【地震前兆】メガマウスが室戸市沖で捕獲される~過去の地震前兆事例多数あり+明菜さんマガジン更新

2024/05/25

地震前兆 明菜さん

t f B! P L

 


百瀬のAmazon Kindle著書

 


昨日05/24夜に高知県・室戸岬の漁港で、珍しい深海ザメ「メガマウス」が捕獲されたが、過去には内外で捕獲の後で大きな地震が起きることは多く、注意が必要となる。


■メガマウス

2024/05/24 18:00すぎに、戸岬の三津漁港の沖合の定置網に、メガマウスがかかっていた。

体長6m、体重はおよそ2トンの大物だった。



網にかかってから2時間後に息絶えていたという。



メガマウスは、ネズミザメ目メガマウスザメ科に属するサメで、太平洋やインド洋などの水深200m付近の深海に生息する。

過去に世界で270数体しか確認されていないため、「幻のサメ」とも呼ばれる。

それほど珍しいサメであり、多くの場合はその後に周辺で大き目の地震が発生する。


■過去の前兆事例

私の前兆事例データベースでは、メガマウス出現45件中31件で1~2ヵ月以内に周辺でM5.0以上の地震が起きていた。

最近の国内の地震前兆と考えられる事例では、下記のものがある。


2021/06/11:千葉県館山市左間沖1kmの定置網にかかった。

→2021/06/25 04:47:千葉県東方沖、M6.1、最大震度5弱、遅延14日、距離146km


2021/06/15:千葉県館山市・館山港、翌日にかけて湾岸で泳いでいた。

→2021/07/16 13:19:八丈島近海、M5.4、最大震度4、遅延31日、距離200km


過去の高知県室戸岬の事例は、9年前にあった。


・2015/04/01:高知県:メガマウス、定置網に入った。

 →2015/05/18 18:34:日向灘、M4.5、最大震度2、17日後、距離220km

 →2015/05/30 20:23:小笠原諸島西方沖、M8.1、最大震度5強、59日後、距離862km


最初はM4クラスと小規模だったが、その後に起きたM8クラスは、遅延と距離からして、どちらが前兆だったかの判断が難しく、場合によっては両方だった可能性もある。


このように、たとえ今後に地震が起きても、そう大したことのないM4クラスの地震で終わることもあり、また全く地震が起きないこともある。


■明菜さんマガジン

noteマガジン『明菜の夢見るマガジン』5月版で、今日、明菜さんから送られた追加分を更新しておきました。




※サルちゃんに買ってあげたスマートウォッチ、全く操作などを教えていないのに、操作できているようで、便利だと喜んでいる。現代人の必須アイテム。

【Amazon】『スマートウォッチ iPhone対応【2024年新発想】Onefun』






ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

クリックで救える命がある

クリックで救える命がある。

関連サイト

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ