【前兆】福井県嶺北の内陸でM5.0、最大震度5弱けが人あり~富山湾で深海魚テングノタチ出現は前兆か?

2020/09/04

前兆

t f B! P L

 


 


今朝9/4 9:10に福井県嶺北の内陸でM5.0、最大震度5弱の地震があり、けが人や建物の損壊などの被害があったが、前日頃に富山湾で深海魚テングノタチが捕獲され、それが前兆現象かどうかを検討する。


【アイキャッチ画像】
2019/06/07に八丈島周辺海域で捕獲されたテングノタチ


■福井県嶺北M5.0

地震の詳細は以下の通り。

発生時刻:2020年09月04日 09時10分頃
震源地:福井県嶺北
最大震度:震度5弱
緯度:北緯 36.1度
経度:東経 136.2度
震源:マグニチュード M5.0
深さ:約10km



福井県は正午に、けが人が福井市で10人、坂井市で1人の計11人と発表した。
その後、19:40時点で13人に増えた。

福井市の1歳女児がベッドから落ちあごに軽傷、坂井市の80代女性が自宅で転倒し左足に軽いけがを負った。

■57年ぶりの震度5

過去に福井県内で震度5弱以上の揺れを観測した地震は、最大震度5を観測した若狭湾を震央とする1963年3月27日の地震以来だ。
その前は、1948年6月28日の福井地震までさかのぼる。

この300年ほどで、福井県で起きた大地震は、上記の福井地震を含めて2回あった。

1715年02月02日:大垣・名古屋・福井、M6.5 - 7.0。
1948年06月28日 福井地震、M7.1、犠牲者・行方不明者3,769人。

福井地震は、明治時代以降に犠牲者・行方不明者が多い被害地震のうち6番目の数となっている。

■海面水温の上昇

9/2に書いた、日本海の海面水温が急上昇している件。




8/22~9/2 M3.0以上の有感・無感地震マップ



これを見ると、ちょうど今朝の福井県の地震の震源の沖合で何回か無感地震が起きていた。

こういうこともあるので、ある地域のことを書いたら、近くに住む方々は注意するに越したことはない。

■建物の損壊も

今回の地震ではけが人も出た他に、各所で建造物の損壊などの被害があったようだ。
坂井市のショッピングセンターで、商品が棚から崩れ落ちたり天井が壊れ落ちたりした。



福井市で、ブロック塀が崩れ落ちた。

このような損壊は、もっと地震が頻繁に起きる地方ならば、より耐震対策を厳しくしているのではないか。

9/1の記事で書いた、「地震慣れ」しているということ。
ちょっと説明が足りなかったが、こういうところにも現れる。


私が「地震慣れ」しているというのは、防災観念のことも含んでいる。

■富山湾でテングノタチ捕獲

昨日9/3頃に、富山湾で珍しい深海魚が捕獲されたようだ。
テングノタチという魚で、3尾ほど獲れたらしい。

下記がTwitterに投稿されたテングノタチの動画。


これを見て気づかれるだろうが、形状がリュウグウノツカイに似ている。
それをもっと細長くしたような形で、たしかに「太刀」のようだ。



テングノタチは、リュウグウノツカイよりも稀にしか見られないという。

■テングノタチは地震前兆か?

では、この富山湾に出現したテングノタチは、今朝の地震の前兆だったのか。

捕獲地点から震源までは、おそらく120~130kmぐらい。
1日ほどの遅延で地震が起きたことになる。



M5.0という規模からすると、微妙なところだ。

■過去の地震前兆かもしれない例

では、過去にテングノタチが出現した後で、大きな地震が起きた例があっただろうか。
探してみると、これなどはそうかもしれないというのが、あった。

2014/10/29に、富山県射水市の新湊漁港で、テングノタチが水揚げされた。

新湊漁港の沖合約1.5kmの富山湾で、10/29日未明に捕獲された。
体長134cmの個体だった。



それから3週間ほどたった2014/11/22 22:08に、長野県北部でM6.7、最大震度6弱の地震が発生した。
長野県神城断層地震と命名された地震だ。

テングノタチの捕獲地点から震源までの距離は、約75kmほどだった。



M6.7という規模と遅延を考慮すると、地震前兆としての宏観異常現象として、十分にあり得るケースだ。
9/3の出現よりも可能性が高いのではないか。

だが、問題は、内陸を震源とする地震だったこと。
以前は、こういうケースは地震前兆ではないだろうと、スルーしていた。

だがよく考えてみると、海溝型地震だろうが直下型地震だろうが、その地殻内で起きている岩石破壊などの前兆現象は、条件的には同じではないか。

某大学では、深海魚の出現は地震前兆ではないキャンペーンを熱心にやっているが、私は納得できない部分があるので、今後も客観的な研究を続けたい。

■日本海側は要注意か?

前述の9/1の記事で、富山県は地震が少ないからといって油断していると大きな地震にやられるかもしれないと書いた。

その矢先(翌日)の9/2 2:50に富山県西部でM4.6、最大震度3の地震が起きた
私が予言していたわけでは全然ないが、ビックリした。

そして今朝は隣の福井県でM5.0だ。

もっとも、これらは日本海の海面水温が異常に上昇していたことを知っていたので、それが頭にあっての富山県云々だった。

いつか、福井地震のような大きな都市型の被害地震が起きないとも限らないので、時々はこのような話題をきっかけに、防災のことを考えてみてください。

■今日の前兆現象

9/2に頭痛体感があった。
9/5(土)~9/6(日)前後に関東圏で対応する地震があるかもしれない。



また、さきほど風呂に入っている時に耳圧を伴う耳鳴りもあったので、これも同じ地震の前兆かもしれない。

また、イオノグラムでは、稚内と国分寺が強く出ていて、北海道から関東にかけて地震がありそうだ。




■今日のYouTube動画

2018/06/18の大阪府北部地震の前に「鳴いた」という神奈川県のカメが、同年9/8にまた鳴いた時の動画。
地震前兆であるならば、可能性としては2日後の2018/09/10 23:58の千葉県南東沖、M4.7の地震の前兆だったのかもしれない。


■目次を追加

今日は苦労して、このブログの全ページに自動で【目次】を追加するようにした。

記事タイトル下の【目次】の「表示」をクリックすると表示され、「非表示」をクリックで閉じる。

PCでもスマホでも同じように表示されて、いい感じだ。
Bloggerというのは慣れていないので、色々と調べて作りこむ時間が大変だ。


※金庫は耐火・耐水でも持って行かれたらオシマイだけど、大丈夫なのか?










ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ