【地震前兆】沖縄本島の海岸にマグロ出現は大地震の前兆か?→台湾でM5.4の地震+『地震予測ハンドブック』

2021/07/07

地震前兆 動物前兆

t f B! P L

 

 


7月4日に、沖縄本島の海岸に生きたマグロが打ちあがり、捕獲された。

過去の大地震の前にマグロの出現事例があるので紹介する。

■沖縄本島の海岸にマグロ

7月4日、沖縄県国頭郡本部町浜本の海岸の浅瀬で、キハダマグロが打ち上がっていた。

これをドライブしていた夫婦が見つけた。


さすが沖縄だと思ったのは、まだ生きているのを刺身にして食べたというところ。

これが私ならば、まだ生きていてかわいそうと沖に逃がしてあげようとする。


キハダマグロは、普段は沖合の深い海域に生息していて、めったに沿岸部には近寄らないという。


■地震前兆か

では、このマグロ出現が地震前兆とすれば、これから注意が必要だ。

というか、既に近場で起きた地震はないだろうかと調べると、あった。

つい先ほど起きた地震だ。


2921/07/07 20:24:台湾・花蓮沖、M5.3



問題は、マグロが出現した浜本から震源までは690kmあること。

これは、地震前兆と即断することを躊躇する距離だ。


これから8月上旬ころまでにかけて、より近い近海でそれなりの地震が起きれば、そちらの前兆だったということになるかもしれない。


■『地震予測ハンドブック』

話題は変わって、地震関連の書籍の話題。

『地震予測ハンドブック (計測機器を使わない) 』、三一書房編集部 (著), 大西旦 (編集)


本格的に地震の研究を行っている人々にとっては、非常に稀有で貴重な本。

Amazonのカスタマーレビューを見ると、あまりわかっていないなと思うものが多い。

「読み物」として楽しむような本では、まったくない。


今回のマグロの件でも、非常に役に立った。

動物前兆でも、その動物の種類ごとに分類されていて、それぞれに過去の地震前兆事例が解説されている。


この本に限らず、私がブログで紹介する度に高騰する本が多い。

今ならば1500円以下の古書が3冊あり、それが売り切れると3000円以上のものしか無くなる。

私は7年前に650円位で買った。


■マグロの前兆事例

以下に、この『地震予測ハンドブック』から、マグロの前兆ケースを1件紹介する。

◎1939/05/01:秋田県男鹿半島の脇本村で4貫を捕獲。普段は皆無。

 →1939/05/01 14:58:男鹿地震、M6.8、最大震度5、犠牲者27人。

 距離差:約5km


マグロ捕獲の時間が不明だが、恐らく地震発生前だっただろうと思われる。

直前前兆だったことになる。


■今日の体感

昨夜まで頭痛が続いていたが、それによる予測では、7/8~10としていた。
その間に複数回か、強めの地震か。






3年間使い続けて、出先でタブレットとスマホを充電して、1日で使い果たした試しがない。


※北海道の湧き水を加熱殺菌したミネラルウォーター。



【遥梛】将来どんな職業に就くか?
今まで出ている中では、他に看護師、尼さん、アナウンサー、女優、政治家…。
親も想定しない発想をする人もいる。









ブログランキング参加中
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

自然災害ランキング
人気ブログランキング

地震ランキング

関連記事

Translate

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

このサイトについて

ノンフィクションライター、地震前兆研究家、超常現象研究家、ブロガーの百瀬直也が地震・災害などを扱うWebサイト/ブログ。

QooQ