の作業だと思うのだが、実際は無頓着な人が多い。


地震の震源が遠方になるほど、「体感」などの前兆現象の強さは弱くなる。

あるいは、近場であるほど、地震の規模は小規模になることも多い。


もっとも、こういうことは中々数値化が難しい。

そのため、長年の経験を積むことが必要になってくる分野となる。


このような「約束」的な体感がある人は、それだけ地震予知に役立てて、自分や周囲の人々の防災・減災に役立てることができるだろう。



※コスパ良すぎの愛用モデル。
多少古いモデルなので、自分のニーズに合っているか確認を。







ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

クリックで救える命がある

クリックで救える命がある。

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ