【地震前兆】6/19の石川県能登地方M5.4の前の石川県のクマ出没多発は前兆だったか?移動ルートを検証してみた

2022/06/27

オジギソウ、ネムノキ 植物前兆 体感 地震前兆 頭痛 動物前兆

t f B! P L

 

 


昨日6/26 21:44に熊本県熊本地方でM4.7、最大震度5弱の強い地震が発生したが、その前週あたりに石川県南部でクマ出没が異常に多発していた。

これらの出没地点を詳細に調べると、ある傾向が見えてきた。


■6/19能登半島沖M5.4

私は地震前兆研究家として、特に宏観異常現象としての動物の異常行動に力を入れて研究している。


なぜか?

地震学者や生物学者の多くが、頭からバカにして(?)研究しれくれないからだ。


今日調査の対象とするのは、下記の地震。


2022/06/19 15:08:石川県能登地方、M5.4、最大震度6弱、深さ10km。




■クマ出没が多発

私が常に参照する『クマ出没情報ブログ』で、石川県のクマ出没目撃情報が、異常に報告が多い。

6月だけで、41件もある。


もっとも、このブログは「保護されていない通信」(SSL化されていない)なので、その意味するところがわからない人はアクセスしないでください。

また、わかっている方は、リスクを承知のうえでお願いします。




このブログでは、昨年の同月には、報告がほとんどなかった。


そこで、これらの目撃報告のクマ出没地点を、マップ上に記してみた。

こちらは全体がわかるように縮小している。




最新の報告は6/15で、6/8頃の目撃までさかのぼって、日ごとに色分けして記している。




色分けしたために、察しが良い人はパッと見で「傾向」がわかったかもしれない。


日が経つにつれて、次第にクマの目撃地点が6/19の震源から遠ざかっていくのがわかる。

これこそが、私が調査の前から推定していたものだった。


もちろん、これは1頭のクマだけではなく、複数のクマが同様の方角を目指して移動していった結果なのだろうか。



■震源から遠ざかって

大地震の前兆として、動物の種類は異なっても、このような生息地の移動は、非常によく見られる。

もっとも、そういうことが書かれた本があるわけではなく、すべては私が膨大な時間をかけて調査した結果として得たものだ。


たとえば、これが「体感」を持っているヒトの場合、こういう訳にはいかない。

体感がキツすぎるから、ちょっと弱くなる方へ移動して住もう…とか。


まず、どちらがその方向なのか、わからないだろう。


ニュース記事を探すと、6/9には、石川県津幡町(つばたまち)でクマの目撃が相次いだという。




津幡町は、上記のクマ出没マップで、特に目撃が密集している。

6/9~6/13頃までに集中していた。


その後にクマたちはどうなったのか。

6/15以降は目撃が無いわけではなく、まだ報告されていないだけかもしれない。


津幡町あたりでは、捕獲されたクマもいたようだ。

他に南へ移動したクマがいたのか、または元々別のクマが南方の方で目撃されるようになったのか。


石川県のサイトでは、クマ目撃情報を詳細にまとめていて、今後も調査すれば新しい発見があるかもしれない。



■熊本の地震の前兆?

6/25 8:30頃、うちの玄関先のシロバナネムノキとエバーフレッシュが、揃って葉が閉じていた。


その後に、対応する地震の候補としては、以下のものがある。


2022/06/25 18:49:伊豆大島近海、M3.3、最大震度1

2022/06/26 21:44:熊本県熊本地方、M4.7、最大震度5弱


もっとも、熊本はここから距離が遠すぎて、これまでの経験から、前兆だったと判断するのは躊躇する。

可能性としては、やはり小平市から茨城県北部あたりまでと同距離の伊豆大島近海の方が可能性があるだろうか。


また、昨日2022/06/26 12:01に、小平市の自宅で、右耳が一瞬閉塞→弱いピー音の耳鳴りが数秒間続いた。


いつものパターンでは、大体翌日までに関東圏で地震が起きるのだが、これも昨夜の熊本M4.7の前兆だったのか。


これだけ離れた距離はあまり考慮してこなかったので、あくまでも参考データとして扱うことにする。


日本では「体感」で地震がわかるという人は多いが、ここまで慎重に判断してくれる人は少ない。

いつも冗談交じりに言うけれど、たとえば地球の裏側の地震が体感でわかるというならば、その人が「寝たきり」にならないのは何故だろうか?と。


地震前兆の強さと距離の問題は、慎重かつ客観的に、時間をかけて行う必要があるということ。


■西日本の地震

この春から、西日本の特に内陸あたりで強めの地震が増えている。

どれだけ増えているかを、データで示す。


まず、昨年2021/03/23~06/25のM3.0以上、最大震度3以上の地震。




次に、同じ期間の2022/03/23~06/25のM3.0以上、最大震度3以上の地震の震源。




やはり西日本で強めの地震が増えているようだ。

南海トラフはまだ先としても、能登半島や熊本に限らず、大きな地震に注意した方が良いだろう。


例の明菜さんのnoteマガジンに集う人々の間でコミュニティのようなものができてきて、九州など各地から地震前兆の報告が集まるようになった。

これも明菜さんの人徳によるところが大きいだろう。



※こちらのビタミンD錠剤は夫婦で長く愛用している。

プライム会員ならば注文の翌日に配達される。









ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ